みにろぐ(MINI LOG)

漫画・本のおすすめ紹介と主婦の日常

みにろぐ

『名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)』ネタバレ感想。京都の平次の初恋相手とは!?

この記事をシェアする

2003年公開の劇場版第7作目。

主題歌は、倉木麻衣「Time after time〜花舞う街で〜」

キャッチコピーは、「私たち、やっと逢えたんだね…」「工藤新一、古都の謎に挑む!?」

2016年のファン投票で、歴代19作品の中から1位に選ばれた作品。京都が舞台だったり平次と和葉が活躍していたりと、2017年公開の映画『から紅の恋歌(ラブレター)』と共通点がありますね。

オープニングで、平次の色黒は、じっちゃん譲りだったと判明しました(笑)

 

 

『迷宮の十字路』の内容。あらすじと結末

源氏蛍(げんじぼたる)

  • 東京、大阪、京都を中心に有名な仏像や美術品の窃盗を続ける盗賊団
  • 全員が、義経の家来の名で呼ばれて、“義経記”を所持している
  • メンバーは8人。今回の事件で5人が殺害されたので、 残りは3人(義経・弁慶・伊勢参郎)

警察の調べで、犯人は剣と弓の達人だとわかった。

 

盗まれた仏像・手紙と暗号


(画像:京都の桜写真

 

小五郎が依頼を受けた為、京都の山能寺を訪れたコナン達。依頼主は寺の僧・竜円。5日前に寺の郵便受けに入っていた差出人不明の手紙の謎を解いて欲しいという。

『この絵の謎を解けば 仏像の在り処が判る』という文章と共に、1枚の絵が同封されていた。

山能寺では、8年前に御本尊・薬師如来が盗まれていたのだ。

 

コナンと平次のコンビ

平次:京の五条の橋の上 大のおとこの弁慶は 長い薙刀ふりあげて 牛若めがけて切りかかる

(童謡・牛若丸)

五条大橋を訪れたコナンは、平次に会う。先日殺されたタコ焼き屋のおじさんと平次は顔馴染みで、犯人の手掛かりを探すため、京都に来ていた。

コナンは平次に暗号を見せ、一緒に解読していく。

 

狙われる服部平次

鞍馬山を訪れた際、平次は何者かに弓で狙われる。

 

平次:牛若丸みたいなやっちゃな。

身軽な動きで犯人を追いかけるコナンを見て、思わず出た言葉。

 

犯人はバイクで逃走し、平次とコナンもバイクで後を追う。このカーチェイスならぬ、バイクチェイスがすごすぎて…確実に股が死ぬと思う(笑)

結局は煙幕のせいで犯人を取り逃がしてしまい、またしても狙われる平次。犯人は平次の持っていた水晶玉を狙っていた

ピンチになったところで和葉が駆けつけ、犯人は逃走。

 

お茶屋で殺人事件

(画像:京都フリー写真素材

 

先斗町の茶屋・桜屋で、古美術商の桜正造が殺害される。

コナンと平次は、桜の遺体から入手した鍵で、桜の経営する店へ侵入。

いくら探偵とはいえ、不法侵入だよ(笑)

本棚には、 “伊勢参郎”と書かれた“義経記”があり、桜が源氏蛍のメンバーだと判明する。

 

工藤新一登場

暗号を解いたコナンと平次のもとに電話が。和葉を誘拐した犯人の指示通り、玉龍寺に向かおうとするが、平次は無理がたたって倒れてしまう。

 

(画像:京都フリー写真素材

 

和葉:辞めて!この人、平次とちゃう!

 

新一:工藤新一…探偵さ

犯人にさらわれた 和葉を助けにきたのは、服部平次に変装した工藤新一だった。

元の体に戻れたのには、灰原の協力があった。阿笠博士が開発した“風邪と同じ症状を引き起こす薬”を飲んだ状態で、白乾児(パイカル)を飲めば一時的に戻れるかもしれないと提案し、成功。

 

薬の効き目が切れそうになったところで、本物の服部平次が登場。コナンの姿に戻りそうになったため、新一は姿を隠すことに。

平次:探偵やらしたら天下一品やけど、侍としたら…イマイチやな。

倒れたのに、わりとあっさり登場する平次。

 

平次:どうせあわれへんのや。知らんほうがええ…

新一に会ったことを言うなと、和葉に口止めする。

いや、会っちゃうんですけどね(笑)

 

新一は逃げる途中に蘭と会うが、正体がばれるのを恐れて麻酔銃で眠らせてしまう

 

犯人

一連の殺人事件の 犯人は、西条大河源氏蛍のナンバー2で、“武蔵坊弁慶”の名をもらっている

西条が犯人だと気づいたきっかけは、

  • 正座をする時に“半足をひく動作”をしていた
  • 専門用語である“やまくら(矢の枕のこと)”をつい口にしてしまった

この事から、 西条は弓をやっているが、それを隠しているとわかった。

 

事件の真相

コナンの推理によると、8年前に平次が忍びこんだのは山能寺だった。そこで平次が拾った水晶玉は、初恋の人が落としていったものではなく、仏像の額にはまっていた白毫(びゃくごう)

平次が寺に忍び込んだ日、盗賊団・源氏蛍も山能寺の本堂に忍び込み、仏像を盗み出した。しかし、途中で白毫(びゃくごう)が外れてしまう。

後から気づき、手下に探しに行かせたが、白毫は平次が持ち去ってしまった。犯人は雑誌の記事をみて、8年前に白毫を持っていったのが平次だと知った。

そして同じ頃、死期を悟った首領・義経は、仏像の隠し場所を示した絵を子分たちに渡し、謎を解いた者を次の首領にするという遺言を残す

子分の1人だった桜が、犯人に手を組もうと言ってきた。桜は、犯人の剣の腕を見込んで、他の子分たちを殺すようにそそのかし、仏像を売った金を山分けしようと提案する。

桜は仏像の売却ルートを握っていた為、自分だけは安全だと思い込んでいたが、犯人は最初から宝を独り占めするつもりで、桜の話にのったふりをしていた。

しかし、犯人は宝の場所を示す暗号が解けなかったため、山能寺に手紙を入れ、相談してきた竜円に対し、名探偵の毛利小五郎に依頼するよう勧めた

桜を殺害したのは、インターネットを使った別の仏像売却方法が見つかったから

凶器は、位置情報がわかる端末と一緒にペットボトルにいれて川に流し、あとから携帯で位置を調べて回収するという方法を使い、外部犯の犯行に見せかけようとした。

 

犯行動機

仏像を独り占めしようとしたのは、 義経流という剣道の道場を作る為

以前は、首領が住職をやっていた玉龍寺を使わせてもらっていたが、首領が死んで寺は取り壊されることになってしまった

ちなみに、犯人の西条は“弁慶より義経が好きで、義経になりたかった”という、よくわからない主張をしていた(笑)

 

手まり歌

犯人に追われ、平次と和葉が追い詰められた部屋には、引き出しがたくさんあるタンスが置かれていた。

盗賊団の会話から、刀が“弁慶の引き出し”にあることを突き止め、さらに引き出しが京都の通りを示した地図の形と一緒だと気づく

まるたけえびすに おしおいけ
あねさんろっかく たこにしき
しあやぶったか まつまんごじょう
せったちゃらちゃら うおのたな
ろくじょう ひっちょうとおりすぎ
はっちょうこえれば とおじみち
くじょうおおじで とどめさす

舞妓・千賀鈴(ちかすず)が『手まり歌』と呼んでいた歌は、 京都の通りの名を覚えるための歌

しかし、 和葉は、“あねさん”のところを“よめさん”と歌っていた

 

クライマックス

西条と戦う平次がピンチに陥ったとき、コナンは刺さった弓を足場にして、空中でボールを蹴る。

コナン:いけぇー!はっとりー!

実現不可能とも思えるアクション。

 

平次:義経になりたかった弁慶か。あんたが弁慶やったら、義経は“安宅の関”で切り殺されてんで。

犯人を気絶させて、捕まえた平次。

 

宝のありか

コナン:この寺…これで全部、謎は解けた。

コナンは空中に飛んだ際、 玉龍寺の寺の形に気づいた。建物が“玉”の形になっていて、点の位置に鐘楼が。そこに仏像が隠されていた

 

平次の初恋

平次は、千賀鈴=初恋の人と勘違いするが、和葉が手まり歌を歌ったことでやっと気づく。

平次:やっと会えたっちゅーわけか…

平次の初恋の相手は和葉化粧をして、髪型を変えて、着物を着ていたので和葉だと気づかなかっただけ

普通気づくだろ(笑)でもハッピーエンドですごく良い

 

やっと会えた新一と蘭

新一と会ったのは夢だったと落ち込む蘭だが、コナンの機転で夢じゃなかったと気づく。

蘭:(そっか。やっぱり…やっぱりあれ、新一だったんだ。…やっと会えたね。)

一瞬会えただけであんなに喜ぶ蘭ちゃん可愛すぎる。新一は幸せ者だなぁ。

 

『迷宮の十字路』の感想

コナンと平次のコンビが大活躍

住職:あの2人、ええコンビやったなぁ。まるで、義経と弁慶みたいやった

平次の帽子をかぶった薬師如来が帰ってきていたのを見て、住職の円海がつぶやいていましたが、まさに名コンビです。

五条大橋のシーンでわかりますが、 コナンが義経、平次が弁慶ですね。個人的にこのコンビのストーリーが好きです。

 

和にこだわっている

舞台が一貫して京都で、特に義経と弁慶ゆかりの地が登場します。終盤に登場する『玉龍寺』は架空の寺ですが、鞍馬寺がモデルになっているそう。

義経についての知識があったり、京都に詳しければ、より一層楽しめたのかなと。とにかく京都にひたれる作品。舞台の聖地めぐりも面白そう。

 

弓や剣道、刀は村正など、和に関するものが登場し、和というテーマで統一されていて違和感がなかったです。
さらにエンディングで流れる 倉木麻衣の「Time after time〜花舞う街で〜」が世界観とマッチした神曲!

 

ラブコメ

今作は、“平次の初恋の人は誰なのか”というのも、謎のひとつだったのですが、予想通りハッピーエンドでファンも喜ぶ収まり方でした。

まぁ、気づけよと思ってしまいますが…(笑)

そして、平次と和葉だけでなく、さらっと新一と蘭のストーリーも盛り込んでしまっているのがまたいいですね。どっちも会えて良かったね!

そして、新一が一時的とはいえ、元の姿に戻るという貴重な展開でファン歓喜!ちょっと変な関西弁でしたが、前よりは上達していました(笑)

『工藤新一…探偵さ』は、何度見ても、とにかくかっこいい!今回は薬が切れてあっさり撤退してしまったけど、またいつかスクリーンで大活躍してほしいです。

 

まとめ

こだま兼嗣監督の最後のコナン作品。やはり名作です。『から紅の恋歌(ラブレター)』といい、京都が舞台の作品は完成度が高いですね。