【呪術廻戦】渋谷事変の出来事・時系列の一覧表まとめ!死亡・生死不明キャラも記載【随時更新】

2020年11月29日

 

渋谷事変が盛り上がっている「呪術廻戦」。

たくさんのキャラクターたちが入り混じって行動しているため、時系列や出来事が少し前後している部分があります。

そこで、このページでは渋谷事変の出来事を時系列順にまとめました。

 

自分の考察資料としても利用しているので、随時更新していきます。

 

 

※本誌のネタバレあるので、未読の方は要注意!

 

渋谷事変 出来事・時系列一覧 ※134話時点

渋谷事変、当日(2018年10月31日)の時系列です。

(複数の人物が別々に行動していたり、時刻不明のところもあり、一部不確定な部分があります。)

 

日時 場所 起きたこと
19:00 渋谷 東急百貨店 東急東横店を中心に帳が降ろされる(半径400mほど)
20:14 東京メトロ渋谷駅
13番出口(帳の外)
七海班(七海・猪野・伏黒)
渋谷マークシティ
レストランアベニュー入口(帳の外)
禪院班(直毘人・真希・釘崎)
JR渋谷駅
新南口(帳の外)
日下部班(日下部・パンダ)
文化村通り
道玄坂2丁目東(帳の中)
帳の中の人々が「五条悟を連れてこい」と叫ぶ
20:31 五条、現着
20:38 渋谷ヒカリエShinQs
B1F
五条が現状把握
20:39 青山霊園 冥冥班(冥冥・憂憂・虎杖)
青山霊園 → 明治神宮前駅へ向かう
20:40 東京メトロ渋谷駅
B5F 副都心線ホーム
五条 VS. 漏瑚・花御・脹相
- 五条が花御を祓除う
20:51 東京メトロ明治神宮前駅
2番出口側
冥冥班 到着
虎杖・冥冥&憂憂、2手に分かれる
21:03 東京メトロ明治神宮前駅
B2F
虎杖 VS. 蝗GUY
虎杖が勝つ
21:15 東京メトロ明治神宮前駅
B4F
虎杖・冥冥&憂憂が合流
- 東京メトロ渋谷駅
B5F 副都心線ホーム
真人が漏瑚たちと合流
(東京メトロ明治神宮前駅→渋谷駅)
- 獄門疆(ごくもんきょう)開門
- 五条と偽夏油が対面
- 五条封印
- - メカ丸の傀儡が虎杖のもとに現れ、現状説明
- - 虎杖・冥冥&憂憂 敵と遭遇
- - 虎杖は明治神宮前駅に戻り、地上から渋谷へ
- 東京メトロ渋谷駅
B5F 副都心線ホーム
獄門疆が持ち運び不可の状態に
21:22 渋谷 七海班、禪院班、日下部班が帳の中へ突入
- - 補助監督・伊地知が重面春太に刺される
21:26 東京メトロ渋谷駅
B5F 副都心線ホーム
獄門疆が動かせなくなったことをメカ丸が知り、虎杖に報告(メカ丸は真人に破壊される)
21:27 明治神宮前~渋谷間
- - 虎杖が叫びながらナナミンに現状報告
- - 偽夏油たちは別々に行動

偽夏油→獄門疆のもと
真人 →虎杖を殺す
漏瑚 →虎杖は殺さず宿儺に
脹相 →虎杖と釘崎を殺す

- - 美々子と菜々子が偽夏油のもとへ
- - 虎杖が七海組と合流。話し合いの末別行動

七海→伊地知のもとへ
猪野・虎杖・伏黒→帳を解く

21:30 渋谷駅 B4F 陀艮が大勢の一般人を飲みこむ
虎杖殺しまSHOW再開
不明 不明 禪院班のうち、釘崎・新田明が伊地知のもとへ
21:40 松濤文化村ストリート(帳の外) 釘崎・新田明が重面春太と遭遇
21:44 東京メトロ渋谷駅
13番出口(帳の外)
七海が、倒れている伊地知を発見
不明 不明 重面春太と戦闘中、釘崎・新田明が負傷
釘崎たちのもとに合流した七海が重面春太を倒す
七海たちは現状を共有(伊地知は無事)

釘崎・新田明はその場で待機
七海は禪院班のもとへ

22:01 渋谷Cタワー 虎杖たちが帳の主(オガミ婆たち)と交戦
オガミ婆&孫 VS. 猪野
粟坂 VS. 虎杖&伏黒
- オガミ婆が降霊術で、孫の体に「禪院甚爾」の肉体の情報をおろす
- 首都高速3号渋谷線
Cタワー前
虎杖&伏黒が粟坂に勝利
22:04 戦闘により猪野がタワーから落下
- 渋谷Cタワー 禪院甚爾が完全復活し、オガミ婆を殺す
- 首都高速3号渋谷線
Cタワー前
虎杖と伏黒が別行動
虎杖→五条のもとへ
伏黒→猪野を連れて帳の外へ
22:02 東京メトロ
明治神宮前~渋谷間
冥冥&憂憂が敵に勝利
不明

東京メトロ

明治神宮前~渋谷間

冥冥&憂憂が偽夏油と遭遇

夏油は特級呪霊を残し、立ち去る
冥冥&憂憂が特級呪霊に勝利
- - 冥冥&憂憂 VS. 偽夏油
22:10 東京メトロ
渋谷駅付近
虎杖が狗巻と会う
虎杖が渋谷駅校内へ
不明 渋谷駅構内 虎杖が脹相と遭遇、戦闘開始
脹相が勝つも、存在しない記憶により混乱
虎杖は重症
- - 美々子と菜々子が虎杖に接触
22:20 井の頭線 渋谷駅
アベニュー口
七海が禪院直毘人・真希と合流
陀艮と戦闘
- 陀艮が領域展開し、危機
しかし、伏黒が領域を破り加勢
- 領域から脱出を企てるも、領域に禪院甚爾(パパ黒)が進入
禪院甚爾が陀艮を撃破
- 禪院甚爾の次のターゲットは伏黒恵
- 直毘人・真希・七海の前に漏瑚が出現
3人共、漏瑚の攻撃を受ける
- 漏瑚は宿儺の気配を感じ、虎杖のもとへ
- 渋谷駅構内 美々子と菜々子が虎杖に指を食べさせた後、漏瑚が到着
- 漏瑚が虎杖に、宿儺の指10本を食べさせる
- 虎杖の体に宿儺が現れ、美々子と菜々子を殺害
漏瑚 VS. 宿儺
- - 伏黒恵 VS. 禪院甚爾
22:51 首都高速3号渋谷線
渋谷料金所
夜蛾学長と家入硝子が待機
不明 不明 伏黒恵 VS. 禪院甚爾の戦いは、伏黒の正体を知った甚爾が自害
家入のところに向かう途中、伏黒は重面春太に攻撃される
23:01 渋谷ストリーム前 日下部・パンダが夏油支持派の人間と遭遇
- - 漏瑚 VS. 宿儺の戦いが激化
日下部・パンダ・夏油支持派の2人も巻き込まれる
- - 漏瑚、死
宿儺の前に裏梅が現れる
23:05 道玄坂 109前 伏黒が布瑠部由良由良で式神(八握剣異戒神将魔虚羅)を呼び出す
23:07 伏黒が重症(仮死状態)
重面春太 VS. 魔虚羅
- 宿儺が伏黒のもとへ
宿儺 VS. 魔虚羅
→宿儺が勝利
- 宿儺が重面春太を殺害
- 首都高速3号渋谷線
渋谷料金所
虎杖(宿儺?)が、伏黒を家入のもとへ運ぶ
23:09 東京メトロ渋谷駅
B5F 副都心線ホーム
東堂・新田新が到着
・五条悟0.2秒の領域展開により気絶していた非呪術師を発見
・獄門疆がなくなっているのを確認
23:14 道玄坂 109前 虎杖は気絶していた間の宿儺の行動を把握
23:14 松濤文化村ストリート(帳の外) 釘崎は、救護される新田明と別れる
23:16 道玄坂小路 釘崎 VS. 真人(分身)
- - 七海 VS. 真人
真人は、到着した虎杖の前で七海を殺害
23:19 渋谷駅
道玄坂改札
虎杖 VS. 真人
- 道玄坂小路 釘崎が真人(分身)にダメージを与え、それが虎杖と戦闘中の真人(本体)に伝わる
- - 別行動していた真人(本体・分身)が逃げ、虎杖・釘崎が合流
- 釘崎は真人(本体)の無為転変を受け、顔の一部が吹っ飛ぶ
- 戦意喪失状態の虎杖のもとに東堂・新田新が到着
釘崎のケガを新田新が処置(生死不明)
- 東堂&虎杖 VS. 真人
- 列車内 京都校組が渋谷に向かう描写あり
23:28 渋谷ストリーム前 日下部・パンダ生存
(※時刻は判明しているが、時系列的には不確定)
- -

真人イチかバチかの領域展開により東堂負傷
虎杖 VS. 真人
23:36 渋谷警察署宇田川交番跡 虎杖が黒閃をきめて真人が逃亡
偽夏油が現れる→真人を取り込む
22:36(現地時間)

23:36(日本時間)

マレーシア
クアラルンプール
冥冥&憂憂は危機を脱出し、KLのホテルへ
※クアラルンプールと日本は時差が1時間ある(日本が1時間早い)ため逆算
    ・虎杖のもとに京都校、日下部、パンダ合流
・偽夏油の正体が判明(加茂憲倫)
・脹相が偽夏油に攻撃をしかけるが裏梅が立ちふさがる

 

【呪術廻戦】渋谷事変での死亡キャラ・生死不明キャラ一覧 ※本誌134話時点

以下に記載がないキャラクターは生存。

 

死亡

  • 花御   …五条の攻撃によって死
  • オガミ婆 …禪院甚爾(降霊)によって撲殺
  • 陀艮   …禪院甚爾(降霊)の攻撃で死
  • 伏黒甚爾 …伏黒恵との戦闘中に自死(伏黒恵が自分の息子だと気づいたため)
  • 美々子  …宿儺の攻撃を受ける
  • 菜々子  …宿儺の攻撃を受ける
  • 漏瑚   …宿儺の攻撃を受ける
  • 重面春太 …宿儺の攻撃を受ける
  • 七海建人 …真人の攻撃を受ける
  • 真人 …偽夏油に取り込まれる

 

生死不明

  • 禪院 直毘人 …陀艮戦後、漏瑚の攻撃を受ける
  • 禪院 真希  …陀艮戦後、漏瑚の攻撃を受ける
  • 釘崎    …真人(本体)の無為転変を受ける
  • 狗巻 棘(宿儺の攻撃に巻き込まれたか定かではないので、生死不明に入れました)
  • 日下部篤也 …宿儺の攻撃に巻き込まれる? 133話で生存が判明
  • パンダ   …宿儺の攻撃に巻き込まれる? 133話で生存が判明
  • 冥冥&憂憂 …偽夏油と戦っていたはず 133話で逃亡&生存が判明

※2020年50号に掲載されていた「渋谷事変現在位置」によると、狗巻はおそらく無事。直毘人と真希は戦闘不能かも…

 

個人的に釘崎は生存ではないかと考えています

関連記事:【呪術廻戦 125話】釘崎野薔薇が死亡?3つの理由から生存説を考察

 

冥冥&憂憂は死亡・重症により戦闘不能と考察していましたが、生きていました。

関連記事:【呪術廻戦 132話】偽夏油と戦っていた冥冥&憂憂は生存・死亡?どちらなのか考察

 

-呪術廻戦
-,

© 2021 めがねむ(旧めがねっと)|漫画やアニメのことを詰め込んだ趣味ブログ