【東京リベンジャーズ】梵天メンバー紹介・相関図まとめ

2021年12月17日

佐野万次郎(マイキー)が首領をつとめる「梵天」。

最終章突入前の現代で、「梵天」は日本最大の犯罪組織とされていました。

多くの犯罪の裏には梵天が関わっていると言われており、警察でも詳しい情報をつかめない状態。

最終章では、梵天の首領として闇落ちしたマイキーを救うべくタケミチはタイムリープをしています。

このページでは、謎に包まれた「梵天」の

  • 創設の経緯
  • メンバー&相関図

などをまとめました。

東京リベンジャーズ第204話までのネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

東京リベンジャーズに登場する「梵天(ぼんてん)」とは?

「梵天(ぼんてん)」は、佐野万次郎ことマイキーが首領をつとめる現代(2017年)の犯罪組織です。

最終章でマイキーが首領をつとめる「関東卍會」という組織が登場しますが、その「関東卍會」の未来の姿が「梵天」ではないかと言われています。

東京卍會 → 関東卍會 → 梵天

という感じですね。

タケミチがタイムリープをする前の現代では、日本最大の犯罪組織と言われていた「梵天」。

現時点でわかっている主要メンバーは8人ですが、総メンバー数は明らかになっていません。

梵天の首領をつとめているマイキーはすでに闇落ちしており、闇落ちを回避するべくタケミチは10年前(2005年)へタイムリープすることになります。

梵天が創設された経緯

梵天が創設された経緯は、まだ作中で明らかになっていません。

2005年の時点ではマイキーが関東卍會を率いており、三天時代と呼ばれる世界になっています。

三天時代の三天とは、

という3チームで、梵天はこの上記3つのチームが母体になったものと思われます。

東京リベンジャーズの原作コミックス(漫画)で梵天が掲載されているのは何巻何話?

  • コミックス22巻 194話~197話
  • コミックス23巻 199話~204話

直接「梵天」が出てくるわけではありませんが、23巻の198話と206話も梵天をおさえておくために読んでおきたいところです。

梵天のメンバー紹介と相関図

東京リベンジャーズに登場する梵天の相関図

梵天のメンバーで明らかになっているのは、以下の8名。

地位名前
首領佐野 万次郎(マイキー)
ナンバー2三途 春千夜(さんず はるちよ)
ナンバー3鶴蝶(かくちょう)
幹部望月 莞爾(もちづき かんじ)
幹部灰谷 蘭(はいたに らん)
幹部灰谷 竜胆(はいたに りんどう)
幹部九井 一(ここのい はじめ)
相談役明司 武臣(あかし たけおみ)

三天時代に所属していたチームは以下のとおり。

  • 関東卍會 …佐野万次郎、三途春千夜、九井一
  • 六破羅単代 …鶴蝶、望月莞爾、灰谷蘭、灰谷竜胆
  •  …明司武臣

三天時代の3チームからメンバーが集まり、梵天ができあがったように見えます。

梵天の首領 佐野万次郎(マイキー)

通称、無敵のマイキー。

元東京卍會総長 → 関東卍會総長(2007年)→ 梵天の首領(2017年)。

自分自身で制御できない、自らの中にある『黒い衝動』に怯えており、結果として梵天首領の地位につきます。

12年前にタイムリープしていたタケミっちとの約束を守り、『黒い衝動』に巻き込まないために東京卍會は解散しました。

現代の梵天首領としてのマイキーにかつての東京卍會のマイキーの面影はなく、むしろ関東事変で抗争した天竺の総長・黒川イザナに似た容姿になっています。
相変わらず鯛焼きなどのお菓子は好むようですが、痩せこけており目の下には酷いクマが。

内面的にも裏切り者の殺害を厭わず、黒い衝動に飲み込まれたような人物です。

現代(2017年)では、橘日向との結婚式に出席して欲しいと、マイキーを探していたタケミっち。
マイキーはそんなタケミっちを拳銃で3発撃ったのち、自らの人生に決着をつけるため、ビルから投身自殺を図ります。

しかし、ビルから落ちる途中で半死半生のタケミっちに腕を掴まれ助けられます。

梵天のナンバー2 三途春千夜(さんず はるちよ)

元東京卍會の伍番隊副隊長だった三途春千夜(さんずはるちよ)。

東京卍會時代から、マイキーを絶対的な王として心酔していたようです。

関東事変では仮初めの兄として、東京卍會5番隊隊長である武藤泰宏についたかのように見えましたが、それすらもマイキーを裏切った武藤泰宏を殺害するための布石でした(コミックス23巻、206話参照)。

現代の梵天でもマイキーへの忠誠は変わらず、何かの薬を服用している様子ですが、むしろハイになって他人を殺害しまくります。

梵天のナンバー3 鶴蝶(かくちょう)

鶴蝶は、関東事変で横浜天竺の四天王筆頭を務めていました。

通称・喧嘩屋。

黒川イザナ亡き後は、誰にも従わず孤児院で孤児たちの世話をしていたはずでしたが、ある事情により2005年には再び暴走族の世界に戻ります。

2005年の所属チームは六破羅単代。

現代(2017年)では梵天のナンバー3を務めています。

梵天の幹部 望月莞爾(もちづき かんじ)

望月莞爾こと、通称モッチー。

元呪華武総長にして、関東事変では横浜天竺の四天王に属していました。

関東事変での責任を負い、逮捕された過去がありますが、現代(2017年)では梵天幹部を務めています。

梵天の幹部 灰谷蘭(はいたに らん)

かつて六本木を仕切っていた灰谷兄弟の兄・灰谷蘭。

関東事変では横浜天竺の四天王でした。

現代(2017年)では梵天の幹部を務めています。

梵天の幹部 灰谷竜胆(はいたに りんどう)

かつて六本木を仕切っていた灰谷兄弟の弟・灰谷竜胆。

関東事変では横浜天竺の四天王でした。

得意技は関節技。

現代(2017年)では梵天の幹部を務めています。

梵天の幹部 九井一(ここのい はじめ)

九井一こと、通称ココ。

お金を稼ぐ能力に長けているため、さまざまなチームから狙われる存在です。

かつて黒龍に所属し、東京卍會にも所属した時期があります。

関東事変では横浜天竺の幹部でしたが、現代(2017年)では梵天の幹部です。

梵天の相談役 明司武臣(あかしたけおみ)

元初代黒龍創設メンバーにして、元初代黒龍副総長・明司武臣。

2005年では梵の幹部で、現代(2017年)では梵天の相談役を務めています。

三途春千夜と瓦城千咒の実の兄。

【終わりに】東京リベンジャーズに登場する梵天メンバーの紹介・相関図まとめ

梵天とは、2005年の三大勢力を母体に構成された犯罪組織です。

現時点でわかっている梵天メンバーは、以下8名。

  • 首領 佐野万次郎(マイキー)
  • ナンバー2 三途春千夜
  • ナンバー3 鶴蝶
  • 幹部 望月莞爾
  • 幹部 灰谷 蘭
  • 幹部 灰谷 竜胆
  • 幹部 九井一
  • 相談役 明司武臣

2005年に関東卍會・六破羅単代・梵の3チームが争った「三天戦争」。

三天戦争の結末を見ると、上記3チームは思いのほか梵天と関りがありそうです。

もともと、読者の間では「関東卍會・六破羅単代・梵の3チームが統合したのが梵天ではないか」と言われていましたが、当たりのような気もします。

2021年12月時点では三天戦争が終わったばかりなのですが、今後色々と明らかになりそうですね。

東京リベンジャーズが1冊無料で読める U-NEXT



U-NEXTで購入できる「東京リベンジャーズ」のコミックス




動画配信サービスU-NEXTでは、東京リベンジャーズのコミックス1冊を無料で読むことができます


東京リベンジャーズは作中に思わぬ伏線が張られていることがあり、ついつい読み返したくなることも多いです。


前の巻を読み返したいな…


と思ったときは、U-NEXTの初回登録特典を利用してみてください。


U-NEXTに初めて登録する場合、「31日間の無料お試し期間&600円相当のポイント付与」特典があります。


登録後すぐに600円相当のポイントが付与されるので、このポイントを使えば東京リベンジャーズのコミック1冊が無料というわけです。


ちなみに、週刊少年マガジンもポイントで購入できるので、コミックス最新刊の続きをマガジンで読むこともできます。


「前の巻を無料で読み返したい」
「最新刊を無料で読みたい」

という方は、ぜひ一度試してみてくださいね。


無料お試し期間内に解約手続きをすれば、料金は一切かかりません。




U-NEXTで東リベを読む




-東京リベンジャーズ