ヴァイオレットエヴァーガーデンという名前の意味は?直訳・名付けた人・花言葉についても解説

ヴァイオレットエヴァーガーデンという名前の意味は?直訳・名付けた人・花言葉についても解説

「自動手記人形」サービスとして働く少女の様子を描いた「ヴァイオレットエヴァーガーデン」。

主人公の少女の名前「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」がそのまま作品名になっています。

このページでは、

  • 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という言葉の意味
  • 名付けた人は誰なのか
  • 「ヴァイオレット」の花言葉

などをまとめました。

ヴァイオレットエヴァーガーデンという名前の意味

ヴァイオレットエヴァーガーデンという名前の意味は、以下のとおりです。

  • ヴァイオレット  …まだ名前がなかった頃にギルベルト少佐が名付けた名前
  • エヴァーガーデン …身元引受人となったエヴァーガーデン家の姓

また、Violet Evergarden(ヴァイオレットエヴァーガーデン)を直訳すると「どんなときでも庭に咲いているスミレ」という意味になります。

  • Violet(ヴァイオレット) …スミレ
  • Ever(エヴァ―) …どんなときでも、常に
  • Garden(ガーデン) …庭、庭園、公園

ヴァイオレットという名前を名付けたのはギルベルト少佐

「ヴァイオレット」という名前を名付けたのはギルベルト少佐です。

幼い頃、ヴァイオレットはギルベルトに出会います。
その時のヴァイオレットにはまだ名前がありませんでした。

名前を考えているギルベルト少佐の目に留まったのが、木のそばに咲いていたヴァイオレット(すみれ)の花です。

ヴァイオレットだ。
成長すれば、君はきっとその名前にふさわしい女性になる。
君は道具ではなく、その名が似合う人になるんだ。

(引用:ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン)

ヴァイオレット(紫のスミレ)の花言葉は?

ヴァイオレット(紫のスミレ)の花言葉は「愛」です。

「愛してる」という言葉を残したギルベルト少佐。
そして少佐が言った「愛してる」の意味を知ろうとする、ヴァイオレット。

そして、人の想いをつなぐ仕事をしているヴァイオレットの花言葉が「愛」なのは素敵ですね

【終わりに】ヴァイオレットエヴァーガーデンという名前の意味は?直訳・名付けた人・花言葉についてのまとめ

ヴァイオレットという名前は、スミレの花を見たギルベルト少佐が名付けました

ヴァイオレット(紫のスミレ)の花言葉は「愛」です。

エヴァーガーデンは、ヴァイオレットを引き取ったエヴァ―ガーデン家の姓

ヴァイオレットエヴァ―ガーデンを直訳すると「どんなときも咲いているスミレの花」という意味になります。

ギルベルト少佐は、「名前にふさわしい女性になる」と言ってヴァイオレットと名付けましたが、バイオレットは花のように美しい女性です。

意味を知ると、より素敵な名前ですね(*^^*)

-アニメ