海のはじまり原作は漫画・小説・韓国ドラマ?脚本家は誰?

海のはじまり原作は漫画・小説・韓国ドラマ?脚本家は誰?

2024年7月月曜21時から放送開始予定のフジテレビ系列ドラマ「海のはじまり」。

主演が俳優としても大活躍中のSnowManの目黒蓮さんということで、情報が解禁されてから放送が待ちきれない!と期待の声が上がっています。

ドラマの内容は、親と子のさまざまなつながりを描いた愛の物語。

目黒蓮さんが父親役を演じるということで、どんなドラマになるのか詳しい内容も気になるところですね。

このページでは

  • ドラマ「海のはじまり」に漫画・小説・韓国ドラマなどの原作はあるか
  • 脚本家は誰?
  • どんなドラマ?

についてまとめました。

結論から言うと、ドラマ「海のはじまり」に原作はありません。

脚本家・生方美久さんによるオリジナルストーリーです。

ドラマ「海のはじまり」に原作はある?漫画や小説、韓国ドラマ?

ドラマ「海のはじまり」に原作はありません。

完全オリジナルです。

内容が親と子のつながりを描いた愛の物語ということで、漫画や小説が話題になりドラマ化になったのでは?という予想がでていました。

また、愛が題材になっている韓国ドラマが非常に多いことから韓国ドラマのリメイクなのでは?とも噂されていましたね。

しかし、ドラマ「海のはじまり」に原作はなく、脚本家・生方美久さんによる完全オリジナルドラマだと発表されました。

親と子というどんな世代にも共感が持てそうなテーマの作品。

話題性もあるので社会現象になりそうと期待してしまします。

感動するストーリーが好き!という人は、はまってしまいそうな作品ですね。

ドラマ「海のはじまり」の脚本家は誰?

ドラマ「海のはじまり」の脚本を務めるのは、脚本家・生方美久さんです。

医療機関で働いていた過去があり、助産師や看護師の経験があるそう。

働きながら脚本について学び、2021年に応募したフジテレビヤングシナリオ大賞で大賞を受賞しました。

脚本家デビューして間もないですが、手がけた脚本の作品は必ず高視聴率を獲得するほどの腕を持つ脚本家さんです。

  • 踊り場にて(2021年 フジテレビ)
  • silent(2022年 フジテレビ)
  • いちばん好きな花(2023年 フジテレビ)

生方美久さんの作品は、人の本質を優しい雰囲気でまとって、力強く伝える脚本が特徴的。

代表作品で一番話題になったのは、ドラマ「silent」ではないでしょうか。

音のない世界で生きることになってしまった佐倉想と想のことをずっと思ってきた青羽紬。

二人が再開してそれぞれの思いを大切にして、今一緒に生きようと思える人と一緒に過ごせていることの大切さを感じました。

誰にでも共感できる内容だったため、SNSでもかなり話題になった作品でしたね。

今回の「海のはじまり」も生方美久さんらしい作品の雰囲気なので、期待が高まります。

「海のはじまり」はどんなドラマ?あらすじ・内容

ドラマ「海のはじまり」は、親と子の繋がりを描いた愛の物語。

主人公の月岡夏は、大学時代に同級生の南雲水季と付き合っていた。

その日々はとても幸せで、一生この日々が続けばいいと思えるほど。

しかし、就職活動が始まったさなか、南雲水季から突然別れを告げられ、二人は別れることに。

月日が7年過ぎたある日、新しい人生を過ごしていた月岡夏のもとに友人から連絡が入ります。

その連絡とは、南雲水季が亡くなったという内容。

別れてから一度も南雲水季とは会うこともなかったため、放心状態で葬儀へと向かいました。

そこで月岡夏は、海という幼い女の子に出会います。

なんとその海という女の子は、月岡夏と南雲水季の間のできた子供。

月岡夏は、海からあなたは自分の父親だと聞かされるのです。

同時に南雲水季は、何も言わずひとりで子供を育てていた7年の月日の重さを感じ始めます。

南雲水季の死によって出会った父と子。

血はつながっていても今まで他人として暮らしてきた二人はさまざまな感情を持ち合わせて生きていく。

親子の愛とはどういうものなのか。

身近な人に伝えたい大切な感情が表現された愛の物語です。

【おわりに】どらま「海のはじまり」の原作は漫画・小説・韓国ドラマ?脚本家は誰?まとめ

今回は、2024年7月月曜21時から放送開始予定のフジテレビ系列ドラマ「海のはじまり」の原作、脚本家についてまとめました。

  • ドラマ「海のはじまり」の原作はない
  • 脚本家は、生方美久さん

漫画や小説、韓国ドラマなどの原作は一切なしのオリジナルドラマです。

母親の死をきっかけに出会った父と子の物語。

さまざまな感情が交差して見ごたえがあること間違いなしです。

この夏にぴったりと思えるような作品になりそうでとても楽しみですね!

-ドラマ