ビデオパス

ビデオパスとは?内容や料金、メリット・デメリットまとめ!

更新日:

ビデオパスとは?

動画配信サービス「ビデオパス」は、月額562円(税抜)で対象の動画が見放題になるサービスです。
2018年8月より全キャリア対応となりました。

もともとはauユーザー限定のサービスだったんだね。
全キャリア対応になったのは嬉しい!

このページでは、ビデオパスのメリット・デメリットなどをまとめました。
ビデオパスを利用しようか迷っている方の参考になると嬉しいです。

 

要点まとめ

  • 月額562円(税抜)で対象の動画が見放題
  • 毎月540円分のコイン付与
  • 初めて登録する方は30日間の無料お試し期間あり

ビデオパス

※紹介している情報は2018年8月3日時点でのものです。現在は内容が変更になっている場合もありますので、最新の情報はビデオパス公式サイトにてご確認ください。

 

 

『ビデオパス』とは?月額料金・サービス内容

auビデオパス

ビデオパス』はauが運営する動画配信サービスです。
もともとはau限定のサービスでしたが、2018年8月から全キャリア対応となりました。

一番人気の見放題プランは月額562円(税抜)で対象動画が見放題、さらに毎月540円分のビデオコインが付与されます。

映画館(全国のTOHOシネマズ、ユナイテッドシネマ)では鑑賞料金が割引になるサービスもあり、映画館でよく映画を見る方には嬉しい特典です。

 

ビデオパスには、見放題プランの他にも下記のような料金プランがあります。

  • レンタル(個別課金) …有料レンタル。月額料金制ではなく、作品を視聴するごとに料金がかかります。
  • R-20見放題プラン …月額2,500円(税抜)。R-20対象作品を最大120本視聴できます。Smart TV Box、またはSTW2000(auひかり)への加入で視聴可能。

正直「レンタル」と「R-20見放題プラン」は特にお得なわけでもなく、レンタルショップでレンタルした方が安く済むと思いますので詳しい説明は省略します。

 

ビデオパスに初めて登録する方には、30日間の無料お試し期間があります
無料お試し期間中は、月額有料会員と同じサービスを無料で利用できるので、ぜひ活用しましょう。

 

ビデオコインとは?

ビデオコインはビデオパス内で使えるコインです。

1コイン=1円相当で、見放題プランへの新規加入、それ以降は毎月1日に540コインずつ付与されます
(以前契約していた方でビデオパスに再加入する場合は、加入日によって日割りでコインが付与されます。)

ビデオコインは、ビデオパス内の動画を視聴するのに使えます。
ただし注意点があって、「ビデオコイン利用可能」と記載された作品が対象です。

 

ビデオコインの有効期限

ビデオコインには有効期限があるので、期限内に使うようにしましょう。

  • 見放題プランで毎月もらえるコイン
    初月にもらえるコインの有効期限は60日間
    2ヶ月目以降にもらえる540コインは、付与日の翌月末まで有効
  • 購入したビデオコイン…購入した日から5ヶ月後の末日まで
  • 有料レンタル作品を決済した際に付与されるコイン…翌月末日まで

 

ビデオパスの支払い・決済方法

ビデオパスの支払い方法は、登録方法によってことなります。

 

auユーザーの場合

auかんたん決済のみとなります。

ただ、auかんたん決済の方法として下記の支払い方法が選べます。

  • 通信料金合算支払い
  • クレジットカード
  • プリペイドカード(WebMoney、au WALLET)
  • au WALLETポイント

※プリペイドカード、au WALLETポイントで支払えるのは有料レンタル作品などの個別課金分だけです。おそらく月額料金など継続して支払いが発生するものは対象外となります。

auかんたん決済の詳細はこちらをご覧ください>>auかんたん決済|公式サイト(外部サイト)

少しややこしいのですが、ビデオパスの支払い方法としてはauかんたん決済しか選べないけど、auかんたん決済を通せば好きな支払い方法を選べるということです。

わかりやすく図でまとめてみました。

ビデオパスの支払い方法(auかんたん決済)

au WALLETポイントは、毎月のau携帯電話、auひかりなどの固定電話の支払い額に応じて貯まるポイントです。au WALLETプリペイドカードでの買い物でも貯めることができます。

ビデオパスで有料レンタル作品を視聴する際、このau WALLETポイントを使うこともできます(決済はauかんたん決済を通して行います)。

ビデオパスで毎月付与される540円分のビデオコインと、携帯電話料金を支払って貯まるau WALLETポイントを上手に利用すれば、有料コンテンツもかなりお得に視聴できるのです。

ビデオパスを30日間無料で試す ⇒

 

auユーザー以外の場合

auユーザー以外は「Wow!ID」での登録となります。

Wow!IDの決済方法は下記の2種類。

  • クレジットカード
  • WebMoney

 

ビデオパスの料金請求日・日割り計算について

ビデオパスの月額料金は562円(税抜)ですが、月の途中で入会した場合は日割り計算になります

基本的に月額料金は毎月1日が請求日となり、それ以降に解約した場合は月末までの料金が発生します。

日割り計算になるのは、あくまで月の途中に入会した場合のみです。

下記は、月額料金について実際にビデオパスに問い合わせした時の回答です。

お問い合わせの件につきまして、「見放題プラン」に月の途中でご入会いただいた場合、月額料金は【日割り】でのご請求となります。

※初回のご入会、またはau端末購入を伴うご入会の場合は、特典として、入会日より『30日間無料の期間』がございますので、特典適用でご入会いただいた場合には、無料期間終了後に、課金開始日から月末までの日割りの課金が発生いたします。

※退会月につきましては、退会日にかかわらず、月末までのご請求となりますので、予めご了承くださいませ。(退会月末日まで「見放題対象作品」がご視聴いただけます。)
※無料期間中に退会された場合は、月額料金が発生いたしませんので、お手続きいただいた時点でご視聴いただけなくなります。

解約の場合は、月の途中で解約しても月額料金562円(税抜)が請求されるため、同月内であれば退会後も見放題作品を視聴できます。(※無料期間中は退会すると利用できなくなるので注意。)

 

ビデオパスの対応端末(対応機種)

対応端末

ビデオパスは下記の端末で視聴することができます。

  • スマートフォン(Android、iPhone)
  • タブレット(Android、iPad/iPad mini)
  • パソコン
  • テレビ

 

ビデオパスをテレビで見るには?

ビデオパスをテレビで見るには下記のいずれかが必要です。

  • Apple TV(第4世代)
  • Smart TV Box / Smart TV Stick / ケーブルプラスSTB
  • STW2000(auひかり)
  • Chromecast(クロームキャスト)
  • Panasonic TV(VIERA)、Sony TV(Bravia)の対応モデル

他にもHDMIケーブルを使って出力する方法もありますが、動作確認できない機種があるので公式サイトでは推奨されていません。

ちなみに、Chromecast(クロームキャスト)のライバル機種として取り上げられている「Fire TV Stick」や「Fire TV」はビデオパス非対応です。

ビデオパスを30日間無料で試す ⇒

 

ビデオパスのデメリット

デメリット

ビデオパスのデメリット

  • 有料レンタル作品の料金が高い
  • 画質がいまいち(HD画質の作品が少ない)

ビデオパスを30日間無料で試す ⇒

 

ビデオパスのデメリット1:有料レンタル作品の料金が高い

基本的に最新作は有料レンタルになっているのですが、有料レンタル料金が少し高めです。
最新作をたくさん借りるなら、レンタルショップで借りた方が安く済みます

ただ、最新作の有料レンタルが高いのはビデオパスに限ったことではありません。他社も最新作は結構高いです。

ビデオパスのデメリットというよりは、動画配信サービス全体のデメリットのような気がしますね。

 

ビデオパスのデメリット2:画質がいまいち(HD画質の作品が少ない)

ビデオパスでは、SD画質とHD画質の作品があります。

SD画質よりもHD画質の方がきれいなのですが、ビデオパスではHD画質の作品が少ないです。

HD画質の場合は、このように作品のタイトル下に「HD」と記載があります。

ビデオパス HD画質対応作品の見分け方

HD画質で動画を視聴するためには、動画を視聴する端末がHD画質に対応していることが必須です。

さらに、ビデオパスでは通信状況によって画質が最適化されるシステムなので、通信状況が悪い場所だとHD画質で視聴できない場合もあります

 

ビデオパスのメリット

メリット

ビデオパスのメリット

  • 月額料金が安い
  • 映画館の料金が割引になる
  • 携帯の料金と一緒に支払える&ポイントが貯まる

ビデオパスを30日間無料で試す ⇒

 

ビデオパスのメリット1:月額料金が安い

ビデオパスは月額料金が安く、auユーザーから好評です。
月額562円(税抜)という低価格に加え、毎月540円分のビデオコインが付与されるのは、かなりお得

料金が安いので、サブとして利用する方もいるほどです。

やはり動画配信サービス大手の「U-NEXT」などに比べると配信作品が少し少ない印象を受けますが、料金を考えれば相応かなと思います。

 

ビデオパスのメリット2:映画館の料金が割引になる

ビデオパス 映画館割引

活用している人は少ないかもしれませんが、 auビデオパスを利用している人は映画館で割引を受けることができます。

TOHOシネマズは毎週月曜日に割引(auマンデイ)
通常は大人 1,800円(税込)、大学生 1,500円(税込) → 1,100円(税込)

ユナイテッドシネマは毎日割引(auシネマ割)
大人 1,800円(税込) → 1,400円(税込)
大学生・高校生 1,500円(税込) → 1,300円(税込)
シニア 1,100円(税込) → 1,000円(税込)
中学生以下・障害者 1,000円(税込) → 900円(税込)

映画館によく映画を見に行く方には嬉しい特典です。

 

ビデオパスのメリット3:携帯の料金と一緒に支払える&ポイントが貯まる

ビデオパスの月額料金は、携帯料金と合算して支払うことができます(auかんたん決済経由)。
さらに毎月携帯料金を支払っていれば、自然とauWALLETポイントも貯まっていきます。

貯まったauWALLETポイントを使って、ビデオパス内の有料レンタル作品を楽しめるのも便利な点です。

 

ビデオパスのよくある質問

動画のダウンロードは可能か?

ダウンロード対象となっている作品のみダウンロードできます

複数端末でダウンロードすることはできないので、どれか1つの端末からのみダウンロードが可能です。

ダウンロードできるのは5作品まで
ダウンロード視聴したものを削除していけば、また新しくダウンロードできます。

ダウンロードできる端末は、Androidスマートフォン、iPhone、iPad、iPad miniのいずれか
テレビなどにダウンロードすることはできません。

 

複数端末での同時視聴は可能か?

ビデオパス公式サイトのヘルプページに、複数端末での同時視聴ができないと記載されています。

Q:同時に複数のデバイス(機器)で見れますか?
A:同時に複数のデバイス(機器)から再生することはできません。

家族で共有しようと思っている方などは要注意ですね。

ただ、どうしても複数端末で同時視聴したいという方は、一方の端末でダウンロードした動画を視聴して、もう一方でストリーミング再生する方法もあります。

 

ビデオパスについて まとめ

まとめ

要点まとめ

  • 月額562円(税抜)で対象の動画が見放題
  • 月額料金は安いが、配信作品は少ない印象
  • 映画館の料金が割引になる
  • 初めて登録する方は30日間の無料お試し期間あり

初めてビデオパスを利用する方には、30日間のお試し期間があります。
お試し期間中は、有料会員と同じサービスを無料で利用できるので、ぜひ活用しましょう。

※紹介している情報は2018年8月3日時点でのものです。現在は内容が変更になっている場合もありますので、最新の情報はビデオパス公式サイトにてご確認ください。

ビデオパス

 

 

-ビデオパス

Copyright© めがねっと , 2018 All Rights Reserved.