受付のジョーのドラマに原作はある?脚本家・あらすじまとめ

受付のジョーの原作はあるかアイキャッチ画像

2022年4月から放送がはじまった、日本テレビ系列ドラマ「受付のジョー」。

主演がジャニーズのKing&Princeのメンバーの神宮寺勇太さんと言うことで注目が集まっていますね。

なんと神宮寺勇太さんは初の主演ドラマ。

4月クールにふさわしいお仕事ドラマですね。

このページでは、

  • 「受付のジョー」に原作はあるのか
  • 脚本家は誰なのか
  • どんなお話の内容なのか

をまとめました。

ドラマ「受付のジョー」に原作はある?

「受付のジョー」は原作がなく、完全オリジナルドラマです。

完全オリジナルドラマということで、どのようにストーリーが進むのか分からないので、とてもワクワクしますよね。

神宮寺勇太さん演じる城拓海が、受付をデジタル化するという計画に奮闘するストーリー。

神宮寺さんの制服スーツの姿に、ファンからは「かっこいい!」と話題に上がっています。

「受付のジョー」の脚本家は誰?

脚本のイメージ画像

「受付のジョー」の脚本家は伊藤菜のはさんです。

今回のドラマ「受付のジョー」が神宮寺勇太さんと伊藤菜のはさん初タッグの作品。

コメディー要素が強そうな作品のイメージが強いですが、実際のところどうなのでしょうか?

伊藤菜のはさんの過去の作品から探ってみましょう。

伊藤菜のはさんの過去作品

タイトル公開年 
函館珈琲2016年映画
mama2019年映画
おかえり~とこわかの町・伊勢~2020年新春エリアドラマ
天国からのラブソング2020年ドラマ
メンズ校2020年ドラマ
いってきます!~岐阜・飛騨 古川やんちゃ物語~2020年新春エリアドラマ
きよしこ2021年ドラマ
我が家の夏~リバー・サイド・ファミリー2021年スペシャルドラマ
ごほうごはん2021年ドラマ
家族の写真2022年ドラマ
ユーチューバーに娘はやらん2022年ドラマ

個人的にはあまり聞いたことのない作品ばかりですが、最近になって頻繁に活動している脚本家さんのようです。

「ユーチューバーに娘はやらん」はコメディー要素が多く面白かったとの声があったので、「受付のジョー」も真剣なお仕事ドラマではなく少しコメディー要素も入っているかもしれませんね。

「受付のジョー」はどんなドラマ?

ドラマ「受付のジョー」は、原作なしのオリジナルドラマということでドラマの内容が気になりますよね。

「受付のジョー」の簡単なあらすじを紹介します。

ドラマ「受付のジョー」あらすじ

広告代理店の営業マン城拓海(神宮寺勇太)。

3年目ということもあり、スマートに仕事をこなしていました。

そんな城拓海ですが、何も考えずにその場ノリでプレゼンをしてしまった「受付デジタル化計画」が採用されてしまいます。

城拓海はスマートに見せていますが、実は余裕を見せようと必死。

「受付デジタル化計画」が、まさか採用されるとは思わず内心慌てています。

しかも計画は期限をつけられてしまうのです。

目標は「3ヶ月以内に受付嬢を全員リストラに追い込む!」。

思わぬ結果に受付嬢たちは猛反発します。

そして、城拓海は彼女たちの仕事を理解するために受付の世界に飛び込んでみることにしました。

ですが、受付の仕事は奥が深く城拓海は悪戦苦闘。

お客様へのホスピタリティを考えた行動、来客の対応、挨拶から所作まで城拓海が考えてもみなかったことばかりでした。

受付の仕事を甘く見ていた城拓海の「受付デジタル化計画」はうまくいくのでしょうか?

ドラマ「受付のジョー」出演者

登場人物キャスト
城拓海(じょうたくみ)神宮寺勇太(King&Prince)
家田仁子(いえだにこ)田辺桃子
熊本俶子(くまもととしこ)美山加恋
春口光咲(はるぐちみさ)松井愛莉
林姫乃(はやしひめの)冨手麻妙
高木義彦(たかぎよしひこ)六角慎司
佐知山瞳(さちやまひとみ)西原亜希
西大輔(にしだいすけ)田村健太郎
花房カレン(はなぶさかれん)トリンドル玲奈
藤堂武徳(とうどうたけのり)橋本じゅん

若手俳優からベテラン俳優まで、勢ぞろいのキャストですね。

4人の受付嬢たちには、キレイな女優さんたちが集まっているので、美しい所作にも注目が集まりそうです。

【おわりに】受付のジョーのドラマに原作はある?脚本家・あらすじまとめ

受付のジョーのドラマには原作がありません。

先がわからないオリジナルドラマなので、毎週放送が楽しみになりそうです。

主演の神宮寺勇太さんは単独主演は初めてということですが、ジャニーズジュニアのころからお芝居を経験済み。

どんな城拓海の姿を見せてくれるのかとても楽しみですね。

4月にピッタリなお仕事ドラマ、疲れがたまる日常に城拓海の頑張る姿を見て元気をもらうのもいいかもしれません。

-ドラマ