ウィンドブレーカーの漫画は打ち切り?完結?パクリが理由って本当?

「ウィンドブレーカーの漫画は打ち切り?完結?パクリが理由って本当?」のアイキャッチ画像

「ウィンドブレーカー 漫画」と検索をかけると、パクリ疑惑や打ち切り、完結というキーワードが出てきます。

気に入った漫画を検索して「打ち切り」や「完結」というキーワードが出てくると、え?打ち切り?完結?パクリ?どうして?という気持ちになりますよね。

アニメ化する程の人気漫画ウィンドブレーカーですが、打ち切りや完結の噂が出てしまっているのはパクリが理由なのでしょうか?

こちらの記事では

  • ウィンドブレーカーの漫画はパクリが原因で打ち切り完結になったのか?
  • ウィンドブレーカーの漫画が打ち切り完結と言われた理由
  • 今後打ち切りになる可能性はあるのか?
  • いつ完結するのか?

などをまとめました。

結論を言うと、ウィンドブレーカーの漫画が打ち切りや完結などしない理由は、ヤンキー漫画特有の展開が他作品と似ているだけでパクリではないからです。

ウィンドブレーカーの漫画はパクリが原因で打ち切り完結?

結論から言いますとウィンドブレーカーの漫画は、パクリが原因で打ち切りになったり、完結を迎えたりすることはありません

パクリ疑惑の出ている対象が東京リベンジャーズなのですが、ウィンドブレーカーも王道のヤンキー漫画です。

パクリというよりも「ヤンキー漫画あるある」で展開が似ていると思われてしまったからです。

近年のヤンキー漫画で一番人気があり、アニメ化や実写映画化などで人気を得たのが東京リベンジャーズでした。

ウィンドブレーカーもヤンキー漫画である理由から読者に比較されてしまったのです。

ウィンドブレーカーの漫画は展開が似ているヤンキー漫画でありパクリではない為、打ち切りや完結などの予定はありません。

ウィンドブレーカーの漫画が打ち切り完結と言われた3つの理由

「教室の机と椅子と黒板」のイメージ画像

ウィンドブレーカーの漫画が打ち切り完結と言われた理由は3つあります。

  1. よくある王道漫展開の漫画でつまらないという意見があったから
  2. 過去にあったヤンキー漫画のパクリではという声があったから
  3. 「ウィンドブレーカー」と検索すると「打ち切り」と出てくるから

それでは順番に見ていきましょう。

よくある王道展開の漫画でつまらないという意見があったから

ウィンドブレーカーの漫画が打ち切り完結と言われた理由の1つ目は、ヤンキー漫画特有であるケンカの王道展開が先読みできてしまう事がつまらないという読者がいたからです。

ウィンドブレーカーはヤンキー漫画なので、敵対心からのケンカからの友情といった先読みできる展開が多く成り立っています。

ジャンルが少年誌の為「わかりやすいヤンキー漫画設定」で裏社会や設定が危なすぎるキャラクターは今の所出てきません。

王道すぎる学園ヤンキー漫画であるウィンドブレーカーは、追加される要素が無い事からつまらないから打ち切られる?完結する?と思われてしまったのです。

過去にあったヤンキー漫画のパクリではという声があったから

ウィンドブレーカーの漫画が打ち切り完結と言われた理由の2つ目は、漫画で完結を迎えた東京リベンジャーズのパクリ疑惑が出ているからです。

ウィンドブレーカーと東京リベンジャーズ、なぜこの2つが比べられたかと言うと、ヤンキー漫画だからの一択です。

パクリ疑惑は出ておりますが、ヤンキー漫画という事が類似しているだけで比較されてしまっています。

「学園ヤンキーバトル漫画」のウィンドブレーカーと「タイムリークするヤンキー漫画」の東京リベンジャーズでは、パクリと言えない程内容が違う漫画です。

漫画で完結を迎えた東京リベンジャーズの読者が、ウィンドブレーカーに流れ込みヤンキー漫画というだけでパクリ疑惑が浮上し、打ち切りや完結の噂も同時に広まったと考えられます。

「ウィンドブレーカー」と検索すると「打ち切り」と出てくるから

ウィンドブレーカーの漫画が打ち切り完結と言われた理由の3つ目は「ウィンドブレーカー」というワード検索で「打ち切り」というキーワードが出てくるからです。

ウィンドブレーカーの漫画読者からすると、衝撃的なキーワードである「打ち切り」ですが、全てはパクリ疑惑からの「打ち切り」や「完結」のキーワードになると考えられます。

作者の前作である「男子バド部に女子が紛れてる」が全5巻で完結している事からウィンドブレーカーも短い内容で打ち切られ完結するのではという心配がされました。

ウィンドブレーカーの漫画は、パクリ疑惑や前作が短命な事から「打ち切り」のキーワード表示が読者の、完結や打ち切りの心配をあおってしまったのです。

漫画「ウィンドブレーカー」が今後打ち切りになる可能性はある?

「路地裏と落書き」のイメージ画像

漫画「ウィンドブレーカー」は今後も打ち切りになる可能性はございません。

漫画の最新刊は2024年5月9日に17巻を発売しており、講談社の漫画アプリ「マガジンポケット」でしか読めない人気の漫画です。

アニメ化で単行本が増刷されるなどの人気なので、ウィンドブレーカーの漫画が打ち切りになる要素がありません。

ウィンドブレーカーの漫画は、パクリ疑惑で打ち切りや完結の噂が出ましたが、パクリでは無かったため打ち切りにもなりませんし、パクリ疑惑の為に完結を迎える事もありません。

同じ講談社で週刊少年マガジンで掲載されており、比較対象とされていた東京リベンジャーズが完結しております。

今現在ヤンキー漫画ファンはウィンドブレーカーに期待しているので、打ち切りの可能性は無いと言えます。

漫画「ウィンドブレーカー」はいつ完結しそう?

「夜の商店街」のイメージ画像

漫画ウィンドブレーカーは2024年現在調べた所、完結の予定はありませんでした。

現在もマガジンポケットで連載中になり、単行本の発行は2か月から3か月に1冊というペースで発行されています。

2024年5月9日に最新刊17巻を発売しているので、次巻にあたる18巻は7月か8月には発売の予定となるでしょう。

17巻では風鈴vs元風鈴が燃えに燃えてる状態で、18巻に続きます。

作者である、にいさとる先生が元気で事故や事件に関わる事無く、このまま今まで同様に一度も休載することも無くマガジンポケットで連載を続けていけば、まだまだ終わりが見えない漫画ウィンドブレーカーです。

現在のストーリーからも、まだまだ主人公が成長期の為、完結は遠い未来になると予想します。

まとめ

ウィンドブレーカーの漫画が打ち切り?完結?パクリが理由って本当?についてまとめてみました。

下記3つが「打ち切り」「完結」「パクリ」についての答えとなります。

  • ヤンキー漫画読者はウィンドブレーカーに期待しているので「打ち切りの可能性は無い」
  • 現在のストーリーからもまだまだ主人公が成長期の為「完結は遠い未来になると予想」
  • ウィンドブレーカーは展開が似ている王道ヤンキー漫画あるあるで「パクリでは無い」

ウィンドブレーカーの漫画に打ち切りや完結の予定は無く、パクリ疑惑も含めて読者の期待の表れでした。

古くから愛されるヤンキー漫画、湘南爆走族、今日から俺は!、クローズ、カメレオン、東京リベンジャーズ、などなどこれまで多くのヤンキー漫画が世に出されました。

ヤンキー漫画の王道展開を知りつつも読みたくなる男の意地と根性の世界は、今の時代に合ってない世界観でもとても人気があります。

いまどきケンカなんてする学生がいなくても、人気があるヤンキー漫画はこれからの未来も男の意地と根性を引き継いでゆくのでしょう。

-打ち切り・完結のウワサ