【漫画】『四月は君の嘘』ネタバレ感想。演奏シーンの描写はため息がでるほど美しい!

 

ONE PIECE(ワンピース)作者・尾田栄一郎が嫉妬した漫画ということで話題になった「四月は君の嘘」。

原作コミックスは既に完結済で、素晴らしい作品です。

 

このページでは、「四月は君の嘘」の魅力・感想などをまとめました。

 

四月は君の嘘 あらすじ

僕にはモノトーンに見える 譜面の様に 鍵盤の様に

 

かつて天才ピアニストと呼ばれた有馬公正は、母の死を境にピアノを弾かなくなった。

ある日、幼なじみの紹介でヴァイオリニスト宮園かをりと出会い、彼女との出会いが公正に変化をもたらしていく。

モノトーンのような、つまらない日常が次第に色づき始めるように、公正の成長を描いていく感動必至の青春ラブストーリー。

 

『四月は君の嘘』の魅力・おすすめポイント

躍動感あふれる演奏シーン

ヴァイオリンを弾く、宮園かをり

(画像引用:https://prcm.jp/)

 

「四月は君の嘘」の一番のポイントは演奏シーン

クラシックの演奏シーンと言えば、ゆったりとしたイメージを想像するかと思いますが、「四月は君の嘘」ではスピード感や迫力があるシーンも多いです。

時には駆け抜けるように、時には弾むようなメロディを連想させます。

観客達の息を呑む様な表情・ホールの雰囲気まで描くことで、まるでその場にいるかのような緊張感がこちらにも伝わってきます

演奏者の表情や気持ちなどの様々な感情が1つの演奏シーンに詰まっていて、セリフが少ないシーンなのになぜか感情移入してしまうこともあり、見事としか言えません。

ONE PIECEの作者・尾田栄一郎先生もテレビ番組で言っていましたが、漫画が最も苦手とするジャンルである『音楽』を見事なまでに表現しています。

まるで頭の中でメロディが流れるようにページをめくってしまうし、演奏が終了したあと観客が反応するまでの『間』の描写も絶妙。

読みやすいコマ割りやセリフで、テンポ良く読むことができ、物語にぐいぐい引き込まれます。とにかく音楽って、こんなにも素晴らしいものなのかと思わせてくれる作品です。

 

登場人物達のせつない恋模様

「自分の好きな人は、友達のことが好き」という青春漫画によくある恋模様が、「四月は君の嘘」にもあります。

見ていて少しもどかしいような、それでいて応援したくなるような。

ところどころにコメディ要素もあり、読者をくすっと笑わせてくれるのも良いです。

 

「四月は君の嘘」は音楽シーンが魅力ですが、日常的なシーンにも名シーンと呼べるようなものが多数あります。

特に、すれ違う恋を描いている部分は、忘れていた青春を思い出させてくれるかもしれません。

 

主人公の成長と葛藤

かつて天才ピアニストと呼ばれていた有馬公正はピアノを弾かない、というか弾けない状態から物語は始まるわけですが、そんな公正の葛藤が作中ではたくさん描かれています

宮園かをりと出会い、苦しみながらも再びピアノと向き合う公正。

様々な困難に直面しながらも、たくさんの人に出会って支えられて、時にはライバルとして刺激をうけて成長していきます。

「あぁ、わかるなぁ…」と共感する部分もあり、困難を乗り越えていく公正をついつい応援したくなりますね。

 

『四月は君の嘘』の感想

まず、少年漫画なのに少女漫画のような雰囲気もある新川直司先生の描く絵が好きです。

タイトルの意味を考えながら読んでいたのですが、それがわかるのは最終巻を読み終わったあと。まぁ…思わず涙しますね。

前半はピアノを弾けない公正が、悩みながらもまたピアノと向き合っていく姿を見守りながら読み、後半は登場人物たちの恋模様と最終的な結末が気になり、一気読み。

きれいな演奏シーンがところどころにあるので、普段漫画を読むのが苦手な方もスラスラ読むことができると思います。

さらに、キャラクターにしっかりとした個性があり、差別化もされているので、ひとりひとりが魅力的。

一度読みはじめると物語に引き込まれて、時間を忘れさせてくれる作品です。

 

 

現在、月刊少年マガジン連載中の「さよなら私のクラマー」もおすすめ。

 

「さよならフットボール」は、「さよなら私のクラマー」の前作となる漫画。全2巻で完結済です。

 

-感想
-

© 2020 めがねむ(旧めがねっと)|漫画やアニメのことを詰め込んだ趣味ブログ