読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めがね主婦の日常

漫画・本のおすすめ紹介と主婦の日常

MENU

主人公エラの強さがかっこいい!『辺獄のシュヴェスタ』は生きる勇気をもらえる漫画【感想】

『辺獄のシュヴェスタ』 竹良実

月刊!スピリッツで連載中

辺獄のシュヴェスタ(5) (ビッグコミックス)

辺獄のシュヴェスタ(5) (ビッグコミックス)

 

結構前に読んだのですが、続きが気になるストーリー展開で思わず一気読みしました。

1巻の内容にだけ触れながら解説していきますので、若干のネタバレがあります。ご注意下さい。

 

こちらから第1話の試し読みができます。

作品詳細『辺獄のシュヴェスタ』 | ビッグコミックスピリッツ公式サイト

続きを読む

『金の国 水の国』は、読後ほっこりする漫画【感想ネタバレなし】

『金の国 水の国』 岩本ナオ

全1巻 完結済

金の国 水の国 (フラワーコミックススペシャル)

金の国 水の国 (フラワーコミックススペシャル)

『マンガ大賞2017』の2位と、『このマンガがすごい2017』のオンナ編1位を受賞した作品です。

マンガ大賞2017のランキング受賞作に関してはこちらにまとめました。

 

下書きに眠ったままで投稿してなかったので今更ですが、感想と面白かったところをご紹介します。ネタバレなしなので、これから『金の国 水の国』を読むという方も安心してご覧下さい。

続きを読む

【ネタバレ感想】名探偵コナン『から紅の恋歌(ラブレター)』は期待以上に完成度の高い映画でした

『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』は、名探偵コナン第21作目となる作品。

第20作を区切りに、劇場版『名探偵コナン』の新たなる第1作を創り出すという気持ちで作られた映画だそうです。

キャッチコピーは、「待っとれ 死んでも守ったる───」「ふたひらの運命を引き裂く哀しき歌―紅に染まる巡恋(チェインドラブ)ミステリー」

今年も迫力満点の映画でした。

ネタバレなしの感想を最初に書き、下の方にネタバレ有りの感想と見どころをまとめました

続きを読む

【新生児~生後2ヶ月】面白くて笑ってしまうけど可愛い!赤ちゃんのおかしな行動や仕草

娘が産まれてもう少しで2ヶ月。 初めての育児は、赤ちゃんの行動に驚かされっぱなしです。 

「もしかしたら、うちだけなのかも…」と思うような、ちょっと変わった行動や仕草もあったので、いくつかまとめてみました。

 

※汚い表記があるので、お食事中の方は気をつけて下さい。

  • 初めて見たとき驚いた!赤ちゃんの変わった行動や仕草
    • 急に手をあげてビクッとする
    • 寝ながら口をちゅぱちゅぱしている
    • ななめ上に進もうとする
    • うんちを飛ばす
    • うんちが、ちょびちょび出る
    • 泣き疲れて寝る
    • すぐ鼻くそがたまる
    • 目を開けたまま寝る
    • ミルクがまずいとしかめっ面をする
    • 寝ながら回転する
    • 寝ている時に急に泣き出し、そのまますぐ寝る
    • ゲップを全力で拒否する
    • 自分のおならで泣く
  • まとめ
続きを読む

二ノ宮知子の『87CLOCKERS』はオーバークロックを題材とした珍しい漫画【感想 ネタバレなし】

全9巻 完結済

『87CLOCKERS(エイティセブン・クロッカーズ)』 二ノ宮知子

87CLOCKERS 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

87CLOCKERS 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

『ジャンプ改』・『週刊ヤングジャンプ』にて連載されていた漫画。

作者は『のだめカンタービレ』でおなじみの二ノ宮知子先生。

『87CLOCKERS』は、“パソコンのF1レース”と呼ばれるオーバークロックを題材にした珍しい作品です。

 

そもそもなぜこんなジャンルを扱ったかという事に関して、作者である二ノ宮先生はコミックの巻末で説明していました。

旦那さんの昔のバンド仲間であるduckさんという方が、日本で有名なオーバークロッカーで、そのduckさんの話を聞いてオーバークロックに興味を持ったのがきっかけだそうです。

 

2016年に完結済なので、ぜひ一気読みしてほしいです。

序盤から、「続きが気になる!」という程の勢いはないのですが、読んでいくうちに徐々にハマるようなじわじわくる面白さがあり、隠れた良作だと思います。(←単に私がこの漫画を知らなかっただけかもしれませんが…)

続きを読む