名探偵コナン・その他マンガのことを中心に色々書いている雑記ブログです

めがねっと

おすすめ漫画

絶対面白い!おすすめ漫画ランキング2018|人気作・連載中・完結済マンガをジャンル別に紹介

更新日:

おすすめ漫画ランキング |めがねっと

読んでみて面白かった漫画をランキング形式で紹介していきます。

連載中・完結済に関係なく、少年漫画・青年漫画・少女漫画・誰もが知っている名作まで、幅広い漫画の中から選びました。

ジャンルごとに分けて見やすくなっているので、是非お気に入りの漫画をみつけてくださいね。

常に新しい情報をお届けしたいので、面白い漫画を見つけたら随時、追記や修正をしていく予定です。

※個人の主観によりランキングなので、その点だけご了承ください。
※アプリの情報を記載していますが2018年1月の情報なので、現在は配信が終了している可能性もあります。

 

目次

 

おすすめバトル・アクション漫画ランキング

11位 東京喰種(トーキョーグール) |石田スイ【完結済】

全14巻で完結し、現在は『東京喰種:re』が連載中。

人間の姿をしながら、人の肉を食べる喰種(グール)という種族がいる東京が舞台。

ある日、グールの臓器を移植されて半喰種になってしまった主人公・カネキ。人間とグールの狭間で悩むカネキの生き方を描いています。

ちょっとグロイ描写はありますが、狩るものと狩られるものとのバトルシーンや、人間の中で生活するグールたちの葛藤とかも見どころ。

石田スイ先生が描く、独特な雰囲気の絵も魅力的です。

 

10位 FAIRY TAIL(フェアリーテイル) |真島ヒロ【完結済】

全63巻で堂々完結。

『妖精の尻尾(フェアリーテイル)』というギルドに所属する主人公・ナツと、たくさんの魔導士たちの物語で、魔法バトルや仲間との絆が見どころです。

たまに登場人物が多すぎて、誰がどのギルドに所属しているかわからなくなる場面もありますが、笑いあり、涙ありの壮大なファンタジー。

真島ヒロ先生が描く女性キャラはナイスバディで色っぽい。ちょっとしたお色気シーンもあるので、好きな方は要チェック♡

 

アプリで読めます!

マガジンポケット(マガポケ)

マガジンポケット(マガポケ)
開発元:Kodansha Ltd.
無料
posted with アプリーチ

 

9位 僕のヒーローアカデミア |堀越耕平【連載中】

個性のない主人公・緑谷出久が憧れのヒーローになるためにヒーロー育成学校へ進学し、偉大なヒーロー・オールマイトの指導のもと成長していく物語。

個性を発揮して敵(ヴィラン)に立ち向かうヒーローたちがたくさん登場します。

主人公がモブキャラっぽくて敬遠していた漫画ですが、少年ジャンプのテーマ(友情・努力・勝利)にふさわしいくらい熱いストーリー。

王道の少年漫画が読みたい方におすすめ。

生徒も先生も、みんなひとりひとり個性(能力)が違って、それをうまく使って敵と戦ったりしているところが見どころ。

努力する緑谷出久の姿を見て、自分も頑張ろうと元気をもらえる作品だと思います。

 

8位 亜人 |桜井画門【連載中】

死なない“亜人”という人種が登場する漫画。

事故に遭っても死ななかった主人公・永井は、自分が亜人だと気付き、その日から研究対象として政府に追われる身となってしまう。

見どころは作中で繰り広げられる、一歩先行く頭脳戦。

冷静で頭脳明晰な永井は、頭脳をフルに使いながら戦っていて、予想の先をいくような行動をとることが多いので、「そいう戦法もあるのか!」と感心してしまうほど。

「裏の裏を読む」ような、ちょっと頭を使う漫画が好きな方におすすめ。

 

7位 進撃の巨人 |諫山創【連載中】

巨人が人間を食べるという衝撃的な展開で、話題を呼んだ作品です。

巨人が存在する世界、生き残った人間たちは巨大な塀に囲まれた町で暮らしていましたが、ある日その塀が巨人たちに突破されてしまいます。

主人公・エレンを中心とした人間vs.巨人の戦いの物語。

少しグロいシーンもあるので耐性がない方には厳しいかもしれません。

設定が既に秀逸だけど、作者が作中に張り巡らせた伏線と、その回収も見事。

間隔を空けて読むと話の内容がわからなくなる可能性が高いので、是非一気に読むことをオススメします。

 

アプリで読めます!

マガジンポケット(マガポケ)

マガジンポケット(マガポケ)
開発元:Kodansha Ltd.
無料
posted with アプリーチ

 

6位 ゴールデンカムイ |野田サトル【連載中】

2016年のマンガ大賞受賞作。

舞台は北海道。主人公・杉元佐一がアイヌの少女・アシリパと共に、脱獄囚達の体に刻まれた、“金塊のありかをしめす入れ墨”を頼りに、隠されたお宝を探す物語。

史実やアイヌ文化に触れていて、漫画を通して学べることもたくさんあります。

作中ではグルメ漫画並みに食べ物が登場。そのほとんどがアイヌ料理。

北海道のことや、アイヌのことを知りたいなら、この漫画はおすすめですね。

脱獄囚達と戦ったり、北海道ならではの野生の熊と対峙したりする場面があるので少し残酷なシーンもありますが、ギャグが多めで楽しく読めると思います。

 

5位 ブラッククローバー |田畠裕基【連載中】

週刊少年ジャンプ連載中の王道少年漫画。

アスタとユノという2人の少年が、魔法騎士団の頂点・魔法帝を目指す物語。

魔法騎士団なのに魔法が使えない主人公・アスタが、とにかく真っすぐで努力家なうえに仲間想い。暑苦しいくらい熱い男で、それゆえに数多くの名言もうまれています。

読んでいて、元気や勇気をもらえる漫画。

魔法を使った迫力のあるバトルシーンが魅力で、特に魔法騎士団の団長たちが使う魔法は桁違いです。

まだまだ明かされていない謎があるので、それが今後どう繋がっていくのか楽しみなところ。

 

4位 七つの大罪 |鈴木央【連載中】

憤怒の罪(ドラゴン・シン)のメリオダスを主人公とする冒険ファンタジー。

可愛らしい見た目と個性あふれるキャラクターが多く、子供から大人まで楽しめます。

武器や魔法を使った大迫力の戦闘シーンには圧巻!

特に、団長・メリオダスを中心とする「七つの大罪」のメンバーが桁違いに強すぎてびっくりすると思います。

読んでいてスカッとする漫画ですが、ただのバトル漫画ではありません。

適度に散りばめられた伏線が、少しずつ回収されていくのも面白さのひとつ。

「七つの大罪」のメンバーは、ひとりひとりに謎が多いので、そのへんもついつい続きが気になってしまうポイントだと思います。

 

アプリで読めます!

マガジンポケット(マガポケ)

マガジンポケット(マガポケ)
開発元:Kodansha Ltd.
無料
posted with アプリーチ

 

 

3位 烈火の炎 |安西信行【完結済】

生まれつき不思議な能力を持っていた主人公・花菱烈火が、とあるきっかけで出会った仲間たちと一緒に、敵に立ち向かっていく話。

見どころは、烈火が生まれつきもっている能力や、魔力を持つ道具“魔導具”を使った能力バトル。

様々な性質をもった魔導具が登場するので、毎回どんな技を繰り出すのかワクワクします。

あとはやっぱり、烈火の隠された能力に注目ですね。技のひとつひとつにちゃんとした設定があり、かなり奥が深い。

最終巻まで失速せず、終わり方もきれいにまとまっている名作だと思います。

 

2位 封神演義 |藤崎 竜【完結済】

通常版コミックは全23巻、完全版は全18巻で完結。

中国の小説『封神演義』をもとにアレンジした漫画で、古代中国が舞台。

人間界の歴史と、神が住む「仙人界」を紐づけて進んでいく話で、主人公・太公望は「封神計画」という計画の命を受けて人間界に関わっていくのですが、徐々に人間界も仙人界も巻き込む壮大なストーリーへと変化していきます。

見どころは、「宝貝(パオペエ)」という仙人界の道具を使ったバトルと、太公望の知略。

ふだんはボーっとしている太公望ですが、実はかなりの天才、策士です。

はじまりから終わりまで、ずーっと面白かった漫画で、当時の週刊少年ジャンプの中でも人気作。

 

1位 HUNTER×HUNTER(ハンターハンター) |冨樫義博【連載中】

休載が多い事で、なにかと話題の作品(笑)

ただ、内容はいたって素晴らしく、連載を心待ちにするファンが多いのも事実。

「念」という能力を使うハンターたちのバトル漫画。

ストーリーは、いくつかのパートに分かれていて、まずはゴンが父親に会うべくハンター試験に挑むところから物語が始まります。

このマンガのすごいところは、どのパートでも失速せずに読者を引きつける面白さがある点。

設定にしろ、ストーリー展開にしろ秀逸すぎて、本当に天才だと思います。

休載が多いのにファンに愛されている理由は、それだけこの漫画が面白いという証拠ですよね。

 

↑目次にもどる

 

おすすめのファンタジー・ダークファンタジー漫画ランキング

14位 魔法使いの嫁 |ヤマザキコレ【連載中】

チセという少女が、エリアスという魔法使いに買われるところから物語は始まります。

人体売買ということで暗い話を想像するかもしれませんが、実際は全然そんな感じではなく、どちらかというとのんびりした感じ。

主にチセとエリアスの関係性の変化や、チセの成長などの日常的なことを描いていて、読んでいると心があたたまるファンタジーになっています。

全体的に幻想的なシーンが多く、特に魔法を使うシーンはキレイなので必見。

 

13位 D.Gray-man(ディーグレイマン) |星野桂【連載中】

悪の兵器「AKUMA」と、それを作り出す千年伯爵に立ち向かうエクソシスト達の戦いの物語。

作者の星野桂先生は元アニメーターで、ジャケ買いする方が多いのではないかと思うほど、とにかく絵がきれい。

ストーリーがやや複雑な部分もありますが、ファンタジーとしては面白いし、キャラクターたちの和やかな掛け合いも魅力。

シリアスとコメディのバランスがよく、すらすら読めてしまう漫画です。

 

12位 プラチナエンド |大場つぐみ・小畑健【連載中】

天使に選ばれた13人の人間が神候補となり、その中から次の神を選ぶ話。

天使に選ばれた人間は“天使の力”を使えるようになり、神候補の人間たちの中には、優しい人間もいれば、相手を殺して自分が神になろうと考えるようなひどい人間もいます。

ひとことで言うと、頭を使ったデスゲームに近い話ですね。

相変わらず画力がすごくて圧倒されるし、特に天使の描写が神秘的でキレイ。

大場つぐみ先生と小畑健先生がタッグを組んだ漫画は3作目。

 

11位 青の祓魔師(エクソシスト) |加藤和恵【連載中】

王道ストーリーのバトルファンタジー。

悪魔と戦う祓魔師(エクソシスト)の学校を舞台とした物語なんだけど、主人公・奥村燐はサタンの息子、つまり悪魔。

悪魔の血を引く主人公も祓魔師(エクソシスト)を目指して、仲間と共に成長していきます。

学園ものとバトルファンタジーを掛け合わせたような漫画で、学生ノリのシーンもあれば、迫力のある戦闘シーンもあり。

仲間との絆がテーマなのかな?かわいい絵だけど少年漫画っぽいので、男性も女性も楽しめます。

 

10位 黒執事 |枢やな【連載中】

何でもこなす執事・セバスチャンと、その主のシエルが英国で起こる様々な事件を解決していく話。

とにかく絵がきれいで、登場人物が美男美女ばかりなので、圧倒的に女性ファンが多い漫画です。

ファントムハイヴ家の領主・シエルの衣装は、作者がこだわっているだけあって、毎回おしゃれ。英国貴族感がただよっています。

シエルとセバスチャンが引き受ける事件の調査には、くだらないものからダークなものまで様々。

シリアスもありつつギャグもあるので読みやすいので、万能すぎる執事の活躍にも注目しながら読んで欲しいです。

 

9位 ファイアパンチ |藤本タツキ【完結済】

消えない炎を体にまとったアグニを主人公とする物語。

独特な世界観のある漫画で、“祝福者”と呼ばれる特殊な能力を使えるキャラが出てきます。

青年誌で連載していそうな感じの暗めのダークファンタジーで、正直、子供にはあまり読ませたくない漫画ですね。

予測不能の展開が面白く、コアなファンに人気。完結したので一気に読んでほしい作品。

 

アプリで読めます!

少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ

少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

8位 暗殺教室 |松井優征【完結済】

全21巻で完結。アニメ化・実写映画化もされている人気作。

作者の松井優征先生の漫画は、設定が秀逸な作品ばかり。

前作の魔人探偵脳噛ネウロも面白いですが、暗殺教室も違った面白さがあります。

月の7割を破壊した謎の生物が学校の担任になることを希望し、その生徒たちに自分を殺すように指示する話。

担任を請け負った謎の生物はと呼ばれ、生徒たちは日々、暗殺に励みます。

変わった設定の学園もので、全体的にコミカルなので、子供にも人気。

学校で教えてくれるような大切なことを、「殺せんせー」が代わりに教えてくれるので、教科書のような漫画です。

 

7位 とんがり帽子のアトリエ |白浜鴎【連載中】

繋がっているコマが話題になった漫画。

魔法具とか魔法陣の描き方とか、とにかく細部までファンタジーの世界観が素晴らしいです。

小さい頃に魔法使いに憧れるようなドキドキ感を味わえる作品で、初めてハリーポッターを見た時のような高揚感があります。

読んでいると、どっぷりと魔法の世界に浸れますし、王道ファンタジーが読みたい方にはぜひおすすめ。

 

6位 ノラガミ |あだちとか【連載中】

普段はジャージ姿という変わった神様、ノラガミ(野良神) の夜トを主人公とした漫画で、夜トは立派な神様になろうと奮闘します。

いわゆる、“あの世”と呼ばれる世界と、人間たちが生きる世界の両方で起こる神様たちの物語。

神様たちの世界も人間関係は複雑で、時には仲間として協力したり、勘違いから本格的なバトルに発展したりします。

夜トのおちゃらけたキャラがこの漫画の魅力のひとつ。

ちょっとこじれた神様たちの世界を体験したい方はぜひ読んでみてください。

 

5位 メイドインアビス |つくしあきひと【連載中】

アビスという大きな縦穴の中を冒険する物語。

萌え系っぽい絵で敬遠する人も多そうですが、かわいらしい絵とは裏腹に結構ダークな話です。

設定が秀逸で「アビスの中にはどんな秘密があるのか…」と読んでいてワクワクします。

アビスの謎も気になりますが、もうひとつ。

主人公・リコの母親である「伝説の探窟家・ライザ」が今どうなっているのかという点も、この漫画の謎です。

現実から離れて、壮大なファンタジーの世界に浸りたいなら、メイドインアビスはオススメ。

 

4位 海王ダンテ  |皆川亮二、泉福朗【連載中】

ダンテという少年が、北極点を目指すところから物語は始まります。

3冊の本と魔導器というアイテムが登場する、ワクワクするような壮大な冒険もの。

文明・召喚術・歴史・大航海・海賊など様々な要素がてんこ盛りで、基本は1巻完結のショートストーリー形式で話が進んでいきます。

まだ連載が始まったばかりなので、今からでも読み始めやすいし、今後のストーリー展開に期待。

 

3位 炎炎ノ消防隊 |大久保篤【連載中】

森羅 日下部(シンラ クサカベ)という少年を主人公とする消防隊の話。

特殊能力を持った消防隊員達が“人体発火”と呼ばれる現象の謎を解くために調査に乗り出します。

前作『ソウルイーター』も面白かったけど、個人的にはこちらがおすすめ。

個性のかたまりのようなキャラクターたちがたくさん登場したり、炎に関する技を使ったバトルシーンがあったり、謎も多くて、話が進むにつれてどんどん面白くなっていく漫画。

 

2位 Dr.STONE |Boichi、稲垣理一郎【連載中】

全人類が石化するという現象の中、石化が解け、再開した大樹と千空を主人公とする話。

連載当初から話題になっていた作品ではありますが、読みやすくて普通に面白い。

個性満載のキャラクターも魅力ですが、やっぱり一番は「文明が滅びた世界に科学の力で立ち向かう」っていう設定が、すごく印象的。

ORIGIN』でおなじみのBoichi先生が作画ということで、画力は文句なし。

意志をもつ機械が主人公の『ORIGIN』と『Dr.STONE』は、対照的な世界観ですが、どちらも読みやすくてオススメ。

 

1位 鬼滅の刃 |吾峠呼世晴【連載中】

いきなりの悲劇から始まる衝撃的な漫画。

主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)は、鬼になってしまった妹とともに鬼を倒す旅に出ます。

道中、仲間と呼べるような人との出会いもあったり、炭治郎が努力して成長していくシーンがあったりと、だんだん回を追うごとにジャンプ漫画っぽくなってきました。

コミカルなシーンが多くなってきて、読んでいてちょっと癒される気がします。

登場人物は多いけど、ひとりひとりの詳細は明かされていないので、まだ色々と奥が深そう。

じわじわハマる面白さがあるので、とりあえず読んでみてほしい作品。

 

↑目次にもどる

 

おすすめスポーツ漫画ランキング

8位 新テニスの王子様 |許斐剛【連載中】

テニスの王子様の続編。

テニスの王子様といえば、テニスらしからぬ過激な技で有名な作品ですが、今作もそれは健在。

むしろ、わざとやってんじゃないかっていうくらい激しくて、まともにくらったら死人が出るレベルの技がたびたび登場します。

『新テニスの王子様』から読んでも楽しめますが、先に前作の『テニスの王子様』を読んでおくと、キャラ設定などがわかって良いかと。

 

7位 ベイビーステップ(Baby steps) |勝木光【完結済】

全47巻で完結済。

分析しながら作戦を立てて戦う「データテニス」を得意とする丸尾栄一郎を主人公とするテニス漫画。

テニスを始めたばかりの丸尾栄一郎は、持ち前の生真面目さと努力でテニスの腕がみるみる上達していきます。

そんな主人公に勇気をもらえるし、読んでいて応援したくなる作品。

作中で登場する戦術や理論は、実際のテニスにも生かせそうなものがあり、テニス好きにはおすすめの漫画です。

 

6位 ボールルームへようこそ |竹内友【連載中】

これといった取柄もない平凡な中学生、富士田多々良がダンスに出会い、ダンスに魅了され、信じられないスピードで成長していく物語。

とにかくダンス中の描写が美しく、動きや音が伝わってくるような錯覚を覚えるくらい、躍動感と迫力がすごいです。

とても熱意のある漫画で、主人公が今後どう成長していくのかすごく楽しみ。

登場人物も美男美女ばかりだし、ダンス衣装も美しいので、そちらにも注目。

 

5位 GIANT KILLING(ジャイアントキリング) |ツジトモ、綱本将也【連載中】

サッカーチームの監督・達海 猛を主人公とするサッカー漫画。

性格はテキトーなのに、サッカーのこととなるとすごく頼りになり、そのギャップがとてもかっこいい。

サッカー選手を主人公とする漫画は数多くあるけれど、監督にスポットを当てた漫画はめずらしいかと。

選手の育成についても描かれていて、少し違う視点でサッカー漫画を読みたい方にはおすすめです。

 

4位 さよなら私のクラマー |新川直司【連載中】

初めて読んだ率直な感想は、「主人公が誰なのかわからない」

何人か主人公っぽい人はいますが、たぶん特定の主人公はいないのかな?

高校女子サッカーを描いた作品で、才能をもった選手が次々登場し、すごくかっこいいです。

実は、『さよなら私のクラマー』の登場人物のひとりである恩田希の中学時代の話を描いた『さよならフットボール』という作品もあります。

この『さよならフットボール』を読んだあとに『さよなら私のクラマー』を読むと全く印象が変わるので、ぜひ読んでみてほしいです。

 

3位 黒子のバスケ |藤巻忠俊【完結済】

全30巻で完結済。

影のうすい黒子テツヤが主人公。

キセキの世代と呼ばれる、いかにも主人公っぽいキャラが脇をかためるちょっと変わったバスケ漫画。

一見、人間では真似できなさそうなバスケの技が多数出てきますが、NBAの選手が実際に技を真似した動画がYouTubeにあるので、完全に実現不可能というわけではないみたいです。

どちらかというとリアルなバスケには遠いんですが、リアル離れした必殺技が黒子のバスケの面白さでもあります。

イケメンキャラが多いので、圧倒的に女子に人気の漫画。

 

新連載『ROBOT×LASERBEAM(ロボレーザービーム)』もおすすめ

新連載の『ロボレーザービーム』もおすすめ。

主人公はいまいちパッとせず、脇を固めるキャラクターの方がよっぽど主人公っぽいところは、黒子のバスケと共通しています。

ゴルフ初心者なのに正確無比なショットを打ち、その特異な才能を認められた鳩原 呂羽人(通称ロボ)が、ゴルフに興味を持ち、成長していく物語。

キャラクターについては、黒子のバスケとかぶるところはあるけども、黒子が好きな人なら楽しめると思います。

ゴルフ用語が出てくるので、ゴルフの知識があればさらに楽しめるかと。

 

2位 アオアシ  |小林有吾(取材・原案協力:上野直彦) 【連載中】

Jユースを舞台としたサッカー漫画ですが、ひとつひとつの話が丁寧でわかりやすいので、サッカーに詳しくない人でも楽しめます。

主人公・青井葦人がとにかく素直で負けず嫌い、サッカーに対する姿勢も同様。

そんな主人公が仲間とぶつかりながら成長していく過程は、思わず涙してしまいそうなシーンもあります。

試合運びも丁寧に描かれていてストーリー展開はゆったりしていますが、入り込める作品。

実は、青井葦人にはサッカーに有利な稀有な才能があるんですが…それに気づいたあとの展開も楽しみです。

 

1位 ハイキュー!! |古舘春一【連載中】

バレーバカの主人公・日向翔陽を主人公とする青春バレー漫画。

人間離れした技が出たりするという事はなく、純粋にバレーを描いているため、試合中の緊張感まで伝わってくる感じ。

『ハイキュー!!』で特にすごいと思ったのはコマ割り。

思わずページをめくってしまうくらい読者を引きつける描き方をします。

キャラの気迫が伝わってくるシーンや、読んでいて鳥肌が立つようなシーンが多々。

名シーン・名セリフも多く、ストーリーも魅力的。ハラハラ、ワクワクがとまりません。

個人的に、どハマりした作品のひとつ。

 

↑目次にもどる

 

おすすめ囲碁・将棋・その他競技漫画ランキング

4位 87CLOCKERS |二ノ宮知子【完結済】

全9巻で完結済。

“オーバークロック”というニッチな競技を扱った漫画。

専門用語がたくさん出てきますが、ちゃんと解説してくれるので知識がなくても楽しめます。

オーバークロックの世界記録保持者であるミケと、そのお手伝いをしているハナ。そしてハナに一目惚れしてオーバークロックを始める奏。

この3人を中心に、オーバークロックの熱い世界を描いています。

コメディ要素が多く、笑いながら楽しく読める作品。

終わり方もきれいで良作です。

現在は、質屋や宝石にスポットを当てた『七つ屋志のぶの宝石匣』を連載中。

こちらもニッチなジャンルを扱っていて、思ったより奥が深く面白いです。

 

3位 3月のライオン |羽海野チカ【連載中】

アニメ化・実写化もした人気作。

将棋の対局よりも、主人公・桐山零の心理描写が丁寧に描かれています。

葛藤や成長、桐山零を取り巻く人間関係にスポットが当たっているので、読んでいるこっちもついつい感情移入してしまうほど。

脇を固めるキャラクターが魅力的なのも面白さのひとつ。

 

2位 エンバンメイズ |田中一行【完結済】

全6巻で完結済。

手に汗にぎる駆け引きが見どころのダーツバトル漫画。

主人公・烏丸徨は、「迷路の悪魔」と呼ばれる天才的なダーツプレイヤー。

ただのダーツ勝負ではなく、特殊なルールがプラスされてるので、ダーツの腕前はもちろん、戦略が勝負のカギとなっています。

むやみに話を引き延ばしたりせず、面白いまま完結した良作でした。

 

1位 ヒカルの碁 |ほった ゆみ、小畑健【完結済】

全23巻、完全版は全20巻で完結済。

囲碁が全くわからなくても楽しめる囲碁漫画。

主人公・進藤ヒカルも囲碁初心者からスタートして、徐々に囲碁の腕を磨いていきます。

画力はもちろんのこと、対局中の棋士達の緊張感や心理描写もさすが。

囲碁のルールを知っていたら、もっと楽しめるんだろうなぁ。

 

おすすめ料理漫画ランキング

1位 食戟のソーマ |附田祐斗、佐伯俊【連載中】

コミカルで色っぽい料理漫画。

個人的に料理漫画はあまり得意じゃないんですが、『食戟のソーマ』は面白くて読み続けています。

主人公である幸平創真が、超名門である遠月茶寮料理學園の高等部に編入するところから物語は始まり、仲間と切磋琢磨しながら料理の腕を磨いていくという、少年漫画の王道ストーリー。

おいしい料理を食べた後の、官能的でコミカルな描写は是非見て欲しいと思います。

 

↑目次にもどる

 

おすすめ音楽漫画ランキング

2位 BLUE GIANT |石塚真一【完結済】

全10巻で完結済。

とにかく熱い音楽漫画。

ジャズに影響を受けた主人公・宮本大がサックスプレイヤーを目指す話なんですが、とにかく努力家。

サックスプレイヤーになると信じて疑わない純粋さも、読者の胸を打つポイントだと思います。

まるで音が聞こえてきそうなくらい臨場感あふれる演奏シーンや、巻末の「登場人物が宮本大を語るシーン」も見どころ。

現在は、海外を舞台とする続編『BLUE GIANT SUPREME』が連載中。

 

1位 四月は君の嘘 |新川直司【完結済】

全11巻で完結済。

アニメ化・実写映画化もされた話題作です。

天才ピアニスト・有馬公正がバイオリニスト・宮園かをりと出会って成長していく物語。

有馬公正が真剣にピアノに向き合うシーンがあったり、登場人物たちが恋に悩む描写があったり、「青春っていいな」って思いながら読める漫画ですね。

演奏シーンは、まるで音楽が聴こえてきそうなほど迫力がありキレイ。

最後の最後で感動する良作。

 

おすすめヒューマンドラマ漫画ランキング

4位 聲の形 |大今良時【完結済】

全7巻で完結済。

「聴覚障害」と「いじめ」という難しいテーマを扱っている漫画。

過去にトラウマをもつ主人公が、その過去を知る人達と友達になる過程と葛藤を描いています。

かわいい絵とは裏腹に、非常にヘビーで考えさせられる内容。

 

新連載『不滅のあなたへ』にも注目!

この漫画の主人公は、不滅の“なにか”。その“なにか”は球から石、石からコケ、コケから生き物へと徐々に姿を変えていきます。

まだまだ連載開始したばかりで、この漫画で作者が何を伝えたいのか、今後どうなっていくのかが全く見えない作品。

ちょっと難しい内容だし、不思議で独特な世界観ですが、作者が大今良時さんだけあって、今後に期待したい漫画です。

 

3位 波よ聞いてくれ |沙村広明【連載中】

ラジオ業界にスポットを当てた漫画。

美人なのに、がさつなアラサー女子の鼓田ミナレが、ラジオ界で天下を取るために奮闘します。

次から次へと出てくる迫力のあるセリフまわしに圧倒され、彼女のような力強い生き方に憧れる女子は多いはず。

北海道が舞台なので、北海道民には馴染みのある地名なんかも出てきます。

 

2位 響~小説家になる方法~ |柳本光晴【連載中】

マンガ大賞2017の大賞に選ばれた作品で、実写映画化も予定されている注目作。

小説家の才能をもった少女・鮎喰響を主人公とするストーリー。

この漫画の一番の面白さは、主人公・鮎喰響には常識が通用しないこと。

思った事をなんでも口にしたり、行動にうつしてしまうし、冗談が通用しません。

そんな響に翻弄されるまわりの人間たち。

この先、響は小説や、まわりの大人たちとどう向き合っていくのか気になるところです。

 

1位 コウノドリ |鈴ノ木ユウ【連載中】

ドラマ化されたので知っている方も多いと思いますが、妊娠中の方や子供がいる方に是非読んで欲しい漫画。

出産で子供が無事に産まれてくるという事が当たり前ではなく、奇跡なんだと思い知らされます。

様々な理由で産婦人科を受診する人達の話なのですが、登場人物と同じ立場の方は共感して涙すること間違いなし。

もっとたくさんの人たちに認知されて欲しいなと思う漫画です。

 

↑目次にもどる

 

おすすめ青春・恋愛漫画ランキング

4位 Orange(オレンジ) |高野苺【完結済】

全5巻完結かと思いきや、6巻で完結です。

未来の自分から手紙が届いて、後悔している未来を変えようとする話。

SF青春ラブストーリーというだけあって、恋愛模様にはキュンとします。

続きが気になり一気読みしてしまいますが、最後の結末は納得できない人もいるかも。

後悔しないように今を精一杯生きようと思える漫画です。

 

3位 金の国 水の国 |岩本ナオ【完結済】

全1巻で完結済。

仲の悪い2つの国の物語。A国の娘・サーラとB国の青年・ナランバヤルの純愛が描かれています。

恋愛のもどかしい感じや、ういういしい感じが伝わってきて、ほっこりします。

大人の絵本と表現されるだけあって、読後とてもあたたかい気持ちになれるし、サクッと読める短さも魅力。

ストーリーも、うまくまとまっており、全1巻の中にすべてが凝縮されています。

 

2位 花より男子 |神尾葉子【完結済】

全37巻、完全版は全20巻で完結済。

原作よりもドラマのイメージが強いかもしれませんね。

お金持ちの生徒が多い学校に入学した主人公・牧野つくしがいじめに屈せず立ち向かう話。

読んでいてすごく勇気をもらえるし、恋愛関係にはキュンキュンしちゃう王道の少女漫画です。

一度は読んでおきたい名作。

 

1位 青のフラッグ |KAITO【連載中】

“LGBT”を扱い、ジャンプっぽくないと話題になった漫画です。

主人公・一ノ瀬太一を中心とする登場人物たちの恋愛模様や友達関係を描いた物語。

作者のKAITO先生は、とにかく心理描写が巧みで、葛藤や嫉妬などの様々な感情がひしひしと伝わってきます。

青春漫画なのに伏線が散りばめられていて、ファンの間では伏線を考察するのも楽しみのひとつ。

 

アプリで読めます!

少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ

少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

 

おすすめラブコメ漫画ランキング

1位 かぐや様は告らせたい |赤坂 アカ【連載中】

生徒会副会長の四宮かぐやと生徒会長の白銀御行が、お互いに告らせようとして頭脳戦を繰り広げる話。

告らせることに天才的頭脳をフル回転させているだけでも面白いのに、心の声が飛び交っているあたりがツボで、声出して笑えちゃうくらい面白いです。

心理描写と会話のバランスも絶妙で、ラブコメ好きにはぜひ読んで欲しい作品。

 

↑目次にもどる

 

おすすめギャグ漫画ランキング

5位 ブラックナイトパレード |中村光【連載中】

主人公・日野三春がサンタの会社で働く物語。

しかも普通のサンタではなく、ブラックなサンタ。

ギャグ漫画に少しファンタジー要素がプラスされていて、くすっと笑えるような、ゆるーい感じ。

好き嫌いが分かれる作品かもしれないです。

ブラックサンタについては謎が多く、今後の展開が気になります。

 

4位 中間管理録トネガワ 【連載中】

『このマンガがすごい!』に選ばれて話題になった漫画。

福本伸行先生が描いている絵とそっくりだし、カイジの世界観をそのままギャグ漫画にした感じです

中間管理職という立場から板ばさみになることもある利根川を主人公とし、サラリーマンあるあるをつめこんだネタが飛び交います。

心理描写が秀逸だし、シュールで笑える漫画。

会社で働くことに疲れた人にぜひ読んでもらいたいです。

 

3位 監獄学園(プリズンスクール) |平本アキラ【連載中】

ひとことで言っちゃうと、お下劣ギャグ漫画。

下ネタが多めで好き嫌いが分かれる漫画だと思います。

思わず吹き出して笑ってしまう可能性があるので、人前では決して読んではいけません。

序盤は脱獄ものですごく引きつけられたけど、この頃はちょっと中だるみしてきた感じがするので残念。

ただ、前半は本当に神がかり的に面白いので読んで欲しいなと思います。

 

2位 それでも町は廻っている |石黒正数【完結済】

全16巻で完結済。

主人公・嵐山歩鳥を中心に、商店街で起こる日常をコメディタッチで描いています。

基本的に1話完結なので非常に読みやすくわかりやすい。

登場人物ひとりひとりが個性的だし、張られた伏線をきれいに回収していたりと、ギャグ漫画なのにしっかり作りこまれたストーリーが魅力。

ほのぼのしてて、心あたたまるギャグ漫画です。

 

1位 魔法陣グルグル2 |衛藤ヒロユキ【連載中】

なつかしのギャグ漫画『魔法陣グルグル』の続編。

続編といえども、登場人物もギャグセンスもあいかわらず健在です。

前作が好きだった方は、きっと続編も笑って癒されること間違いなし。

設定では、魔王ギリを倒した2週間後の話。

ギリの復活が早すぎて、すでに笑える。

 

↑目次にもどる

 

おすすめSF漫画ランキング

7位 All You Need Is Kill  |桜坂洋、小畑健【完結済】

完結済みで実写映画化もしている作品。

ある条件を満たさないと、過去にループしてしまうという話。

短時間でサクッと読めるところが手軽だし、2冊という短いページ数の中に、壮大なストーリーをうまくまとめたなというのが正直な感想。

短いけれど、読んだあとに満足感がある漫画です。

 

6位 いぬやしき |奥浩哉【完結済】

全10巻で完結済。

作者はGANTZでおなじみの奥浩哉先生です。

さえないサラリーマン・犬屋敷壱郎と、高校生の獅子神皓が、宇宙人の事故に巻き込まれてしまい、宇宙人によってメカに改造されてしまいます。

そんな2人のそれぞれの行動や心情を描くSF漫画。

残酷な描写がところどころにあるので苦手な方はやめた方がいいかも。

改造された2人は、空も飛べるし攻撃できるし病気も治せるし、正直なんでもあり。

2人が能力を使ってどう生きていくのかに注目。

 

5位 BIRDMEN(バードメン) |田辺イエロウ

主人公・烏丸英司は交通事故に遭い、瀕死の状態から生還したが、その日から体が“鳥男”に。

なぜ鳥男になったのか、鳥男とはなんなのか、仲間と共に「鳥男」に関する謎を解明していく漫画です。

最初は部活動のように仲良く活動していた5人だが、謎が解明していくと同時に5人の関係性にも変化が現れていきます。

シリアスっぽいタイトルだけど、ギャグ多めで読みやすいです。

主人公がインテリで根暗っぽいけど、つっこみがするどく絶妙。

前作の『結界師』もおすすめ。

 

4位 エルドライブ(élDLIVE) |天野明【連載中】

宇宙にある警察を舞台とした漫画。

九ノ瀬宙太(ここのせちゅうた)と其方美鈴(そのかたみすず)は普通の中学生だけど、呼び出しがあれば宇宙警察として様々な事件に立ち向かいます。

漫画は全ページフルカラーというのが魅力。

宇宙生物が出てきたり、かわいい絵に癒されますが、内容は結構シリアス多めの漫画です。

前作『家庭教師ヒットマンREBORN!』もおすすめ。

 

アプリで読めます!

少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ

少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

 

3位 彼方のアストラ |篠原健太【完結済】

宇宙空間で遭難してしまった生徒達が、元の場所に帰る方法を探しながら様々な惑星を旅する話。

シリアスもあるけど、どちらかというとギャグ要素多め。

特に、テンポの良いギャグの応酬が面白くて笑えます。

途中から若干のミステリー要素も加わり面白さが加速。

わりと短めで完結したので、一気読みするのにちょうど良い漫画だと思います。

 

アプリで読めます!

少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ

少年ジャンプ+ 人気漫画が毎日更新の最強マンガ雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

 

2位 ワールドトリガー |葦原大介【連載中】

異世界からの侵略者・ネイバーと、それに立ち向かう防衛組織・ボーダーの戦いを描いたSF漫画。

男子中学生・三雲修が、空閑遊真や雨取千佳と共にネイバーと戦ったり、ボーダー組織内で上を目指していく物語。

壮大なストーリーとトリオン能力を使ったバトルアクションが見どころ。

休載に入ってしまいましたが、まだまだ謎が多く、続きが気になる作品です。

 

1位 銀河英雄伝説 |田中芳樹、藤崎竜【連載中】

敵対する2つの国の、2人の天才を描いた物語。

“常勝の天才”と呼ばれるラインハルトと、“不敗の魔術師”と呼ばれるのヤン・ウェンリーを中心に繰り広げられる、宇宙空間での戦略バトルが見どころです。

SF歴史漫画って難しいものが多い気がしますが、この『銀河英雄伝説』は時系列で展開されているストーリーが非常にわかりやすく、すんなり入ってきます。

藤崎竜先生の絵も、わりとしっくりくる印象。

 

↑目次にもどる

 

おすすめホラー・サスペンス・ミステリー漫画ランキング

7位 幽麗塔 |乃木坂太郎【完結済】

全9巻で完結済。

舞台は昭和時代で、時計塔に隠された秘密に迫ろうとする主人公・天野太一が、謎の美少年・沢村鉄雄と共に事件に巻き込まれながらも、謎を解いていく物語。

ちょっと残酷な描写やホラー要素があるものの、思わず一気読みしてしまうほど先が気になるストーリーが魅力。

画力が高いので、昭和初期のレトロ感や猟奇的なシーン、色っぽいシーンの描写も見事。

複数の人間の感情が絡み合った複雑なストーリーだけど、ちょうど良い長さで、うまくまとめられている作品。

 

6位 双亡亭壊すべし |藤田和日郎【連載中】

「双亡亭」という幽霊屋敷を壊すことを目的としたストーリー。

「どうやって壊すのか」

「壊してどうするのか」

「そもそも双亡亭って何?」

などなど、謎が多く奥が深そうな漫画。

ホラーなんだけど、続きが気になって仕方ないくらいの衝撃的な展開が次々と待ち受けています。

 

5位 憂国のモリアーティ |竹内良輔、三好輝【連載中】

コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」をもとにした作品で、主人公はウィリアム・ジェームズ・モリアーティ。

シャーロック・ホームズが主人公ではないのですが、原作が有名作なので面白くないわけがないですよね。

世の中を変えるべく、表向きは大学教授と私立相談役(コンサルタント)として、裏では仲間たちと共に「犯罪相談役(クライムコンサルタント)」として悪を裁いていきます。

全体的にサスペンス要素が強く、暗めの話。

原作とは少し違う部分もあるので、原作を読んだことがある方でも楽しめるかと思います。

 

4位 ゴールデンゴールド |堀尾省太【連載中】

主人公・早坂琉花が気味の悪い置物を拾ったところから物語は始まります。

なにげない日常に入り込んできた非日常の「フクノカミ」という存在と、「フクノカミ」によって変わっていく人間を描いています。

人間の醜い部分が浮き彫りになり、ホラー漫画でもないのに思わず背筋がぞっとします。

どういう方向にストーリーが進んでいくのか気になる作品。

 

3位 僕だけがいない街 |三部けい【完結済】

全9巻で完結済。

アニメ化・実写映画化もされた人気作。

主人公・藤沼悟は「リバイバル」という能力をもっていて、原因を取り除くまで何度も過去の同じ場面にタイムスリップします。

ある時、悟は小学生の頃にまでタイムスリップし、そこから未来を変えようと試行錯誤する物語。

犯人の正体が判明するまでは、犯人が気になって一気読み。犯人がわかった後もストーリー展開が気になって一気読み。

とにかく、一気読みしたくなるほど最初から最後まで面白いです。

ミステリーやサスペンスが好きならぜひ読んで欲しい漫画。

 

2位 名探偵コナン |青山剛昌【連載中】

言わずと知れた国民的アニメ。

説明不要かと思いますが、黒の組織に薬を飲まされて小学生になってしまった工藤新一(江戸川コナン)を主人公とする推理もの。

何十年も連載されていますが、ただ殺人事件が起こっているわけではなく、黒の組織に関する様々な伏線が随所に張り巡らされていて、かなり読み応えのある漫画です。

ボスの正体が明かされ、いよいよ核心にせまりつつあるので、今後も目が離せません。

 

1位 約束のネバーランド |白井カイウ、出水ぽすか【連載中】

ジャンプらしくないと話題になっていた、サスペンス要素を含んだファンタジー漫画。

第1部は「グレイス=フィールドハウス」という孤児院から脱出するのが目的。

第2部以降も…まあある意味脱獄が目的ですね。

心理戦や頭脳戦が見どころで、読んでいてハラハラドキドキすること間違いなし。

「このマンガがすごい!2018」オトコ編1位にも選ばれ、ますます注目度が高まっている漫画です。

 

↑目次にもどる

 

おすすめ歴史漫画ランキング

6位 レイリ |岩明 均、室井 大資【連載中】

暗い過去があり、死にたがる少女・レイリを主人公とする戦国時代の漫画。

レイリは、とある人物と出会い、影武者となることで役に立ってから死のうと決めます。

オリジナルのストーリーなんだけど、時々、史実と関連しているところもあり、単純に歴史漫画としても楽しめます。

全体的に暗めの話が多く、セリフのないコマにも1コマ1コマに重みがあり、表情や動作で語るタイプの漫画。

 

5位 ヒストリエ |岩明均【連載中】

『レイリ』に引き続き、またしても岩明均先生の作品。

『レイリ』は日本の歴史に関係していましたが、こちらの『ヒストリエ』は古代ギリシアの世界が舞台となっています。

恵まれた家庭で育った主人公・エウメネスだったが、ある出来事がきっかけで奴隷になり、その後の人生を描いた物語。

「このマンガすっごい面白い!」というよりは、じわじわくる面白さがあります。

知識が豊富なエウメネスが、あの手この手で色々な場面を乗り切っていく姿には、思わず感心。

世渡り上手とはこの事じゃないだろうか。

 

4位 ヴィンランド・サガ |幸村誠【連載中】

11世紀初頭、北欧を中心に活躍したヴァイキング(海賊)の物語で、父親を殺されて復讐をもくろむトルフィンという少年が主人公。

ヴィンランド・サガは、実際の歴史にそっているいる部分が多く、実在した人物が作中にも登場します。

勉強にもなるので、ヨーロッパの歴史に興味がある方にオススメ。

残虐なシーンがあり、ちょっと暗い気持ちになりますが、作中に登場する男気あふれるキャラと哲学的なセリフは魅力。

考えれば考えるほど深い意味があるような気がして、不思議と頭に残ります。

主人公・トルフィンをはじめとする登場人物たちが、ストーリーと共に変わっていくところも見どころ。

 

3位 第3のギデオン |乃木坂太郎(史料・文献提供:山中聡)【連載中】

フランス革命の前日譚を描いた作品。

平民のギデオンが国を変えようと行動していく話なのですが、その姿には勇気づけられるものがあります。

史実に基づく部分と、アレンジを加えたファンタジーの部分があるので、歴史が苦手な方・実際の歴史を知っている方、どちらも楽しめるかと。

作者の乃木坂太郎先生は心理描写が秀逸で、歴史と戦争の裏にある、人間の心の醜い部分を見事に描いています。

 

2位 辺獄のシュヴェスタ |竹良実【完結済】

全6巻で完結済。

舞台は修道院、復讐を誓った修道女・エラを主人公とする暗黒活劇です。

エラは、決めた事はやりとげるような芯の強い子で、とにかくかっこいい。

話が進むほどにクラウストルム修道院の闇が浮き彫りになり、エラたちは追い詰められていくんだけど、その逆境にも負けない姿勢に勇気をもらえます。

もっと壮大なストーリーを想像していたので、意外と早く完結してびっくり。

 

1位 キングダム |原泰久【連載中】

アメトークがきっかけでブレイクし始めて、その面白さから今では超人気作。

絵が苦手で敬遠している人もいるかもしれませんが、絶対読んだ方が良いです!

読まなきゃ損するほどの漫画。

他の歴史漫画と比べると、やっぱり桁違いに面白いのは事実です。

大将軍を目指す少年・信と、後に始皇帝になる秦国の王・政の友情や活躍を描いた話。

戦争の話だから残酷な描写もあるけど、歴史に興味をもつきっかけにもなると思います。

歴史に興味がない方でも、すんなり入っていけるし、かなり長い話なんだけど読みだしたら止まりません。

かなり熱い漢(おとこ)たちが多数登場し、ついつい涙してしまう場面も。

漫画の世界にどっぷり浸かりたいなら、是非。

 

↑目次にもどる

 

誰もが知ってる名作漫画ランキング

10位 のだめカンタービレ |二ノ宮知子【完結済】

全25巻で完結済。

実写ドラマ化・映画化もされている人気作。

指揮者を目指す音大の学生・千秋真一と、同じくピアノ科に在籍する野田恵の話。

お互いに接していく中で、関係性が変化したり、目指すべき道を見つけて成長していきます。

二ノ宮知子先生の漫画はコミカルな部分が多く、非常に読みやすい漫画なので、男女関係なく楽しめると思います。

 

9位 GTO |藤沢とおる【完結】

全25巻でひとまず完結しましたが、現在は続編となる『GTO パラダイス・ロスト』が連載中。

実写ドラマが大ヒットしたので、知っている方も多いと思います。

元不良の主人公・鬼塚英吉が型破りな教師として生徒と関わったり、学園を変えるような行動を起こしたりする痛快な学園漫画。

見た目や言葉遣い・行動は非常識ですが、本当に伝えたいことは間違っていないので、こういう教師がいたら面白いですよね。

元気と勇気をもらえる作品。

 

8位 BLEACH(ブリーチ) |久保帯人【完結済】

全74巻で完結。

高校生・黒崎一護が死神になって「虚(ホロウ)」たちと戦う話。

前半の死神代行篇や尸魂界篇は、とんとん拍子に物語が進んでいくので、ものすごく引き込まれました。

バトルシーンも魅力ですが、キャラとか設定とか「よくこんなにアイディアが浮かぶな」っていうくらい秀逸。

それから、全体的に漂う独特のおしゃれ感も魅力。特に扉絵とかセリフとか言い回しとか。

こういう唯一無二なところも含めて、根強いファンに人気なんだと思います。

 

7位 NARUTO(ナルト) |岸本斉史【完結済】

全72巻で完結済。

落ちこぼれの忍者・うずまきナルトが「火影」を目指して成長していく話です。

ストーリーは王道の少年漫画ですが、『NARUTO』の魅力は岸本斉史先生の描く画力の高い絵。

構図ももちろんですが、忍者の世界観を壊さないような作りこまれた背景描写は、かなりクオリティが高いです。

ナルトの成長過程で、人一倍努力しているところとか、何があっても己の忍道を曲げずあきらめないところとか、泥臭い感じが胸を打ちます。

しっかり作りこまれた忍者の世界観にどっぷり浸って楽しんでほしいです。

 

6位 ONE PIECE(ワンピース) |尾田栄一郎【連載中】

いわずと知れた大人気漫画。

海賊王を目指す主人公モンキー・D・ルフィを中心とする海洋冒険ロマン。

1巻のルフィとシャンクスの話から既に涙した人も多いはず。

ただの冒険ものではなく笑いあり感動ありで、多くのファンの胸をうつようなストーリーが魅力です。

伏線も散りばめられてて、「あ!この話は、ここで繋がってるのか!」みたいな発見があるのも面白いし奥が深い。

仲間との絆とか、あきらめないこととか、人生で大切なことの半分以上は『ONE PIECE』から学べそうな気がします。

読んでみれば、なぜ人気なのかがきっとわかるので、未読の方は是非。かなり長いですが。

 

5位 DRAGON BALL(ドラゴンボール) |鳥山明【完結済】

全42巻、完全版は全34巻で完結。

連載は1984年~1995年までの約10年半。連載が終わってからも10年以上愛され続けている国民的漫画ですね。

作者の圧倒的な画力もさることながら、個性いっぱいのキャラクターや斬新なストーリーも、ドラゴンボールの魅力。

長年愛されている理由は単純に、子供も大人も楽しめるからではないでしょうか。

「かめはめ波」みたいな必殺技は子供に受けますし、戦闘シーンやストーリーは大人が読んでも十分入り込めます。

これから何十年先も愛され続けていくであろう名作中の名作ですね。

 

 

4位 ROOKIES(ルーキーズ) |森田まさのり【完結済】

全24巻、文庫版は全14巻で完結。

ドラマ化・映画化もしているので知らない人は少ないかと思います。

新任教師の川藤幸一が、不良のたまり場になっていた野球部を徐々に変えていくっていう、ストーリー自体はよくある話。

でもなぜか、ついつい応援したくなるし感動するんですよね。

川藤幸一がとにかく真っすぐで熱心。

諦めずに野球部のみんなに歩み寄っていくところとか、それぞれの良いところを見つけて長所を伸ばそうとしていくところとか、理想の教師像のような気がします。

口癖である「夢にときめけ 明日にきらめけ」も名言ですが、他にも数々の名言が生み出されています。

大人になってから読み返すと、胸が熱くなり感動して涙がでること間違いなし!

 

3位 鋼の錬金術師 |荒川弘【完結済】

全27巻で完全版は全18巻で完結。

説明不要の名作。最初から最後まで、ずーっと面白いので大人買いしてもいいくらい完璧な漫画。

実写化は酷評の嵐でしたが、原作は比べものにならないくらい素晴らしく、読んで損はないので、まだ未読の方には是非読んで欲しいです。

伏線のはり方と回収の仕方が本当に見事で、たとえるなら、ひろげた風呂敷をきれいに畳んだなっていう感じ。

主人公のエドとアル、2人の兄弟関係も読んでてほっこり。

バトルシーンとシリアス・コメディ要素のバランスも良くて、普段漫画を読まないような人でも、すごく読みやすいと思います。

 

アプリで読めます!

 マンガUP!(iOS/Android)

 

2位 幽遊白書 |冨樫義博【完結済】

全19巻、完全版は全15巻で完結。

子供の頃に読んだときは、「なんだこの終わり方」なんて思っていたのですが、大人になってから読み直すととても感慨深いものがあります。

若くして、この作品を書き上げたことを考えると本当に天才としか思えない。

特に「暗黒武術会編」がほんと神。

主人公が物語序盤でいきなり死んで、生き返るための試練を受けていたのに、そこからこんなバトルものになるなんて想像もしてなかったけど、設定も秀逸だし、なによりキャラが魅力的。

ぐいぐい引き込まれるようなストーリーで、何度読んでも飽きない漫画。もう何十回も読み返しています。

ひと昔前に連載していた漫画だからかもしれないけど、今のジャンプにはない魅力が詰まっているので、知らない人は是非読んで欲しいです。

 

1位 スラムダンク |井上雄彦【完結済】

全31巻、完全版は全24巻で完結。

もう名作中の名作なので、説明不要かと。

「友情」「努力」「勝利」と、週刊少年ジャンプのテーマを全部詰め込んだような作品。

青春時代に読んだら絶対バスケやりたくなると思います。

主人公だけでなく、サブキャラ、他校のキャラも個性があって魅力的。作中では、涙がでそうになる名言もたくさん生まれました。

代表的な名セリフは、安西先生の「あきらめたらそこで試合終了だよ」ですが、ここまで漫画の名言が世間に浸透している漫画は本当にめずらしいと思います。

何年たっても色あせない漫画。

 

無料で読めるアプリのおすすめ漫画

出会って5秒でバトル |はらわたさいぞう【連載中】

 

あらすじ

好きなもの、ゲーム。嫌いなもの、退屈。
狂がつくほどゲーム好きな白柳アキラは、ある日突然謎の怪物に襲われ
知らぬ間に能力バトルに巻き込まれてしまう。
しかし、彼はその状況に焦るでもなくむしろ喜んで…?

智力を駆使して戦う、新時代能力バトルスタート!

(引用:裏サンデー

ゲーム好きな主人公が、ゲームのようなバトルに巻き込まれていく話。

展開も気になるけど、それぞれの特殊な能力を駆使して戦うバトルが面白い!

相手の行動を読んでどうやって戦うか考えたり、戦ってる最中の心理戦とか見ていてハラハラしますね。

HUNTER×HUNTERが好きならおすすめ。

 

アプリを使えば無料で読めます!

マンガワン

マンガワン
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted with アプリーチ

 

おすすめ漫画 まとめ

今後も面白い漫画を発見したら、随時追記・修正していきます。

 

 

-おすすめ漫画
-,

Copyright© めがねっと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.