dTV

dTVの月額料金・請求日・支払い方法まとめ

投稿日:

dTVの料金・支払い方法まとめ

 

月額料金が安いと評判の『dTV』

dTVは月額料金が破格なことでも人気の動画配信サービスですが、入会日や解約日を間違えると、たった1日しか使っていないのに月額料金をまるまる支払うことになりかねません。
いくら月額料金が安いといっても、せっかくなら少しでもお得に利用したいですよね。

そこで今回はdTVをよりお得に利用するために知っておきたい、料金システムについて徹底解説します。

下記のような料金に関する疑問をわかりやすくまとめました。

  • いつ入会するのがお得か
  • 締め日や支払い日
  • 支払い方法
  • dTVチャンネルとのセット割について

 

てっとり早く結論を知りたい方はこちら。

要点まとめ

  • dTVの入会は、月の初めがお得(月の初めに契約しても、月末に契約しても料金が変わらないため)
  • dTVは、毎月1日に料金が発生
  • 支払いは、クレジットカード、デビットカード、ドコモ ケータイ払いが可能
  • dTVチャンネルとセットで入会すると割引あり
  • dTVは31日間無料

※紹介している情報は2018年4月5日時点のものです。現在はサービス内容が変わっている場合もありますので、dTV公式サイトにて最新の情報を御確認ください。

dTV

 

 

dTVの月額料金・日割り料金・支払日について

dTVの月額料金は、たった500円(税抜)。
税込でも540円と、動画配信サービスの中でもかなり安いです。

他の人気動画配信サービスと比べれば、いかに破格の値段か分かるはず。
Huluなら月額933円(税抜)、U-NEXTなら1,990円(税抜)なので、とにかく安く動画が見たいという方にはぴったりです。

関連記事dTVとは?サービス内容や実際に使ってみた口コミ・感想まとめ

 

dTVは日割り計算には対応していません
そのため月の初めに入会しても、月末に入会しても月額料金として500円(税抜)がかかります
同じ料金がかかるなら、月初めに入会した方が断然お得ですよね。

31日間の無料期間を利用している方は、無料期間終了の翌日から月額料金が発生します。

たとえば3月20日から無料期間を利用した場合、4月20日で無料期間は終了となり、翌日の4月21日から料金が発生することになります。

dTVの料金システム

この場合は、4月21日~4月末までの短い期間しか利用できないのに、1ヶ月分の利用料金を支払うことになってしまうので、無料期間内に一度解約して、翌月の5月1日から再度利用登録をした方がお得です。

 

dTVの料金請求日・締め日

dTVの月額料金は、入会日もしくは毎月1日に請求される仕組みです。

ドコモケータイ払いを利用している方は、その月の利用料金として加算されますし、クレジットカードやデビットカード支払いを利用している方は、各カード会社の締め日によって口座からの引き落とし日が決まります。

 

dTVの支払い・決済方法

クレジットカード・デビットカード

dTVはNTTドコモが運営しているサービスですが、「dアカウント」というドコモのアカウントを作れば、ドコモユーザー以外でも利用可能です。

ただしドコモユーザーかどうかで、支払い方法は異なります。

ドコモユーザー ドコモ以外のユーザー
  • ドコモケータイ払い
  • クレジットカード払い
  • デビットカード払い
  • クレジットカード払い
  • デビットカード払い

上記の支払い方法から、お好きなものを選ぶことができます。(プリペイドカードは使えません。)

「ドコモケータイ払い」は、ドコモユーザーのみが使える支払い方法で、月々の携帯料金と合わせての支払いが可能です。

ドコモ会員以外は、クレジットカードかデビットカードどちらかでの支払いとなり、プリペイドカードなど他の支払い方法は選べません。

check!

デビットカードとは、使うと自分の銀行口座からお金が自動的に引き落とされるカードのこと。
カードを作るのに審査がなく、15歳以上であれば作れるカードが多いのが特徴です。

18歳未満だったり、審査が通らないなどの理由でクレジットカードを作れないという人は、デビットカードを作ってdTVに入会しましょう。

 

支払いに利用できるクレジットカードの種類

dTVで使えるクレジットカードは、下記の4種類です。

  • VISA
  • JCB
  • MASTER
  • AMEX

ただし、国内で発行されたものでないと使えないので注意しましょう。

 

dTVの有料レンタル(個別課金)について

dTVに入会すれば配信されている動画をすべて観られるのかというと、そういうわけでもありません。
dTVには見放題の動画の他に、別料金を支払ってレンタルできる作品もあります

dTVで配信されている動画は、主に2種類あります。

  • 見放題の動画
  • 有料レンタル(個別課金)動画

有料レンタルの動画を見る場合は、月額料金とは別に料金が必要です。

見る作品によって異なりますが、レンタル作品は一番安いもので100円ほど、高いものだと500円ほどの料金が発生します。

さらに、再生する画質によっても料金が変わり、「標準画質」と「HD(ハイビジョン)画質」の2つから選ぶことができるのですが、HD画質の方が高額です。

基本的に、配信開始したばかりの最新作などは、レンタル料金も高めに設定されています。

 

dTVチャンネルとのセット割でさらにお得

dTVチャンネル

2018年1月30日から、NTTドコモは新しく「dTVチャンネル」というサービスをスタートしました。

dTVチャンネルは海外ドラマや映画、アニメ、バラエティなど30以上のチャンネルで様々な番組を、テレビのようにリアルタイム配信している動画サービスです。

dTVチャンネルはドコモ会員なら月額780円、ドコモ会員以外なら1,280円で利用できます。
こちらも初回7日間は無料で、2018年4月現在は31日間無料キャンペーンを実施中です。

公式31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

dTVとdTVチャンネルをセットで申し込めば、ドコモユーザーは月額980円、ドコモユーザー以外でも月額1,480円で、両方のサービスを楽しめます。

少しわかりやすく、表にまとめました。

  月額料金(税抜)
ドコモユーザー ドコモユーザー以外
dTV 500円 500円
dTVチャンネル 780円 1,280円
dTV
dTVチャンネル
1,280円

980円
1,780円

1,480円

セット割を利用せずdTVとdTVチャンネルに入会した場合、ドコモユーザーなら月額1,280円、ドコモユーザー以外は1,780円かかるので、セットで入ればどちらも300円お得です。

 

dTVを31日間無料で利用する方法

dTVに初めて入会すると、31日間の無料視聴期間が与えられます
入会すれば自動的に適用されるので、特に31日間無料で見るための設定などをする必要はありません。

31日間が経過すると翌日から自動的に月額料金がかかってしまうので、有料で利用したくないという人は、無料期間の最終日までに忘れず退会するようにしましょう。

 

dTVの料金・支払い方法 まとめ

まとめ

  • 月額500円(税抜)で利用できるが、日割り計算はできない
  • 料金請求日は毎月1日、もしくは入会日
  • クレジットカード、デビットカード支払いが可能(ドコモユーザーはキャリア決済もOK)
  • レンタル作品を見ると別料金が発生するので注意
  • dTV+dTVチャンネルとのセット割りがお得
  • dTVは31日間無料体験ができる

dTVは月額500円(税抜)で12万本以上の動画を視聴でき、初めて登録する人には31日間の無料期間も設けられているなど、お得なサービスですが入会日には要注意。

日割り計算には対応していないので、入会日が1日でも31日でも関係なく月額料金が請求されてしまいます。

お得に利用するためには、なるべく月の始めに入会するようにしましょう。

※紹介している情報は2018年4月5日時点のものです。現在はサービス内容が変わっている場合もありますので、dTV公式サイトにて最新の情報を御確認ください。

 

 

-dTV
-

Copyright© めがねっと , 2018 All Rights Reserved.