silent(サイレント)ドラマのネタバレと結末予想!最終回までのあらすじまとめ

silent(サイレント)ドラマのネタバレと結末予想!最終回までのあらすじまとめ

2022年10月6日~放送中のドラマ「silent(サイレント)」。

第1回放送後から「切ない」「目黒蓮・川口春奈、2人の演技が上手すぎる」と話題となっています。

このページでは、ドラマ「silent(サイレント)」のあらすじと結末のネタバレを最終回までまとめていきます。

川口春奈さんの「着飾る恋」などが見放題

Paravi 公式サイトはこちら

silent(サイレント) 第1話のあらすじ・結末ネタバレ

主人公の青羽紬(川口春奈)には高校3年の時に同じクラスになったのをきっかけに付き合った佐倉想(目黒蓮)という恋人がいました

想が朝礼で作文を読み上げたその声に惹かれた紬は、戸川湊斗(鈴鹿央士)の後押しにより距離を縮め、紬が告白。

音楽を聴いていた想には聞こえていませんでしたが、逆に想から告白され、2人は付き合うことに

このまま幸せな日々がつづくと思っていた紬でしたが、高校卒業後のある日、想から一方的に別れを告げられます

8年後、まだ想のことを忘れられずにいる紬の隣には、現在交際している彼氏・戸川湊斗がいました

紬と湊斗はもうすぐ同棲を開始する予定でした。

しかし、ある日、湊斗と待ち合わせのため駅のホームに向かっていた紬は人込みの中に想の姿を見つけます

思わず声をかけますが、想はを無視し行ってしまい、残念に思う紬。

紬からそのことを聞いた湊斗は想に会うため彼の実家を訪れ、想の妹との会話で想の耳が聞こえなくなっていることを知ります

驚いた湊斗は、教えてもらった連絡先から想にメッセージを送ったのです。

その後、湊斗は紬に会うも、想の耳がきこえなくなったという事実を伝えられず。

そんななか、紬が2人で一緒に住む家の内見に向かう中、駅の改札で再度、想に遭遇

紬は想を追いかけ声をかけるが再び無視されます。

通り過ぎようとする想を強引に引き止め、なぜ自分を避けるのか、無視するのかを問いただす紬

想は決心して手話を用い、涙を流しながら耳が聞こえなくなったことを伝えました

耳のことが理由で、かつて一方的に別れを告げたことも伝える想でしたが、手話がわからない紬には彼が何を伝えようとしているのかわかりません

話が伝わらないと去っていく想の背中を、紬はいつまでも見つめていました。

silent(サイレント) 第2話のあらすじ・結末ネタバレ

第2話は、高校生時代、部活を引退し進路も決まった青羽紬(川口春奈)と佐倉想(目黒蓮)が放課後に楽しそうに教室で会話をするシーンから始まります。

想の難聴は、卒業式で青葉と別れたあとの耳鳴りがきっかけでした。その後、徐々に聞こえづらくなり、家族で食卓を囲んでいる中、妹の声に反応できないということが起きます。

想は、母に耳のことを打ち明けました。

病院で検査を繰り返し、これから徐々に耳が聞こえなくなることが発覚

想はそのまま大学生活をスタートさせますが、紬とは徐々に距離を置くようになります。

大学生活を初めて間もない頃、想は「話をしたい」と紬に会いにいきますが、紬が「電話が好き」「佐倉くんの声が好き」と話したことで、想は切ない表情に

別れ際、紬に「名前を呼んで」とお願いし、「想くん」と呼ぶ声を噛み締めているようでした

その日から、想が紬の電話に出ることはなかったそう。

第1話で紬と想が再会したとき、想は紬のイヤホンを返しそびれており、イヤホンを返すために2人はカフェで会うことに

想はイヤホンを返しただけで帰ろうとしますが、引き留めて話をしようと言う紬。

2人は声をテキストに変えるスマホアプリを使って、「元気だった?」という当たり障りのない会話をします。

想と会った後、紬は今の彼氏の湊斗と会います。

想の耳が聞こえないことを湊斗は知っていましたが、それを紬に伝えると気持ちが不安定になると思って言えなかったと話していました。

同時に湊斗は、想には会わないと伝えましたが、紬には手話教室のチラシを手渡します

その後、紬は手話教室に通い始めたのです。

紬が想に「話したいことがある」とLINEをし、再び会うことになりました。

想が前回と同じ音声を文字に変換するスマホアプリを出してきますが、紬はそれを返し、手話で自己紹介を始めます

手話をする紬を見て嬉しそうな顔をする想。

紬は最後に会った公園でのことを謝りますが、想は嬉しかった、別れた当時も変わらず紬を好きだったと話し、2人で涙を流します

想の「今は青羽を大事にしてくれる人はいるのか」という質問に、「うん、今度会ってよ」と話す紬。

別れ際、湊斗から紬に「近くにいるから会おう」と電話がきますが、途中で湊斗の声が途切れます。振り返ると、紬と想が一緒にいることを見て固まっていました。

silent(サイレント) 第3話のあらすじ・結末ネタバレ

紬との再会を思い返す湊斗。

学生時代の湊斗は、紬に想いを寄せながらも、親友である想と付き合い出したことを喜んでいました。そして少し悲しんでいました

想と別れたと聞いて数年が経ち、同窓会で紬と再会した湊斗。

仕事で潰れそうになっていた紬を救ってあげたことで距離が縮まり、交際に発展しました。しかし湊斗は、常に想の影に怯えて過ごしていたのです。

そんな湊斗は、紬と想が会っている場面に出くわしてしまいます。

紬から、想に会っていることを聞いていた湊斗でしたが、いざ2人を見ると戸惑いが隠せません。

さらには、去りゆく想の背中に、聞こえるはずのない想の名前を呼び続けていました。

普段は見せない様子で取り乱し怒る湊斗の言動に、紬は少し戸惑います。それは想も同じで、心を痛めていました。

想は、湊斗のことを想い、紬と2人で会うのは辞めようと考えます。ところが紬からは、現在好きなのは湊斗であり、想のことは好きではないので大丈夫だとハッキリ言われてしまうのです。

そんななか、ひょんなことから湊斗と想が2人きりで会うかたちになりました。

想の病気を受け入れられずにいる湊斗は、再び想の背中に向かって聞こえるはずのない想への想いをぶちまけるのです。しかしそれが想に届くことはなく、再び苛立った湊斗は、想の正面から出来る限りの想いをぶちまけ、その場から立ち去ってしまいます。

慌てて湊斗を追いかけて、想と会っていることを謝罪した紬

しかし湊斗は、問題はそこではないと。想と紬の関係を疑って責めることで、想の病気への辛さを紛らわせていると打ち明けたのです。

湊斗の苦しみを知った紬も、共に涙を流すのでした。

silent(サイレント) 第4話のあらすじ・結末ネタバレ

想の耳が聞こえていないことを受け止めきれない湊斗が、その気持ちを紬に吐露したシーンから4話が始まりました。

紬は、湊斗と想の2人で話すことを提案。「あんなに仲の良かった2人なら大丈夫!」と、想と湊斗を部屋に残して弟の光と食事に出かけます。

スマホを通して会話する湊斗と想ですが、次第に笑いあい、自然と昔の2人の雰囲気に戻ってきました。

自然に戻り過ぎてつい、言葉で話してしまう湊斗。

気づかず喋り続けてしまった湊斗の背中に、想が家族以外では珍しく声を発して「湊斗」と語りかけます。

それを聞き、まるで昔のようだと複雑な気持ちではあるものの喜び、想のことを「変わっていない」と言います。

そして高校時代の仲間にも呼びかけ、フットサルの練習をしようと想を誘う湊斗

「気を遣わせてしまうから…」と言う想でしたが、結局その場に現れてフットサルを通して高校時代の仲間と自然に接することができました

そんな想の姿を見ながら、彼を思って語り合う湊斗と紬。

湊斗は何かを決意したような顔で「お願いがあって」と話を切り出し、紬に別れを告げます

突然の言葉に理解できない紬は「なんで」と理由を聞きますが、湊斗は「好きな人がいるから」と言いました

シーンは変わり、想と湊斗のシーン。

湊斗は、想の隣にいる紬が1番可愛いのだと言います

2人は思い合っていると感じる、そんなことを思いながら付き合う自分が辛いと言う湊斗。

困惑する想と紬。でも、湊斗は別れることを決めた様子です。

silent(サイレント) 第5話のあらすじ・結末ネタバレ

「俺が無理なんだ」紬は湊斗から別れを告げられます。

湊斗と紬が思い出話をしていました。

ずっと紬の事を想い続けてきたけど、想の事があってなんだか弱味につけこんだみたい。ずっと考えてきたけど、こうなってはもう自分が耐えられないと告白します。

どうしても別れなきゃいけないのと言う紬でしたが、湊斗の意思は固いのでした。

紬と湊斗のことに罪悪感を感じていた想は、高校時代の教師・古賀に相談します。

しかし古賀はそんなのは、想の知らない間に築かれた2人にしかわからない事と嗜めるのでした。

湊斗の家に荷物を取りに行った紬ですが、湊斗は頑として気持ちを変えません。

手話教室に通う紬は、湊斗のことを思い出し集中できない様子。

春尾(風間俊介)に「どうしました?」と尋ねられた紬は、思わず名前が出てしまう彼氏がいたけど、片思いになってしまったことを説明します。

ほんとに好きなんですねと声をかける春尾先生。

紬は、湊斗とは声で話せるのに伝わらないと歯がゆい気持ちを吐露します。

周囲も紬を心配し、真子は湊斗に紬のプレゼンをし始めます。

佐倉くんといる時の紬はキラキラしてた。だけど、戸川くんといる時の紬はポワポワしてて落ち着いていて幸せそうだったと言います。

紬がハンバーグを作っていると湊斗から電話がかかってきました。

ハンバーグ作りを理由に、電話に出ない紬。見かねた光はスピーカーをオンにして通話状態にします。

ヘアピンの忘れ物があると言う湊斗に、「100均のだし捨てといて。」と言う紬。

紬は、湊斗といると安心してた事を話し、この3年間本当に好きだったと気持ちを伝えるのでした。

湊斗、へアピンがいらない事は分かってるものの、紬に連絡したくて理由をつけて連絡していました。会ったら泣いてしまうと本音を吐露します。

通話後、まだ紬の感触を忘れられない湊斗は、そのまま眠りに落ちてしまうのでした。

想との待ち合わせ場所に姿を現した紬。

想は、紬と湊斗が別れた事に責任を感じ謝罪します。

再会しなければ2人が別れることもなかったと思う反面、再会できて良かった、フットサルができて良かったとも思っていた想

話をしていく中で、紬は今のお腹がすいていることを打ち明けます。

途端に笑顔になる想。

想に何が食べたい?と聞かれた紬は何でもいいと答えます。しかし、すぐに訂正。

やっぱりハンバーグ以外が食べたい!と言い、互いに笑い合うのでした。

silent(サイレント) 第6話のあらすじ・結末ネタバレ

大学生だった想(目黒蓮)は、これまで聴力の低下を誤魔化しながら通っていた大学生活にも限界を感じてきていました。

そんな時、聴覚障害者対象の就活セミナーに参加し、そこで生まれつき耳の聞こえないという奈々(夏帆)と出会います

消えゆく聴力への不安を誰かに聞いてもらいたかった想は、奈々と話をすることに。

奈々は、想が望んでいたようにただ静かに想の話を聞いてくれて、それがキッカケで友達となり想は奈々に手話も教えてもらいました

そこからずっと一緒にいた2人ですが、想に恋心を抱いてしまった奈々

しかし紬と再会した想は、奈々よりも紬との時間を大切にし始めます。奈々もそれに気がついていました。

一方で紬も、奈々のことを「大事な人」と表す想に、少しだけ戸惑いを感じていました

それを感じた想は、ずっと曖昧にしてきた奈々との関係をハッキリさせるために奈々を呼び出します。

奈々は想の目の前で、紬のことを「聞こえるから分かり合えない人」と全否定するのです。

そんな奈々に想は、「自分も途中から聞こえなくなった人間だから奈々とは分かり合えない」と諭し、奈々も何も言えなくなってしまうのでした。

その日、奈々は夢を見ます。

奈々も想も耳が聞こえていて、手にはハンドバッグを持ち、電話で話しながら待ち合わせをして声で会話をしながらデートをするという夢でした。

夢から目覚めた奈々は、紬が通う手話教室の案内を見つめながら、もの想いにふけります。そして、手話教室の前で紬を呼び止め、話をしようと誘いました。

紬から想との話を聞いた奈々。

想の声を知り、電話もしたことがあり、今は想から手話を教わりながら会話できてしまう紬に嫉妬して奈々はお店を飛び出してしまいました

道を歩きながら涙があふれる奈々に、想から電話が掛かってきます。見ると、遠くに想の姿がありました。

泣きながら歩く奈々を見かけた想は、奈々に気が付いてもらうために、あえて電話を掛けたのです。

どうしたのかと心配する想の目の前で、奈々は聞こえるはずのない電話を静かに耳に当て、再び涙するのでした。

silent(サイレント) 第7話のあらすじ・結末ネタバレ

奈々を気遣い駆け寄ってきた想は、少し離れたところに紬が居ることに気が付きます。

紬は2人の姿を見て、その場から去ろうと歩き出し、それに気が付いた奈々は反対方向へ。

想が追いかけてくることを期待して振り返った奈々。しかし、想が追いかけたのは紬でした。

恋心を終わらせることを決めた奈々は、想に借りていた本を返却しました。

  • 借りた本を半分も読んでいないこと
  • 想が勧めてくれたから面白いと言っていたが、実はつまらなくて好きなふりをしていたこと

を明かします。

そして、奈々の気持ちに返事をしようとする想に対して、「振ることで悪者にならなくて良い。想とは、これからも友達」と告げるのでした。

一方で紬は、奈々のことについて、想から『青羽には関係がないので気にしなくて良い』と言われることに、どこかモヤモヤしていました。

また、元々聴力のあった想が、何故声で話さないのか気になり、ついに想に問いかけました。

しかし想は、そんな紬の疑問に対して『青羽は、自分の声が好きなのだ』と少しネガティブな思いを持ってしまい、『手話で話せれば充分だから』とその場をやり過ごしてしまいます。

紬もそれ以上は聞けず、その言葉を受け入れますが、モヤモヤは無くなりません。

そんな中で紬は、湊斗も想とは声では話していないこと、それを湊斗は深くは聞いていないことを知り、踏み込みすぎたことを反省します。

そして紬は、想にあるお願いをします。
それは、奈々との話の場を作るために連絡先が知りたいというものでした。

自らで奈々に連絡して会った紬は、奈々に向かって、どれほど想の8年間に奈々の存在が重要だったかを、春尾に訳してもらった手話で懸命に伝え感謝の気持を表しました。

そんな姿に心動かされた奈々は、改めて想と向き合い、紬の人柄を褒めたのです。

そして、また想と笑って話すことができたのでした。

一方で想は、学生時代の作文を見に行くという理由で紬の家を訪問します。

そこで、紬に対して声で話そうとしました。
しかし紬はそれを制止し、声以外も好きなので無理はしないよう伝え、想は紬を抱きしめたのでした。

そんな中、奈々は、春尾の手話教室の建物前で春尾に声をかけられます。

振り返った奈々を見て春尾は驚きの顔を見せたかと思うと、二人は『久しぶり』という挨拶を交わしたのでした。

silent(サイレント) 第8話のあらすじ・結末ネタバレ

放送後に追記します。

【おわりに】silent(サイレント)ドラマのネタバレ・最終回までのあらすじ・結末まとめ

ドラマ「silent(サイレント)」各話のあらすじ・結末ネタバレをまとめました。

silentは原作がないオリジナルストーリーなので、ドラマの放送が終わるまで結末がわかりません。

王道ストーリーで行くと、最終回ですれ違っていた2人がまたくっつくことになるとは思いますが、そこにたどり着くまでの過程・葛藤などが描かれるのだと思います。

第1話からとても切ないストーリーで、まさに冬にぴったりのドラマでした。

主演の川口春奈さんと目黒蓮さんはもちろん、脇を固めるキャストも豪華で、思わず演技にひきつけられました。

この冬、注目の純愛恋愛ドラマになりそうなので、見逃さずに毎回チェックしていきます!

-2022年10月ドラマ