名探偵コナン・その他マンガのことを中心に色々書いている雑記ブログです

めがねっと

小説

【小説感想】湊かなえの『リバース』は思わず鳥肌が立つ、一気読み必死のヒューマンミステリー

更新日:

2017年の実写ドラマ化でも話題になった、湊かなえさんの『リバース』

書店であらすじを読んで即購入しました。

湊かなえさんといえば、読後にちょっと嫌な気分になるミステリーを書くのが得意ですよね。

イヤミスの女王が書いたヒューマンミステリーということで、読む前から楽しみにしていましたが、一気に読んでしまうほど期待どおりの内容でした。

このページでは、簡単なあらすじや感想をまとめて紹介していきます。多少のネタバレがありますので、ご注意ください。

 

パッと読むための目次

 

 

あらすじ

『深瀬和久は人殺しだ』

事件はこの告発文から始まる。

事務機会社に勤めている深瀬和久。

平凡な彼の唯一の趣味はコーヒーを飲むこと。

ある日の帰宅途中、クローバー・コーヒーというコーヒー豆専門店を見つける。

豆の販売と、コーヒーを飲むこともできるそのお店。

深瀬は毎日のように通っていた。

そこで彼は越智美穂子という女性と出会う。

彼女は近所のパン屋で働いている。

やがて2人は付き合うことになる。

順調に交際していた2人だが、突然、美穂子のもとに「深瀬和久は人殺しだ」という告発文が送りつけられる。

深瀬を問い詰める美穂子。

深瀬には秘密があった。胸のうちに封印していた秘密、それをついに話す時がきた。

それは深瀬の大学時代の話。

3年前、大学時代のゼミ仲間である、村井隆明、谷原康生、浅見康介、広沢由樹と共に2泊3日で斑丘高原へ行き、バーベキューをする事となった。

楽しいはずの旅行中に、ある事件が起こる。

事件の事を聞いた美穂子は深瀬のもとを去り、

そして、深瀬の大学時代のゼミ仲間のもとにも3年前の事件に関する告発文が次々と届く。

一体、誰が何のために告発文を?

真相を確かめる為に動き出す深瀬。

真実を知った深瀬は…。

感想

この本は全て読み終わるまで決して油断しないで下さい。最後まで読み終わったとき、思わず鳥肌がたちました。

ハッピーエンドで終わらない、さすが湊さんの作品だと思いました。

カバーにもなっているが、今回のお話とコーヒーには深い関わりがあります。

作中に登場する、コーヒー店、コーヒー豆、深瀬の淹れるコーヒー。読み終わった後、「全てがそういう風に繋がっていたなんて!」と思うことでしょう。

現代でいうスクールカーストが作中にも登場し、主人公のもつ劣等感や、人の負の部分の感情がリアルに描かれてます。

「親友だと思っていた人物は自分のことをどう思っていたのだろう?」など、友情について考えさせられ、思わず深瀬に共感してしまう部分もある。

そして、こんなにも悲しい出来事があるだろうか。

事実を知った後の深瀬の気持ちを考えると切なくなる一冊です。

 

 

 

-小説
-

Copyright© めがねっと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.