【鬼滅の刃】炎柱・煉獄杏寿郎の登場回まとめ!名言や家族構成についても解説

 

鬼滅の刃に登場する「煉獄杏寿郎」。

鬼殺隊の炎柱で、熱き心を持っている剣士です。

「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」では、大活躍しています。

 

このページでは、以下のことをまとめました。

このページでわかること

  • 煉獄杏寿郎の登場回
  • 家族構成
  • 名言

 

 

ネタバレありますのでご注意ください!

 

ネタバレは嫌だけど登場回が知りたい方は、下記の目次を参考にしてくださいね。

 

【鬼滅の刃】炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)とは?

 

  • 鬼殺隊には9人の柱がいて、そのうちの1人が炎柱・煉獄杏寿郎
  • 「炎の呼吸」の使い手
  • 無限列車編で上弦の参と戦い、戦死

 

煉獄杏寿郎は、鬼殺隊の「柱」のうちのひとり
炎柱で、「炎の呼吸」の使い手です。

 

かなりの人気キャラクターですが、主な登場巻は6巻~8巻のみ
登場シーンは少ないですが、密度の濃い内容であり、煉獄さんの想いが伝わる話です。

 

剣士としての実力は相当なもの。
煉獄の訃報を聞いた他の柱も、信じられない様子でした。

 

また、煉獄杏寿郎はとても面倒見の良い性格です。

炭次郎たちが、煉獄と任務に同行したのはたった一度。
しかし、煉獄の死に炭次郎、善逸、伊之助は涙していました。

他の鬼殺隊の言動や反応を見ると、煉獄杏寿郎は同僚や部下からの信頼が厚かったことがわかります。

 

ちなみに現在の恋柱・甘露寺蜜璃は、煉獄の元・継子です。

 

無限列車編では、煉獄さんが11人前の弁当をたいらげるシーンもあり、大食いという一面もあります。

 

炎柱・煉獄杏寿郎の登場回まとめ

煉獄さんは人気がありますが、登場回はかなり少ないです。

 

【初登場】6巻44話~48話 柱合会議 (アニメ21~23話)

  • 44話 隊律違反
  • 45話 鬼殺隊柱合裁判
  • 46話 お館様
  • 47話 プイ
  • 48話 蝶屋敷

 

初めて柱が全員集合する印象的なシーン

9人いる柱のうちの1人が、炎柱・煉獄杏寿郎です。

 

お館様の前で柱が勢ぞろいし、禰豆子の是非を問う話。

一部の柱が、禰豆子を他の鬼と同じように認識することに対して、必死に反論する炭次郎。

お館様の前で、禰豆子が「人を襲わない鬼」だと証明されました。

 

【無限列車編】7巻54~56話、58話、60話~61話 (劇場版「無限列車編」にあたる話)

  • 54話 こんばんは煉獄さん
  • 55話 無限夢列車
  • 56話 目覚めろ
  • 58話 おはよう
  • 60話 二百人を守る
  • 61話 狭所の攻防

 

炭次郎にとって、これが煉獄さんとの初任務

煉獄と、かまぼこ隊は、多くの人が行方不明になっているという汽車を調査します。

汽車にいた鬼は、魘夢(えんむ)。
十二鬼月の下弦の壱で、人間に夢を見せる鬼です。

 

実は53話で、炭次郎としのぶの会話中に煉獄さんの名前が挙がるシーンがあり、そこでもほんの少しだけ登場しています

 

【無限列車編】8巻62話~66話 (劇場版「無限列車編」にあたる話)

  • 62話 悪夢に終わる
  • 63話 猗窩座
  • 64話 上弦の力・柱の力
  • 65話 誰の勝ちか
  • 66話 黎明に散る

 

上弦の参・猗窩座(あかざ)が登場する話

 

魘夢(えんむ)を倒したのも束の間、煉獄たちの前に猗窩座(あかざ)が現れます。

激闘の末、煉獄は致命的な傷を負い、猗窩座は逃げ延びます。

 

劇場版だと、煉獄さんが亡くなって終わりですが、原作だとその続き(猗窩座に対する無惨のパワハラ)まで描かれています。

特に、煉獄さんの死を、炭次郎が煉獄家に伝えに行くシーンは必見です。

 

本人の登場はないが、煉獄さん関連の話

煉獄さんは亡くなった後も、炭次郎をはじめ多くの人物に影響をあたえています。

 

15巻 刀のつば

8巻69話「前へ進もう少しずつでも構わないから」で炭次郎は、千寿郎から煉獄さんの日輪刀のつばをもらいました。

15巻129話「痣の者になるためには」では、炭次郎が鋼鐵塚(はがねづか)さんから刀を受け取ります。
その刀には煉獄さんの日輪刀のつばがついていました。

 

また、130話「居場所」では冨岡義勇との会話中に、炭次郎が煉獄さんのことを思い出します。

 

16巻 反復動作

16巻135話「悲鳴嶼行冥」では、炭次郎が反復動作をする際に煉獄さんの言葉を思い出しているシーンがあります。

 

煉獄杏寿郎の家族構成

  • 父:槇寿郎(しんじゅろう)

  • 母:瑠火(るか)

  • 弟:千寿郎

 

父:煉獄槇寿郎(しんじゅろう)

煉獄槇寿郎は元柱でしたが、突然、鬼殺隊を辞めています。
父の後を継いで柱になった煉獄杏寿郎に対してキツくあたっていました。

 

炭次郎と槇寿郎は、炭次郎が煉獄さんの家を訪ねた際に会いました。

槇寿郎は日の呼吸の使い手に対して劣等感を感じており、炭次郎の耳飾りを見て激しく怒ります
炭次郎も、煉獄さんのことを侮辱するような言葉を吐いた父親を許せず、もみ合いに

歴代の炎柱が残した「炎柱の書」をよく読んでいたが、やぶったのも、おそらく父。

煉獄さんが父親に残した言葉「体を大切にして欲しい」という一言を千寿郎から聞き、一人で涙するシーンもありました。

 

後の10巻81話「重なる記憶」で再登場し、自分の過去や息子たちへの想いを語っています。
妻の死後、酒におぼれてしまったことや、杏寿郎と千寿郎のことを立派な息子だと思っていることなど。

 

槇寿郎はその後、17巻147話「小さな歯車」でお館さまの屋敷の見張りをしています

 

母:煉獄瑠火(るか)

煉獄瑠火は、煉獄杏寿郎・千寿郎が幼い頃に病死

杏寿郎に対して、以下のような言葉をのこしています。

弱い人を助けることは強く生まれた者の責務です
責任を持って果たさなければならない使命なのです

(引用:鬼滅の刃7巻 第64話「上限の力・柱の力」)

杏寿郎は最後まで、母との約束を守りました。

 

弟:煉獄千寿郎

兄・杏寿郎を慕っていた千寿郎。

もともと柱を目指していましたが、どんなに頑張っても日輪刀の色が変わらず、剣士になることをあきらめました

 

煉獄杏寿郎の名言 6選

 

だから柱である俺が来た!

短期間のうちにこの汽車で四十人以上の人が行方不明となっている!
数名の剣士を送り込んだが全員消息を絶った!
だから柱である俺が来た!

(引用:鬼滅の刃7巻 第54話「こんばんは煉獄さん」)

劇場版「無限列車編」の予告動画でも、このセリフが流れていました。

なぜ列車の調査に来たのか、説明していた時の一言です。

 

この煉獄の赫き炎刀がお前を骨まで焼き尽くす!!

この煉獄の赫き炎刀がお前を骨まで焼き尽くす!!

(引用:鬼滅の刃7巻 第54話「こんばんは煉獄さん」)

 

鬼に向けて言い放ったセリフです。

このセリフの後、技を繰り出すシーンがかっこいい!

 

老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ

老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ
老いるからこそ死ぬからこそ堪らなく愛おしく尊いのだ
強さというものは肉体に対してのみ使う言葉ではない

(引用:鬼滅の刃8巻 第63話「猗窩座」)

 

上弦の参・猗窩座(あかざ)に、鬼にならないか?と誘われた時の返答。

 

俺は俺の責務を全うする!! ここにいる者は誰も死なせない!!

俺は俺の責務を全うする!!
ここにいる者は誰も死なせない!!

(引用:鬼滅の刃8巻 第64話「上弦の力・柱の力」)

 

自分自身がかなりの傷を負っている状態で、この言葉が出てくるのは柱としての覚悟とか強い信念なんだろうなぁ…

 

胸を張って生きろ 己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと 心を燃やせ歯を喰いしばって前を向け 君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってくれない 共に寄り添って悲しんではくれない

胸を張って生きろ
己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと
心を燃やせ歯を喰いしばって前を向け
君が足を止めて蹲(うずくま)っても時間の流れは止まってくれない
共に寄り添って悲しんではくれない

(引用:鬼滅の刃8巻 第66話「黎明に散る」)

 

死んでしまう前に、炭次郎たちに伝えた言葉。

 

今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ 俺は信じる

今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ
俺は信じる
君たちを信じる

(引用:鬼滅の刃8巻 第66話「黎明に散る」)

 

炭次郎たちに後を託すセリフ。

柱合会議では、禰豆子は鬼だと反対していた煉獄だが、最終的には禰豆子を鬼殺隊の一員と認めた。

 

 

煉獄さんのセリフは、長文で心に響くセリフが多い。

なにより、死ぬ間際にまで炭次郎たち後輩を気にかけていた煉獄さんは、本当に面倒見の良い先輩です。

 

まとめ

炎柱・煉獄杏寿郎についてまとめました。

無限列車編は涙なしには見られません…。

煉獄さんの死は意味のある死で、炭次郎をはじめとした鬼殺隊のメンバーに影響を与え続けています。

 

 

鬼滅のアニメを見るならこちら。

「鬼滅の刃(きめつのやいば)」のアニメが見れる動画配信サービス【見逃し配信あり】
「鬼滅の刃」のアニメが見れる動画配信サービスを安い順に紹介

続きを見る

 

-漫画
-,

© 2020 めがねむ(旧めがねっと)|漫画やアニメのことを詰め込んだ趣味ブログ