ワールドトリガーのアニメがひどい!作画崩壊?つまらないと言われる4つの理由

「ワールドトリガーのアニメがひどい!作画崩壊?つまらないと言われる4つの理由」のアイキャッチ画像

ワールドトリガーのアニメが「ひどい」「つまらない」というウワサが広まっていますが、本当なのでしょうか?

この記事では、

  • ワールドトリガーのアニメがひどいと言われる理由
  • 2期から良くなった、面白いと言われる理由
  • アニメ版ワールドトリガー3期の内容と4期の予定

などをまとめました。

結論から言いますと、ワールドトリガーのアニメは1期の作画が良くなかっただけでなく、複数の理由から「ひどい」と評価されているようです。

「ウワサの理由が知りたい」「アニメ4期はいつからか気になる」という方はぜひ参考にしてみてください。

ワールドトリガーのアニメがひどいって本当?

結論から言いますと、ワールドトリガーのアニメがひどいというウワサはおおむね事実です。

ひどいと言われる理由としては、「作画が崩壊している」「アニオリがつまらない」など、アニメを実際に観たファンの厳しい評価が関係しています。

筆者自身もワールドトリガー原作を読んだ上でアニメを観ていたのですが、途中で見るのを一時断念してしまった記憶があります…。

ただ、アニメから観始めた人の中には、違和感なく楽しめている人もいるようです。

アニメを楽しんでいる人もいるため、ウワサは100%事実とは言えないものの、多くのファンがワールドトリガーのアニメを厳しく評価をしています。

ワールドトリガーのアニメがひどい・つまらないと言われる4つの理由

ワールドトリガーのアニメがひどい理由を探るイメージ画像

ワールドトリガーのアニメがひどい・つまらないと言われる理由には、以下の4つが挙げられます。

  • アニメ1期の作画がひどい
  • 引き伸ばしが多くテンポが悪い
  • アニメオリジナルストーリーがつまらない
  • アニメ1期が長い

アニメ1期の作画がひどい

アニメ1期の作画が崩壊していることは、ファンの間では有名な話です。

放送当時Twitter(現X)には、ひどいと言われる作画の画像がたくさん上がり、原作との比較画像を載せる人もいるほどでした。

そもそもワールドトリガーは原作の解像度が高いため、比較されやすいというのもあるのかもしれません。

しかし、ファンとしては待望のアニメ化で「ついに動く姿が観られる!」と楽しみにしていた中で、顔が崩れていたり、ディテールを簡潔に処理されていたりしたら、相当ショックを受けてしまいますよね。

ただ、ワールドトリガーのアニメの作画がひどいのは1期だけで、現在はかなり改善しています。

以上より、アニメ1期の作画が崩壊していたため、ワールドトリガーのアニメがひどいと言われているのです。

引き伸ばしが多くテンポが悪い

https://twitter.com/r_zo_/status/1360082193247207426?s=46&t=z0UEMs1wckW9xmmUvzUmuw

引き伸ばしが多くテンポが悪いというのも、ワールドトリガーのアニメがひどいと言われる理由となっています。

漫画をアニメ化するにあたって、原作との調整を図るために場面の引き伸ばしをするのはよくあることかと思います。

ワールドトリガーのアニメも調整を図るために引き伸ばしが多用されていたわけですが、戦闘シーンが異様に長かったり、同じ作画を使いまわしたり、観ていて「ひどい」と感じたファンは少なくありません。

ジャンプ系の作品はテンポよく展開していくのが面白いはずなのに、引き伸ばしてしまったら元も子もないですよね。

引き伸ばしが多くテンポが悪かったために、ワールドトリガーのアニメはひどいと言われてしまう結果となりました。

アニメオリジナルストーリーがつまらない

ワールドトリガーのアニオリがつまらないというのも、ファンの間では有名な話です。

アニオリのストーリーに至るまでに、主人公たちが出来るようになったことが出来なくなっていたり、すでに乗り越えたはずの壁にまた手こずっていたりなど、「またそれ見せるの?」と多くのファンを困惑させる内容でした。

加えて、1・2話程度では終わらず、1クール丸ごと(1期49話~63話)アニオリだったこともファンも萎えさせる要因となりました。

筆者も配信でアニオリを流し観したのですが、空閑のブラックトリガー使用以外は熱い展開もないため、正直飛ばしても良いと思いました。

アニオリがつまらないという理由から、ワールドトリガーのアニメはひどいと言われているのです。

アニメ1期が長い

ワールドトリガーのアニメは、1期が全73話と長すぎることからもひどいと言われています。

これから観る人にとって73話はかなりの数であり、途中で断念してしまう人も少なくありません。

ただ、1期の中にはアニオリも含まれているため、アニオリ(1期49話~63話)を飛ばせば多少は楽になると思います。

以上の理由から、ワールドトリガーのアニメは1期が長すぎることから、ひどいと言われています。

ワールドトリガーのアニメは2期から高評価!良くなったと言われる2つの理由

ワールドトリガーのアニメが良くなった理由のイメージ画像

ワールドトリガーのアニメがひどいといわれているのは1期だけで、2期からはかなり改善したと言われています。

理由としては、以下の2つが挙げられます。

  • 作画がかなり良くなった
  • ストーリーが面白い

作画がかなり良くなった

ワールドトリガーのアニメは2期から作画が飛躍的に良くなりました

制作会社は変わっていないものの、ファンの中には「制作会社変わった?!」と言う人もいたほどです。

具体的には、キャラの顔が整ったのはもちろん、背景や光の演出もより美しくなりました。

2期、3期と回を重ねるにつれてどんどん良くなっていき、最近では「ワールドトリガーの神作画」をXに投稿するファンも増えるほど、作画が良くなったと言われています。

ストーリーが面白い

そもそもアニメ2期にあたる原作の展開が面白いというのも、ワールドトリガーのアニメが「2期から良くなった」と言われる理由となっています。

具体的には、ワールドトリガーの人気キャラであるヒュースが玉狛に入るのがアニメ2期からであり、B級ランク戦が本格始動し主人公たちが力をつけていくのも2期からです。

相手の裏の裏まで考える心理戦が面白い、チームごとのキャラのやりとりが面白いなど、ワールドトリガーの醍醐味が味わえるのが2期からと言っても過言ではありません。

だからと言って、2期から観れば良いというわけではないのが難しいところで、「1期は原作漫画、2期からはアニメ」をおすすめしている人も多いです。

ワールドトリガーのアニメは3期まで放送済み!4期は未定

ワールドトリガーのアニメ4期は未定のイメージ画像

ワールドトリガーのアニメは、2024年現在で3期まで放送されています。

原作漫画で言うと、22巻の196話(の途中)までが放送済みです。

内容としては、B級ランク戦ラウンド8が終了、玉狛第2の面々たちは二宮隊に勝利し、チームワークと個々の力を手に入れました。

この後は「遠征選抜試験編」に突入していくわけですが、原作漫画も遠征選抜試験編の真っただ中のため、ワールドトリガーのアニメ4期はまだ先になるのではないかと予想されています。

【おわりに】ワールドトリガーのアニメがひどい!作画崩壊?つまらないと言われる4つの理由まとめ

ワールドトリガーのアニメがひどいと言われる理由について解説してきました。

ひどいと言われる理由には、

  • アニメ1期の作画がひどい
  • 引き伸ばしが多くテンポが悪い
  • アニメオリジナルストーリーがつまらない
  • アニメ1期が長い

の4つが挙げられ、2期から良くなったと言われる理由には、

  • 作画がかなり良くなった
  • ストーリーが面白い

の2つが挙げられることが分かりましたね。

ワールドトリガーのアニメについては、人それぞれ好みや作品に対する熱量が異なるため、賛否両論出てしまうのは仕方ないことなのかもしれません。

原作自体は「弱者でも頭脳とチームワークで強者に勝てる」ということを体現した、かなり面白い作品なので、1期を観るのをためらっている人は漫画をおすすめします。

4期は現在のところ未定ですが、遠征選抜試験編も心理戦が熱い内容になっているため、今から放送が楽しみですね。

-ワールドトリガー