財布に入れてはいけないもの・入れない方がいいもの7選

2022年4月26日

財布に入れてはいけないもの・入れない方がいいもの7選

財布に入れておくと、金運が下がってしまうものがあります。

金運がアップするものは、よく耳にしたことがあると思いますがその逆の金運を下げてしまうものもあるのです。

財布の中のマイナス要因を解決するために、この記事では財布に入れてはいけないものを詳しくまとめました。

\雑誌やテレビで紹介された金運アップ習慣/

財布に入れてはいけないもの・入れない方がいいもの7選

財布に入れてはいけないもの・入れない方がいいもの7選

財布に入れてはいけないもの・入れない方がいいものを7つ紹介します。

  1. レシート・領収書
  2. 割引券・クーポン券
  3. 使う頻度の少ないポイントカード(ポイントカードの入れすぎにも注意)
  4. あまり使わないカード類(キャッシュカード・クレジットカード)
  5. お金に関係のないカード類(名刺など)
  6. 交通系のICカード
  7. 大量の小銭

レシート・領収書

不要なレシートや領収書は財布に溜めずにすぐに処分しましょう。

お札の場所に、レシートや領収書を溜め込んでいませんか?

お札を入れる場所は、お札のお部屋です。

そのお部屋にレシートや領収書などの関係のないものがあると、お札は居心地を悪くし出て行ってしまうようになります。

割引券・クーポン券

割引券やクーポン券はなるべく財布に入れたままにせず、別で持ち歩くのがおすすめとなります。

割引券やクーポン券は、割引を行うだけのものであってお金とは関係のないものです。

お金と関係のないものは、お金との相性が悪く一緒に入れておくとお金が貯まりにくくなるといわれています

そのため、お金が入ってきてもすぐに財布から出て行ってしまうのです。

使う頻度の少ないポイントカード(ポイントカードの入れすぎにも注意)

使用頻度の少ないポイントカードは処分した方がいいですが、たとえ使用頻度の多いポイントカードだとしても入れすぎには注意しましょう。

お店でもらえるポイントカード、使う頻度が少なくても財布に入れっぱなしにしていませんか?

ポイントカードとお金の相性はあまり良くないので、お金が居心地を悪くして出て行ってしまいます

これを機に、ポイントカードを整理してお金が居心地の良い財布にするのも良いですね。

あまり使わないカード類(キャッシュカード・クレジットカード)

あまり使うことがないカード類は、別途カードケースを用意してそちらに入れて持ち歩くのが良いでしょう。

キャッシュカードやクレジットカードは財布に常に入れている方も多いと思いますが、できれば財布から抜いた方が良いです。

風水では、キャッシュカードやクレジットカードはお金を散らすと言われています

財布に入れておくことでお金が散ってしまいお金が貯まらなくなってしまうのです。

お金に関係のないカード類(名刺など)

大事な名刺を無くさないように、財布に入れている方もいると思います。

しかし、名刺はきちんと名刺入れに入れるのが一番です。

名刺はお金には関係のないカードなので、財布に入れていると金運を下げてしまいます。

基本的にお金に関係のないものを入れると、本来の財布の目的から外れてしまいお金が逃げてしまうということを知っておきましょう。

交通系のICカード

多くの方が、財布に交通系のICカードを入れていると思います。

しかし、この交通系のICカードは風水から考えると財布には入れないほうが良いとされています。

風水で、動きの力を持つ交通系のICカードのせいでお金が落ち着かず出ていきたくなってしまうそうです

荷物が増えてしまいますが、金運を下げないために別でカードケースなどに入れるのが良いでしょう。

大量の小銭

小銭は優先的に使って溜めすぎないようにするか、別で小銭入れを持つのが良いでしょう。

金のエネルギーを持つといわれている小銭なので、金運を下げるイメージが湧きにくいと思います。

しかし、大量に小銭があるせいでお札が居心地を悪くして財布から出て行ってしまうのです。

【おわりに】財布に入れてはいけないもの・入れない方がいいもの7選まとめ

財布に入れてはいけないもの・入れない方がいいもの7選を紹介しました。

どれも財布に入れてしまいがちなものばかりなので、知らず知らずのうちに金運を下げてしまっている方が多いと思います。

しかし、少し意識を変えていくだけで金運が下がってしまうのを防げるのです。

この記事を参考に、少しでも金運をアップさせてお金を招き入れましょう。

\雑誌やテレビで紹介された金運アップ習慣/

-生活