うちの弁護士は手がかかる原作は漫画・小説・韓国ドラマ?脚本家は誰?

「うちの弁護士は手がかかる原作は漫画・小説・韓国ドラマ?脚本家は誰?」のアイキャッチ画像

2023年10月~12月まで放送していたフジテレビ系列、金曜21時ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」。

主演が、個性派大人気俳優のムロツヨシさん、共演者に平手友梨奈さんの出演が話題をよんでいましたね。

ムロツヨシさん主演のドラマはハズレなしです!

ドラマのタイトルを見てコメディーなのかシリアスなのか、原作はあるのかなど、気になっている方もいるのではないでしょうか。

「うちの弁護士は手がかかる」のドラマに原作はありません。脚本家による完全オリジナルドラマです。

このページでは

  • ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」に漫画・小説・韓国ドラマなどの原作はあるか?
  • 脚本家は誰か?
  • どんなドラマか?

についてまとめました。

「うちの弁護士は手がかかる」
\ 見逃し配信はFOD /

ドラマ / アニメ はFOD テレビ見逃し配信や動画が見放題

ドラマ / アニメ はFOD テレビ見逃し配信や動画が見放題

FujiTV無料posted withアプリーチ

ドラマ「うちの護士は手がかかる」に原作はある?漫画や小説、韓国ドラマ?

ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」に原作はありません。

完全オリジナルドラマです。

内容が、リーガルエンターテイメントなので、漫画や小説の原作があるのでは?と噂になっていました。

また、弁護士を題材にしたお話ということもあり、韓国ドラマのリメイクなのでは?という噂も流れていましたね。

しかし、ドラマの公式サイトでは、原作はなく脚本家による完全オリジナルドラマと発表がありました。

ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」の脚本家は誰?

ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」の脚本を務める脚本家は、服部隆さんです。

服部隆さんは、1982年生まれの脚本家さん

テレビドラマの脚本を中心に手掛けていますね。

服部隆さんの手掛ける脚本は、内容がサスペンスのものが多いイメージがあります。

主に手掛けた作品は下記の通りです。

服部隆さん代表作品

  • 猫探偵の事件簿(2018年~2020年 NHK BCプレミアム)
  • 警視庁捜査一課長season5(2021年 テレビ朝日)
  • サムライカアサン(2021年 日本テレビ)
  • じゃない方の彼女(2021年 テレビ東京)
  • もしも、イケメンだけの高校があったら(2022年 テレビ朝日)

今まで担当してきた作品はシンドラ枠が多いようですね。

また、全話の脚本を担当することは少なかったため、全話の脚本を務める作品は珍しいと思います。

服部隆さんの手掛ける作品でリーガルエンターテイメントは初です。

ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」 第1話のあらすじネタバレ

ムロツヨシさん演じる主人公・蔵前勉は、長年、人気女優さんのマネージャーとして、ありとあらゆる仕事をこなし、裏方として支えながら、苦楽を共にしていました。

ですが、突然、残酷なほどきれいさっぱりマネージャーの仕事をクビになってしまい、途方に暮れてしまいます

すべてを失って絶望し、人生の迷路に迷い込んでしまった主人公ですが、あることがきっかけで、弁護士事務所を訪れることに。

話がトントン拍子に進み、弁護士事務所で新人弁護士のパラリーガルとして働くことになった蔵前

この弁護士事務所には個性豊かな人々が働いています。

なかでも、平手友梨奈さん演じる新人弁護士・天野杏は、エリートではありますがクセが強いところがウィークポイント。

蔵前は新人弁護士・天野と出会ったことで、再び新たな挑戦を始めます。

バディとして仕事に取り組む2人への初めての依頼は、主人公と関わりの深いテレビ局で働く人からのハラスメントに対する訴え

実際に法律に則って進めていくわけですが、その中でとても高い壁にぶつかります。

ハラスメントで苦しんでいる人が少しでも良くなるためにどうすればいいのか、現実問題として厳しいことも突き付けられながら、選択し、未来へと向かっていきます。

ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」 第2話のあらすじネタバレ

経費を巡って言い争う天野と香澄、天野名義のSNSで営業活動しようとする蔵前の元へ、依頼人・若宮翔子が訪れます。

翔子は、中学時代に息子の若宮円(わかみやまどか)をいじめた元同級生・合田修吾(ごうだしゅうご)を訴えたいと希望。

合田は人気動画配信者で、天野も円や合田の元クラスメイトでした。

中学時代の天野はいじめを止めようとしますが、教師を含め全員から相手にされず、円は7年間引きこもっていました。

依頼を受け、円と再会する天野。

会おうとしない円を天野は叱咤し、円自身も合田を訴えたいと決意します。

蔵前が同窓会を企画し、当時の証言を得ようと動いた結果、訴訟に持ち込める証拠写真の入手に成功。

写真には、円が合田たちから受けた「葬式ごっこ」の様子が写っていたのです。

しかし合田には天野法律事務所の弁護士、海堂がついていました。

海堂は、翔子が合田にネットで誹謗中傷していた事実をつきとめ、痛み分けにしようと持ちかけてきます。

翔子のため、訴訟を諦める円。

けれどいじめが許せない天野と蔵前は、再び同窓会と称してかつての教室にクラスメイトと担任教師を集めます。

合田をはじめとしたクラスメイト達に向かい、「葬式ごっこ」は過去に自殺者も出していて、れっきとした犯罪行為だと主張する天野。激昂する蔵前。

その場に現れた円に対し、天野はクラスメイトを訴えることができると告げます。

円の結論は、許さないが訴えない、前に進むというものでした。

合田たちは円に謝罪。

円は天野と蔵前に感謝を告げ、社会復帰に向けて踏み出しました。

ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」 第3話のあらすじネタバレ

香澄法律事務所に、10才の少年・樋口翔が訪ねてきます。

母を殴って逮捕された父を弁護して欲しいと告げ、高価な腕時計を天野へ渡す翔。

翔は、父親が犯罪者になったら自分の人生が台無しになると言うのです。

正式な依頼を受けるため、翔の父親・樋口徹に会う天野と蔵前。

蔵前は、徹が元プロ野球選手だと気付き興奮します。しかし徹は2年前に戦力外通告を受けていました。

事件のきっかけは、徹の妻・明乃が翔を連れて家を出たことでした。離婚と翔の親権を要求する明乃を、徹は思わず突き飛ばしてしまったのです。

正式に徹の依頼を受け、傷害事件を示談にすべく明乃の弁護士・海堂を訪ねる天野と蔵前。

海堂は、徹が親権を手放せば示談にすると持ちかけます。天野さくらは天野に対し、裏ばかりで弁護士には向いていないと冷たく告げました。

さくらと天野は、年の離れた異母きょうだいなのです。

本当は父親と暮らしたいと望む翔の本心を知り、親権を争うと決意する天野と蔵前。

調べた結果、明乃は生活費をブランド品やホストにつぎ込み、恋人もいることが発覚します。

海堂は同期の裁判官を利用し、傷害事件を起訴させようとしますが、香澄に阻まれ事件は不起訴に。

釈放された徹は、蔵前に諦めたくないものは何かと聞かれ、翔だと答えます。

徹は野球をやめ、これから表で輝く翔を裏で支えることを決意したのです。

法廷で父親と暮らしたいと訴える翔と、徹の行動が認められ、徹は親権を勝ち取ります。

キャッチボールをする親子を見ながら、蔵前と天野はタッチを交わしたのでした。

ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」 第4話のあらすじネタバレ

同僚の名前が覚えられない天野は、山崎と裁判員裁判の弁護を担当することに。

依頼人、木原健太は後藤敦を突き飛ばし死なせた後、自首しました。

検察側は後藤の財布とスマホが見つかっていないため強盗致死で起訴しますが、山崎は罪の軽い障害致死を主張します。

しかし木原は投げやりな様子で自分がやったと言うばかり。

蔵前たちは聞き込みを開始しますが、木原のアパートで出会ったバンドマンの花村藍子は、木原のことを良く知らないと答えます。

初回の公判で、木原が事件後にATMからお金を振り込んでいたことが発覚。さらに天野が裁判員ともめ、一気に不利に。

山崎は依頼人の真意を見抜けない天野を弁護士失格だと怒鳴ります。

司法試験に何度も落ちた山崎は、諦めないことだけが取り柄と自負し、徹夜で情報を集めていました。

蔵前は、天野も裁判前は緊張で眠れないことや、仲間の名前をノートに書いて覚えようとしていることを山崎に伝えます。

山崎の情報から、事件当日ホームレス同士がケンカしていたと知った天野は聞き込みへ。後藤の財布を盗んだのはホームレスの男性でした。

更に男性は、事件後に現場から立ち去る花村の姿を見たというのです。

後藤は花村の元交際相手で、デビューが決まった花村は交際中の写真をネタに脅され、殺してしまったのです。

木原はそれを目撃し、花村の身代わりに。ATMの振り込みは、妹の借金を親戚に返しただけでした。

木原は自分がやったと主張しますが、花村が傍聴席で自白したことで真相が発覚。

憤る木原に、自分の人生を生きろと告げる蔵前。

天野も山崎たちの名前を覚え一歩前進したのでした。

ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」 第5話のあらすじネタバレ

盲腸で入院した蔵前の穴を埋めるため、天野が香澄のパラリーガルを努めることに。

香澄&天野が担当することになったのは、事務所の得意先が紹介した上畑夫妻。

息子・健は大学のボクシング部で将来有望の選手でしたが、同窓生・相羽との練習中に大怪我を負ってしまいます。

大学の責任を問えるかという相談に、健が部活の宣誓書にサインしているため難しいと判断する香澄。

しかし天野は大学の過失を争うと言い切ってしまいます。

香澄に激怒された天野は入院中の蔵前に相談。蔵前はパラリーガルの心得を伝えます。

大学へ聞き込みに行く香澄と天野。

コーチの田中とトレーナーの篠原に話を聞き、部員へ聞き込みしていたとき、車から大学理事長と相羽が親し気な様子で出てくるのを見かけます。

香澄たちの前に、大学側弁護士として天野法律事務所の大神が現れ、大学の過失がないことを表す資料と解決金100万を提示。

香澄は提案を飲もうとしますが、納得いかない天野は蔵前に相談。香澄を遠回しに誘導するようアドバイスを受けます。

同じ病院に健が入院していると知った蔵前。健に話を聞くと、怪我をする直前に誓約書を書かされたことが発覚します。

不正を疑う天野は、大神の資料内で非正規雇用の篠原が長時間労働を強いられていたことを発見。

資料を見た香澄も、安全配慮義務違反を争う方針へ転換。

理事長の運転手の証言もあり、大学に多額の寄付をしている相羽の両親に配慮した理事長がコーチをたきつけ、健を怪我させるよう仕向けたことが発覚しました。

解決後、天野は蔵前に早く帰ってきてくださいと告げるのでした。

ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」 第6話のあらすじネタバレ

復帰した蔵前は、幼馴染・麻生に偶然再会します。

東大卒の麻生は予備校講師の傍ら教育系配信者として有名になり、妻・悦子、高2の娘・光希と幸せな家庭を築いていました。

家に戻り、寂しさを自覚する蔵前。部屋にはまだ笠原の写真が飾られていたのです。

後日、麻生が香澄法律事務所を訪れます。

天野に依頼されたのは、遺言書の作成と自身の動画に寄せられた誹謗中傷の犯人探しでした。

開示請求と遺言書の作成を進めていた最中、動画に殺害予告が書き込まれます。

蔵前は思わず一人で麻生の元へ向かい、犯人捜しをすることに。

コラボした配信者や予備校の同僚へ聞きこむも犯人は見つからず、天野からは単独行動をきつく叱られてしまいます。

麻生は中傷に加え、家庭内もギクシャクして精神的に参っていました。

さらに玄関前へゴミを撒かれたり、脅迫文を貼られる事態へ発展。

悦子は麻生の浮気を疑い、離婚を考えます。

切羽詰まった中、天野は動画のアリバイ工作から、ゴミや脅迫文の犯人が以前コラボした配信者仲間だと突き止めます。

しかし配信者は書き込みはしていないと否定。

書き込みの犯人は実は光希で、父親が受験のプレッシャーになっていたと明かしました。

蔵前は光希に対し、言いたいことは直接言うよう諭します。

さらに、悦子が浮気を疑った相手は麻生が通うメンタルクリニックのカウンセラーでした。

麻生が遺言書に書いた家族への言葉を読み上げることで、わだかまりが解消します。

解決後、天野と父親の関係を聞く蔵前。

天野は、幸せだったが、だからこそ父の名を使う姉が許せないと語ります。

後日、蔵前は自宅に飾っていた笠原の写真をしまうと、そこへ天野からもらったぬいぐるみを置くのでした。

ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」 第7話のあらすじネタバレ

香澄法律事務所を訪れた野村聖子(安藤聖)は、天野を指名し、笠原主演のドラマの放送中止を依頼します。

野村は大学時代、家政婦をしていた家で資産家老人が殺され、マスコミやネットで犯人扱いされていました。

真犯人は捕まったものの、その時には世間の熱が冷めて大した報道もされず、野村は世間から隠れるように暮らしていました。

しかし事件をモデルにしたドラマの前編が放送されたことで過去が掘り返され、野村の娘も学校で母親が殺人犯だと中傷を受けます。

依頼を受け、実家に向かう天野。

実は、当時の野村を弁護していたのは天野の父で、資料が残っていたのです。

けれど在宅だったさくらに知られ、天野は資料を持ち出すのに失敗。

一方、蔵前はドラマ関係者へ聞き込みにテレビ局へ。そこで笠原と再会を果たします。

笠原は次回分の台本を渡し、蔵前が最後に取ってきてくれたこのドラマを成功させると告げました。

台本を元に事務所で相談していた蔵前ですが、苛立った天野に貴方の代わりはいくらでもいると言われ大喧嘩。

香澄の仲裁で、天野・丸屋、蔵前・辻井で仕事をすることに。

蔵前は影ながら天野のフォローをするものの、天野はテレビ側弁護士の大神にやり込められてしまいます。

丸屋や辻井に助言された蔵前は天野に謝罪。天野も謝り、コンビは再結成。

さらに蔵前は、事件を扱ったルポ小説が、台本と一致していることを発見します。

ドラマを止めていいのかと問う天野に、笠原との決別を告げる蔵前。

脚本家が盗用を認めたことで著作権違反が発覚し、ドラマは差し止めに。

後日、笠原が蔵前の元に現れ、戻ってきて欲しいと告げたのでした。

ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」 第8話のあらすじネタバレ

香澄法律事務所に、遺産相続の依頼でやってきた早川ゆう子。

ゆう子は腹違いの姉・温子から遺産を全て渡すと言われ、山梨の実家で父・将太郎の介護をしていました。

しかし将太郎が亡くなると、温子は遺言書が見つかったと遺産を要求。ゆう子は温子に一円も渡したくないと憤ります。

自分の境遇と重ねた天野は依頼を受けますが、遺言書にはゆう子に実家と山、温子には六本木のマンションを相続させると書かれていました。

不公平な配分に憤るゆう子。

マンションの存在を知っていたかのような温子に、天野は遺言書の偽造を疑い筆跡鑑定にかけますが、将太郎本人のものと証明されます。

手がかりを求め、山梨の実家を訪ねる天野と蔵前。

そこで将太郎が認知症を患っていたことと、介護ヘルパーだった小夜子という女性が、将太郎の娘だという事実を知ります。

小夜子の母は将太郎の愛人で、小夜子は認知されていませんでした。

蔵前は小夜子に、母の無念を晴らすためにもDNA鑑定をするよう勧めます。

小夜子は、将太郎が生前出しそびれた手紙の唾液で鑑定をしようとしますが、手紙の字が遺言書と違っていました。

遺言書の日付当時、将太郎は利き手を怪我しており、遺言書は認知症が出始めた将太郎に温子が書かせて日付を偽造したものだったのです。

温子は相続権を失いますが、ゆう子も将太郎の口座から私的に金を引き出していたことが発覚。

実の娘と証明された小夜子がマンションの相続権を得ますが、小夜子は母親の墓参りを条件に3人で平等に遺産を分けると決め、ゆう子と温子も和解したのでした。

解決後、蔵前は笠原に断りの連絡を入れますが、笠原は天野へ電話し「家族を返してほしい」と訴えます。

天野は蔵前に「あなたがいなくても大丈夫」と告げ、戻りたければ戻るように伝えてしまいました。

ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」 第9話のあらすじネタバレ

パラリーガルを辞め、笠原のマネージャーに戻った蔵前。しかしカオリには空元気と見破られます。

一方の天野も元気がありません。

香澄はさくらに、天野が司法試験に受かっていないと言われ、仕事を回すのを保留していました。

そんな折、笠原事務所の脱税容疑で蔵前が逮捕されてしまいます。

憤った香澄たちは蔵前の無実を証明するため、辻井が担当弁護士となり調査を開始。

天野は無関心を装いながらも密かに調べ、蔵前がスケープゴートにされたのではと疑います。

しかし、面会にきた笠原に暗に罪を被るよう告げられた蔵前は自暴自棄となり、裁判でも失言して大ピンチ。

辻井の助言により、天野は蔵前に面会に行きました。

天野は蔵前が自分から辞めたと思っていましたが、蔵前は天野にクビにされたと思っていたのです。

自分のせいだと謝る天野に、蔵前は貴女らしくいて欲しいと告げます。

調子を取り戻した天野に罵倒され、どうしたいかと問われて、怒りたいと答える蔵前。

怒るべきだと言われ、蔵前は立ち直ります。

保釈後、資料探しのため蔵前の部屋を訪れた天野は、自分が渡したぬいぐるみが飾られているのを見つけます。

香澄たちも、笠原事務所の税理士を捕まえてくるなどバックアップ。

頭を下げる蔵前に、香澄はたまには支えられるのもいいだろうと笑います。

裁判で笠原を挑発し、脱税の証言を引き出したことで蔵前の無実は証明されたものの、蔵前は涙を流します。

才能がなくて不安だったと明かす笠原に、信じてほしかったと告げる蔵前。

笠原は、500万の保釈金を払ったのは天野だと明かします。

500万が父親の遺産だと知り、もっと大事なことに使わないとと諭す蔵前に、天野は大事なことに使いましたと答えたのでした。

ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」 第10話のあらすじネタバレ

弁護士になったばかりのさくらは、父・昌幸が入院している母の見舞いに来ないことを憤っていました。

父親宅へ行き、愛人とその娘・杏と団らんしている昌幸に苦言を呈すさくら。

そこへ椿原が青海医大病院の件で訪ねてきて、昌幸は逃げるように出ていきました。

香澄法律事務所にやってきた依頼人・大橋いずみ。

いずみは青海医大病院で昌幸の最後を看取った看護師で、杏とも親しい知り合いでした。

突然病院側から1千万で退職を迫られ、断ったものの周囲から疎外され自主退職したいずみは、不当解雇ではないかと相談に来たのです。

依頼を受け、聞き込みを開始する杏と蔵前。

看護助手の女性から、7年前にも同じことがあったと聞き、当時退職した看護師の住所をもらいます。

さくらはかつて、病床の昌幸から青海医大病院の医療ミスを隠蔽したことを明かされ、証拠の報告書を託されます。

昌幸は、杏には言わないでくれとさくらに頼みました。

病院での聞き込みがさくらに知られ、呼び出される杏。

さくらは、杏の司法試験合格は昌幸による不正だと突きつけたのです。

杏は椿原を訪ねますが、椿原も否定しませんでした。

ショックを受けた杏は蔵前の前で弁護士バッジを外し、川に投げ捨て失踪します。

蔵前達が探す中、杏が今までの依頼人たちに「お詫び行脚」をしていることが発覚。

杏を見つけ出した蔵前は、資格がないなんて有り得ないと言い切り、弁護士バッを差し出します。

バッジは、杏を信じる事務所の仲間たちと探したものでした。

杏は立ち直り、蔵前達と事務所へと帰ります。

病院に呼び出されたいずみは、院長たちからいずみが患者を殺したと言われ驚愕します。

さくらは、父から託された報告書を燃やしたのでした。

ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」 最終話のあらすじネタバレ

いずみの不当解雇を調査するため、蔵前たちに協力して欲しいと頭を下げる天野。

香澄法律事務所が総出で立ち上がり、病院関係者や患者へ聞き込みを開始します。

看護師長に妨害されつつも、今回も7年前も患者が死んだ翌日に看護師が解雇されていたと突き止めます。

蔵前と香澄は、天野の弁護士資格について椿原に問い詰めます。

椿原は、さくらに頼まれ口裏を合わせたと明かしました。

弁護士資格があると証明された天野は、さくらを問いつめますが、父が医療事故を隠蔽したと聞かされショックを受けます。

また、いずみからは依頼を取り下げると言われました。

天野は体調を崩しますが、それを利用し青海大学病院に入院。

仲間たちと内部から調査した結果、7年前も今回も院長の息子・武藤医師が執刀していたこと、手術スケジュールが過密だったことが分かりました。

蔵前がいずみを慕う患者たちの動画をいずみに見せたことで、いずみは再び戦う決意をします。

椿原に、父・昌幸の関与を問い詰める天野。

椿原は、手術ミスをしたのは武藤であること、しかし武藤を守るため隠蔽したことを認めました。

尊敬する父の裏側に天野は打ちひしがれますが、それでも蔵前に不正は許さないと告げ、調査を続けます。

死亡した患者遺族や病院関係者も口止めされ、万事休すかと思われましたが、良心の呵責に苦しんだ武藤自身が自白したことによって事態は急変。

さらに看護師たちが院長のセクハラ・パワハラを糾弾したことで、さくらの敗北は決定的となりました。

裁判直前、父親を尊敬する天野のために不正を隠そうとしたのではないかと蔵前に聞かれ、買いかぶらないでと吐き捨てるさくら。

しかし、もう一人じゃないと言った天野に、さくらは良かったじゃんと小さく笑ったのでした。

【おわりに】「うちの弁護士は手がかかる」の原作は漫画・小説・韓国ドラマ?脚本家は誰?まとめ

2023年10月~12月まで放送していたフジテレビ系列ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」の原作、脚本家についてまとめました。

  • ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」に原作はない
  • 脚本家は服部隆さん

漫画や小説、韓国ドラマなどの原作は一切なしのオリジナルドラマです。

脚本家・服部隆さんの最新作であり、新しいジャンルのリーガルエンターテイメントで楽しめます。

見ると「明日も頑張ろう」と元気になれるようなドラマです!

「うちの弁護士は手がかかる」
\ 見逃し配信はFOD /

ドラマ / アニメ はFOD テレビ見逃し配信や動画が見放題

ドラマ / アニメ はFOD テレビ見逃し配信や動画が見放題

FujiTV無料posted withアプリーチ

-ドラマ