ミステリと言う勿れの鳴子巽(カウンセラー)と星座のアクセサリーの関係・持ち主をネタバレ考察

ミステリと言う勿れの鳴子巽(カウンセラー)と星座のアクセサリーの関係・持ち主をネタバレ考察

ミステリと言う勿れの中には様々な謎や伏線がはりめぐらされています。
その中のひとつが「星座のアクセサリー」。

星座のアクセサリーとは、久能整が解決した事件の犯人が所持しているものなのですが、持っている理由やその出所などはまだ明かされていません

ただ、星座のアクセサリーの出所は鳴子巽ではないか?という疑惑が出ています。

ミステリと言う勿れにおいて、星座のアクセサリーと鳴子巽が物語に大きく関わっていることは間違いないです。

このページでは

  • 鳴子巽と星座のアクセサリーの関係性
  • 星座のアクセサリーと持ち主
  • まだ出てきていない星座と主要キャラクターの星座

など、現在わかっている情報や考察をまとめました。

鳴子巽(なるこたつみ)と星座のアクセサリーの関係性は?

星座のアクセサリー

現時点で、星座のアクセサリーの出所といえるのが鳴子巽(なるこたつみ)という人物です。

星座のアクセサリーを持っていた羽喰十斗と犬堂愛珠は、鳴子巽からもらったということが確定済み
さらに、鳩村一葉と蘇我実、井口虎雄も鳴子巽からもらったような描写があります

また、井原香音人から下戸陸太がもらったという蟹座のピアス。
井原香音人と下戸陸太の2人も闇を抱えている描写があり、カウンセラーである鳴子巽と出会っていた可能性も考えられるのではないでしょうか。

三船は「生まれた時の使命があり自分が特別な存在だ」というようなことを話しており、この話は井口の話と、さらには鳴子巽と関わりのある羽喰十斗も同じような話をしていました。

もしかしたら、「特別な人」というのがアクセサリーを渡す条件のひとつかもしれません。

鳴子巽(なるこたつみ)は何のためにこのアクセサリーを人に渡していたのか、真相はまだ明らかになっていません

何か「使命」がある人物にこのアクセサリーを渡していたのか
カウンセラーという職業から、目を付けた人物を洗脳して犯罪者にしていたのか

まだまだ謎は多いのですが、少しずつ鳴子巽について明らかになっていることもあるので次で詳しくまとめました。

カウンセラー・鳴子巽とは?

羽喰十斗が母親の死をきっかけに出会ったカウンセラーが鳴子巽という男性
そして、羽喰十斗が愛珠に紹介したカウンセラーも鳴子巽で、2人に星座のアクセサリーを渡しています

鳴子巽に関して明らかになっているのは、上記のことくらいです。

犬堂我路が、愛珠のことを調べて鳴子巽につながったということは、これから鳴子自身につながる可能性もあります。

まだコミックス10巻時点では鳴子についてほとんどわかっていないので、今後も少しずつ明らかになっていくのか、一気に明らかになるのか、展開に注目です。

【ミステリと言う勿れ】星座のアクセサリーと持ち主 一覧

星座アクセサリーとその一覧

まずは、物語の中で登場した星座のアクセサリーとその持ち主を一覧表にまとめました。

星座アクセサリー持っている人
牡羊座
牡牛座指輪三船三千夫(みふねみちお)
双子座指輪鳩村一葉(はとむら いろは)
蟹座ピアス下戸陸太(おりとろくた)
獅子座
乙女座
天秤座ペンダント蘇我実、井口虎雄
蠍座ネクタイピン藪鑑造(やぶかんぞう)
射手座指輪羽喰十斗(はぐいじゅーと)
山羊座指輪犬堂愛珠(いぬどうあんじゅ)
水瓶座
魚座

藪鑑造(やぶかんぞう)は蠍座のネクタイピン

コミックス1巻で登場した犯人・藪鑑造(やぶかんぞう)が持っていたのは蠍座のネクタイピン
1番最初に登場した、星座にまつわるアクセサリーがこの藪のネクタイピンです。

殺人事件の最重要人物として久能整は何日も取り調べを受けていたのですが、その際、整は藪がつけているネクタイピンに興味を持ちます。

11月の誕生石であるトパーズの付いたネクタイピン
そして藪のネクタイが毎日、蠍(サソリ)を連想させる赤紫色やえんじ色だったことから、藪は蠍座だと言い当てた整。

藪のネクタイやネクタイピンはすべて奥さんが揃えてくれたものでした。

ネクタイピンは藪が選んだものではないので、藪自身が星座アクセサリーに深く関わっているのかは謎です。

犬堂愛珠は山羊座の指輪

犬堂愛珠は山羊座の指輪を所持しており、指輪は鳴子巽から渡されたものでした。

犬堂愛珠は、犬堂我路の姉。
知り合いだった羽喰十斗から、カウンセラー・鳴子巽を紹介されたのです。

我路は、山羊座の指輪を愛珠の部屋にあった寄木細工の中から発見します。

寄木細工がきっかけで、愛珠は恋人であった月岡と出会いますが、交際を続けていくうちに愛珠の精神は不安定に。
そんな彼女に月岡は、2人で寄木細工を作って生活しようと提案します。

嬉しそうに月岡の提案を受けた愛珠ですが、結局2人は一緒に暮らすことなく愛珠は死んでしまいます。

月岡のもとを訪れた我路は、「愛珠が鳴子巽から指輪をもらった」という話を聞きました。

我路は鳴子巽が姉の死に深く関わっていると睨んで、引き続き調査を続けることになります。
しかし主人公である整は、星座のアクセサリーについては知っているもののまだ鳴子巽という人物にはたどり着いていません。

ガロと整の2人が、別方向から星座のアクセサリーに関する真相を突き詰めていく展開になるのかもしれないですね

鳩村一葉は双子座の指輪

双子座の指輪はコミックス8巻に登場した鳩村一葉が所持しています。

鳩村家の話では、双子の子ども(と見せかけて三つ子の子ども)の話が出てくるのですが、そこで明かされたのが「一葉はアレキサンドライトという宝石が付いた指輪をしている」ということ。
指輪の側面に双子座の模様が描かれていました。

双子座の指輪をつけた一葉は、ある時から過去の傷を払しょくしたかのように明るい笑顔を浮かべるようになったのだとか。

一葉が持っている星座のアクセサリーも誰かからもらったということが明かされています。
しかし、誰からもらったのかは不明

ひとつの仮説ではありますが、心を病んでいた一葉がカウンセラーである鳴子巽に出会い、双子座の指輪をもらったとしても不思議ではありません。
もしかして彼女もまた、鳴子巽につながる人物なのかもしれません。

蘇我実、井口虎雄は天秤座のペンダント

コミックス10巻で登場した蘇我実と井口虎雄は、天秤座のペンダントを所持していました。

青砥さんの娘が誘拐された事件ですが、この事件で関わってきたのが鍵山事件の犯人・井口虎雄です。

井口は、自分のことを軽く扱われたとか、特別な子ではなかったと自供しています。

星座のアクセサリーを持っている人物の中には、

  • 「特別」と扱われた
  • 「特別」として扱われなかった

と言っている人物もいるため、もしかしたら「特別」というのがアクセサリーをもらう条件の一つなのかもしれません

前述した羽喰十斗は「特別な子」だと言われた過去を持った人物でした。)

井口虎雄と蘇我実の2人が天秤座のペンダントを持っていましたが、彼らはこのペンダントをどこから入手したのかは不明です。

出てきていない星座と主要キャラクターの星座について

ホロスコープと星座

12星座のうち、すでに7星座は物語に登場しています

コミックス10巻までの段階で登場していないのが、魚座、乙女座、獅子座、水瓶座、牡牛座の5星座

まだ登場していない星座ですが、実は主要キャラ3人の星座がこの中に含まれているのです。

  • 久能整  …魚座
  • 犬堂我路 …乙女座
  • ライカ  …獅子座

上記3人の星座と、今まで物語に登場した星座アクセサリーに関わりあるのかは不明です。
しかし、登場していない星座に当てはまるとなると、何か意味ありげな感じがしてきませんか?

そして、まだ何も明かされていないのが水瓶座と牡牛座の2つ。

水瓶座と牡牛座については誰が関わってくるのか。
すべての星座が出揃ったところで物語はどう動くのか。

今後の展開が興味深いところです。

【おわりに】ミステリと言う勿れの鳴子巽(カウンセラー)と星座のアクセサリーの関係・持ち主をネタバレ考察まとめ

ミステリと言う勿れに登場する謎のひとつ、「星座のアクセサリー」についてまとめました。

まだまだ不明な点が多いのですが、これから物語がどのように動くのか、この星座のアクセサリーに注目して読んでみても面白いと思います。

ドラマ「ミステリと言う勿れ」の続きを漫画で読むならe book japan

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

ドラマ「ミステリと言う勿れ」の最終回では、未回収の伏線が回収されないまま終わってしまいました。

続きが気になるという方は、ぜひ原作コミックスを読んでみてください。

ebook japanに初めて登録する方は、半額クーポンがもらえます(※1購入につき最大500円まで、合計6回利用可能)。

半額クーポンを使えば、最大6冊が半額で購入可能です。

ドラマ「ミステリと言う勿れ」の最終回の続きは8巻~です。

ドラマと原作では異なる点があるので、きちんと読みたい方は1巻から読んでみるのも良いと思います。

>>イーブックジャパンでミステリと言う勿れを読む

-ミステリと言う勿れ