東京リベンジャーズ最新224話ネタバレ感想!ドラケン死亡確定&マイキー登場

2021年10月2日

ドラケンの生死が気になる東京リベンジャーズ。

前回の223話では、エマとドラケンの印象的なシーンで終わりました。

エマに手を引かれるドラケンの描写から、ネット上では

「先に亡くなったエマと同じく、ドラケンも死亡したのでは?」
「エマがドラケンを引き留めて、もとの世界に戻す(自分と同じ世界にはこないように忠告する)」

といった予想が飛び交っていました。

そしてついに、224話ではドラケンの生死が判明
開始1ページでドラケンの死亡が確定していました。

このページでは、東京リベンジャーズ第224話のネタバレと感想をまとめています。

未読の方はネタバレにご注意ください

東京リベンジャーズ224話の内容をネタバレ

ドラケンの死亡が確定

東京リベンジャーズ第224話でまず判明したのは、ドラケン死亡という衝撃的な事実

あおり文に「ドラケン死す…」と書かれているうえ、救急隊員が到着したときには既に死亡していたドラケン。
そして、その事実を受け入れられず呆然と立ち尽くす花垣武道。

その場に一緒にいた瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)が何度も武道の名前を呼ぶが、武道は空返事を返すばかりで、心ここにあらずの状態でした。

梵(ブラフマン) vs. 六波羅単代(ろくはらたんだい)の最終戦争が勃発?

梵(ブラフマン)No.2明石武臣は、ドラケンの死を聞き、六波羅単代を潰しにいくと言い出しました。

反対する瓦城千咒をよそに、梵に召集をかけたその時…六波羅単代の寺野サウスが姿を現します。

ドラケンの鎮魂歌(レクイエム)のために出向いたと言うサウス。

梵と六波羅単代、一触即発の空気の中「バンブー」と特徴のある排気音が鳴り響きます。

マイキー登場

特徴のある排気音の主はマイキーでした。
梵と六波羅単代が集まる中、突如現れたマイキー

マイキーの目や表情からは、怒りの感情が読み取れました。

突然のマイキー登場に驚く武道。

三天時代に三天(梵、六破羅単代、関東卍會)のトップが揃い、一触即発の状態で次の話に続きます。

東京リベンジャーズ224話「Cutthroat」のネタバレ感想

まず一番の驚きは、ドラケン(龍宮寺堅)が死んでしまったこと

ドラケンの死亡フラグ(以下)が多く、その多さゆえに「死亡と見せかけて生存では?」という考察も多かったです。

  • ドラケンが、武道と千咒(せんじゅ)を助けた回(220話)のタイトルが「Bull's-eye」
    →「Bull's-eye」は命中、的中という意味
  • 219話で、ドラケンの後ろに描かれていたポスターに「DEAD(死)」の文字
  • 203話でマイキーが屋上から飛び降りるシーン、回想で描かれているのが佐野真一郎、エマ、場地、ドラケン
    →その時点では、ドラケン以外はみんな死亡しているキャラだった

しかし、モブキャラに打たれてあっさり死亡。

ドラケンにしては、あまりにもあっけない最後ではないでしょうか。

「過去で死んだら助けられない」といったことを武道が作中で発言していましたが、個人的には過去で死んだドラケンが今後生き返る可能性もゼロではないと思っています。

ちなみに、224話のタイトル「Cutthroat」は、日本語で「人殺し、殺人的な、殺意」といった意味があります。

おそらく、この「Cutthroat」はマイキーの心情を現しているのではないでしょうか。

-東京リベンジャーズ