「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されましたネタバレあらすじ・最終回の結末予想

「「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されましたネタバレあらすじ・最終回の結末予想」のアイキャッチ画像

人気小説をコミカライズした漫画「「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されました」。

かなり長いタイトルの漫画で、とても印象的です。

このページでは、「「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されました」のあらすじをネタバレありでまとめました。あわせて、主観ですが今後の展開・最終回の結末も予想しています。

読めるのはコミックシーモアだけ

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

コミックシーモアで無料試し読みする

無料試し読みなら
会員登録なしで今すぐ読める

「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されました 1話のあらすじネタバレ

薬草工房をクビになってしまった、主人公のルジェナ・レジェク。

魔女の家出身にも関わらず、魔力を持たなかったルジェナは、たびたび「赤毛の役立たず」とさげすまれていました。

魔女だったルジェナの母と祖母は、村で万能薬を作っていたのです。

しかし、2人は亡くなり、ルジェナは前の工房長に引き取られました。

前工房長が引退してから、その息子のダリミルが工房長はを務めていたのですが、ダリミルはたびたびルジェナをバカにしていたのです。

ダリミルがルジェナにクビを言い渡したのにも理由がありました。

同僚のリリアが、ルジェナに仕事の成果を横取りされたとウソの告発をしたのです。

そのうえ、同じく同僚のフランツも、ルジェナの仕事の尻ぬぐいをしていたことを本人の前で伝えました。

仕事ができていなかったことにショックを受けて、クビを受け入れたルジェナ。

しかし、フランツの申し出により、ユスの実をかごいっぱい採ってこれたら、次の仕事が決まるまで工房で寝泊まりしてもいいという許可がでました。

季節外れの今の時期にユスの実が取れるわけない…そう思ったルジェナですが、実を探しに出かけます。

森の中でケガをして、凍死しかけていたルジェナの前に現れたのは、エーリクという男性で…。

\1話はこちら/

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

>>コミックシーモアで「赤毛の役立たず」の1話を無料試し読みする

「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されました 2話のあらすじネタバレ

見知らぬ部屋で目を覚ましたルジェナ。

近くにいたミレナという女性は、ルジェナが目を覚ましたことに気づき、エーリクを呼びに行きました。

その知らせを聞いて飛んできたエーリクと、従者のクルト。

触診し、薬を調合すると言っていたエーリクの言葉から、ルジェナはエーリクがお医者さんではないかと予想しました。

そしてルジェナの体調が回復したある日、エーリクから大事な話があると切り出され…。

>>コミックシーモアで「赤毛の役立たず」の2話を無料試し読みする

「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されました 3話のあらすじネタバレ

エーリクはルジェナと話していく中で、ルジェナに薬草の知識があることに気づきました。

そして、工房をクビになった理由、森に倒れていた理由を聞き、激怒します。

話を聞いたうえでエーリクは、ルジェナに研究所の所員として働かないかと持ち掛けました。

エーリクは、魔力を使わずに万能薬を作るという目標を持っていたのです。

自分の薬草の知識を認められたルジェナは、エーリクに協力することにしました。

さらにエーリクは、もうひとつルジェナに頼みたいことがあると言います。

エーリクの頼みとは…。

>>コミックシーモアで「赤毛の役立たず」の3話を無料試し読みする

「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されました 4話のあらすじネタバレ

エーリクに、婚約者のフリをしてくれないかと提案されたルジェナ

過去、エーリクは親に婚約を進められましたが、結婚よりも研究に没頭したいがために断ったのです。

その話を聞いたルジェナは、エーリクの頼みを引き受けることにしました。

さっそく婚約者としての生活がスタートしますが、あまりの待遇の良さに驚きを隠せません。

一方、ダリミルの工房では薬の製造量が激減していました。

原因はルジェナが辞めたことによる労働力の不足

薬を買い付けにくる商人に上から目線で話をされたダリミルは、内心イラっとします。そして、従業員を馬車馬のように働かせようとするのです。

そこでダリミルは、今までのルジェナの働きぶりを聞き、クビにしたことを後悔します。

今からでもルジェナを連れ戻して欲しいと従業員に懇願されるのです。

ルジェナは、研究室での勤務がスタートします。

少し不安はありましたが、エーリクの励ましにより、薬を作ってみることに…。

>>コミックシーモアで「赤毛の役立たず」の4話を無料試し読みする

「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されました 5話のあらすじネタバレ

エーリクの前で、簡単な熱冷ましを作ることになったルジェナ。

ルジェナは、薬草ひとつひとつの育ち具合を見抜き、的確な分量を量りも使わずに調合していました。その腕前は、エーリクも絶賛するほど

ダリミルの薬草工房では、ルジェナの抜けた穴が予想外に大きかったことを痛感していました。

ルジェナの抜けた穴をうめるため、5人雇い、工房をもとの状態に戻そうと考えます。

ひと段落ついたエーリクとルジェナはお昼ご飯を食べることに。

その際に、エーリクから護衛騎士のベルナルド・レフ・ウードリーを紹介されます

ルジェナは、エーリクの爵位が気になっており、思い切って質問してみました

するとエーリクとベルナルドの口からは予想外の言葉が飛び出し、ルジェナは驚愕するのです…!

>>コミックシーモアで「赤毛の役立たず」の5話を無料試し読みする

展開予想

第5話では、ルジェナが働いていた工房の様子が描かれていましたが、工房長のダリミルの今後の動きも気になりますね。

ルジェナの代わりに5人雇おうと考えていたダリミル。

しかし、5人雇ったところでダリミルの思ったとおりにはならず、結局ダリミルがルジェナを連れ戻しにかかるという展開になるのでは?と予想しています

嫌がるルジェナを強引に連れ戻そうとして、エーリクとひと騒動ありそうですね。

あとは、フランツの言葉の真意がまだわからないままなので、その辺も近々明らかになるのではないでしょうか

  • フランツは、ルジェナに何が足りないと言いたかったのか
  • フランツがユスの実を採ってくるよう提案したのはなぜなのか

フランツに態度を見る限り、悪気があってルジェナに接しているわけではなさそうなので、何か訳があるのかもしれません。

「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されました 6話のあらすじネタバレ

エーリクの身元を知り、驚愕するルジェナ。同時に、エーリクの母が薬師だったと聞き、共通点の多さに嬉しくなります

しかし、エーリクの母は出産後すぐに亡くなっており、幼いエーリクはバルツァル家に引き取られました。ベルナルドと知り合ったのもその頃だったそう。

ルジェナは、婚約者としての立ち振る舞いを身に着けるべく、しばらくミレナとマナーのレッスンをすることになりました。

そして、ついにルジェナ付きのメイドさんとも初対面を果たします。

ルジェナ付きのメイドに任命されたのは、ヨハナという女性。物事をハッキリ言うタイプで、遠慮がちなルジェナに対して、遠慮は不要とキッパリ伝えます。

場面は変わり、エーリク、ミレナ、ベルナルドが集まった話し合いの場。

3人はルジェナの今の様子や今後について話し合います。

話の中でエーリクは、宮廷薬師のコスタロヴに娘との結婚を強要されていることが明らかになりました。その結婚の話から逃げるために、現在の研究所を作り、ルジェナと婚約した(婚約者のフリですが…)のです。

エーリクはルジェナのことを相当気に入っているのですが、エーリク自身にその自覚はありません。話を聞いていたミレナとベルナルドが、思わずあきれてしまうほど自分の気持ちに鈍感なようで…。

>>コミックシーモアで「赤毛の役立たず」の6話を無料試し読みする

「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されました 7話のあらすじネタバレ

王都にある薬草工房に無理やり修行に出されていたダリミル。

一か月前。突然、父の代わりに実家の小さな薬草工房を任されることになりました。

ダリミルは、自分の置かれた状況にイラつきますが、なんとか自分の役目を果たそうとします。

ある日、自分でも見分けが難しい薬草を簡単に当てたルジェナが気に入らないダリミルは、ルジェナにきつくあたるように

しかし、ルジェナを困らせたかっただけのダリミルに対し、無理難題を出してルジェナが出ていくように仕向けたのはフランツです

ダリミルは、フランツの真意がわからず...

一方、万能薬の研究をするルジェナとエーリク。

ルジェナが話すおばあちゃんの話から、万能薬についてヒントを得ます

みんなが優しくしてくれる環境に感激しながら、自分に与えられた日課をこなすルジェナですが、何故かドレスアップさせられて...

今後の展開予想

第7話ではダリミルの生い立ちが明かされましたね。

父親に振り回されて可愛そうな部分もありますが、やはりルジェナに対する態度は許せません。

ルジェナがいなくなって困っているので、ルジェナをまた工房へ引き戻そうとするのではないでしょうか

それをエーリクがかっこよく阻止してくれるのを期待します!

そしてフランツにも何かありそうですね。

劣悪な環境で働かされるルジェナのために、敢えて無理難題を出し工房を逃げ出すきっかけを与えたのでは...と予想しているのですが。

しかし実際、ルジェナは死にかけたので、恨みゆえの行動かもしれません。

まだまだ本心が見えないフランツの過去も、この先明かされていくでしょう

そして、コスタロヴも今後エーリクたちの邪魔をするために何かしら仕掛けてきそうです。

おそらく、エーリクが婚約したという手紙が届いて、気が気ではないと思われます。なんせ、エーリクが本当に結婚してしまったら、自分の計画がすべて崩れてしまうわけですから。

コスタロヴは何としてでも、エーリクとルジェナの婚約を邪魔するでしょう

>>コミックシーモアで「赤毛の役立たず」の7話を無料試し読みする

「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されました 8話のあらすじネタバレ

ダンスを楽しむルジェナとエーリク。

エーリクは、春から一緒に王都に来てほしい、とルジェナを誘います

戸惑いもはあるものの、春からもエーリクと一緒にいられることに喜びを感じるルジェナ。

一方、ダリミルの工房には突然父がやってきて怒っています

どうやら、ダリミルが人を増やしたり納品数を減らしていることを父親に告げ口している人物がいるよう。

工房の荒れた様子を見て、ルジェナを甘やかすなと怒る父親に、すでにルジェナが辞めていることをつげるダリミル

すると、父親は更に激怒して…

今後の展開予想

ルジェナとエーリクが幸せそうで良かったです。

まだ返事はしていませんが、きっとルジェナは一緒に王都に行くでしょう

そこで、コスタロヴとも対面することになるのではないかと予想しています。

コスタロヴは、ルジェナのことを邪魔に思っているはずなので、王都から追い出そうと画策するのではないでしょうか。

ただ、王都に行く前後で、ダリミル達に工房に一度連れ戻されるかもしれません。

今回登場したダリミルの父がかなりの曲者だったので、手段を選ばずルジェナを取り返そうとすると思います。

そして、ダリミルの父に工房の情報を流していたのはフランツではないでしょうか。

ルジェナが辞めたことは意図的に隠していたと感じるので、何が目的なのか気になります!

>>コミックシーモアで「赤毛の役立たず」の8話を無料試し読みする

「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されました 9話のあらすじネタバレ

父親にルジェナを取り戻すように命じられ、戸惑うダリミル

その頃。ルジェナは一緒に王都に行ってほしいというエーリクの言葉に動揺しながらも、ダンスの余韻に浸っていました。

エーリクもルジェナの返事が気になって落ち着かない夜を過ごしています。

ベルナルドとエーリクは酒を飲みながらコスタロヴの話に。

「平民には薬を与えなくてもいい」というほど平民を毛嫌いしていたコスタロヴ。

エーリクは改めて、平民でも誰でも使える万能薬を完成させ、好きな相手と結婚するのだと決意を口にするのでした

翌朝。ついに万能薬を完成させるヒントが見つかったというエーリク

「コプシバから眠りの作用を引き出す薬草」を探していて徹夜していたようです。

ルジェナは、疲れ切ったエーリクの代わりに薬草探しを引き継ぐことにしました

一方。ダリミルは、薬の質が悪すぎるため、業者に買い取ってもらうことができずにいました...

今後の展開予想

コスタロヴは本当に最低ですね。

平民には薬を与えなくていいなんて、平民は死んでもしょうがない存在だと言っているのと同じだと思うのですが。

エーリクがコスタロヴに利用されないためにも、ルジェナには婚約者として王都に行ってほしいです!

ダリミルがやっとルジェナがいないことを後悔し始めたのはいい気味。

ルジェナを必死に探すことになると思いますが、居場所がバレるとしたら行商人からでしょうか

エーリクの別荘へ出入りしている宿屋にはいろんな行商人が出入りしているようなので、ダリミルの工房に出入りしている行商人もいるかもしれません。

王都へ行く前にダリミルが別荘に乗り込んでくるのでは...と予想しています。

せっかく平和に暮らしているので波風を立ててほしくないですが、ダリミルがルジェナに謝って「工房に戻ってほしい」と頼み込む姿は見てみたいですね。

>>コミックシーモアで「赤毛の役立たず」の9話を無料試し読みする

「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されました 10話のあらすじネタバレ

作成後に追記します。

>>コミックシーモアで「赤毛の役立たず」の10話を無料試し読みする

「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されました 11話のあらすじネタバレ

作成後に追記します。

>>コミックシーモアで「赤毛の役立たず」の11話を無料試し読みする

「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されました 最終回の結末予想

まだ連載が始まったばかりなので、最終回の結末は現時点では不明です。

ただ、原作小説のとおり進むのであればハッピーエンドで終わります

原作小説の結末は、こちらで無料で読めますので、気になる方は読んでみてくださいね。
>>小説家になろう連載ページへ

まとめ

「「赤毛の役立たず」とクビになった魔力なしの魔女ですが、「薬草の知識がハンパない!」と王立研究所に即採用されました」第1話~最新話までのあらすじをネタバレありでまとめました。

不幸な環境から、恵まれた環境へ移れたルジェナ。今後、ルジェナがどんな困難を乗り越えていくのか、どこまで幸せになるのか楽しみですね!

今後も最新刊が出るたびにネタバレや展開予想を追記予定です。

読めるのはコミックシーモアだけ

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

コミックシーモアで無料試し読みする

無料試し読みなら
会員登録なしで今すぐ読める

-電子書籍サイト・電子書籍