silent(サイレント)のドラマ原作は漫画・韓国ドラマ?脚本家はだれ?

「silent(サイレント)のドラマ原作は漫画・韓国ドラマ?脚本家はだれ?【目黒蓮・川口春奈】」のアイキャッチ画像

2022年10月6日(木)から放送スタートのフジテレビ系ドラマ「silent(サイレント)」。

主演が大人気女優の川口春奈さんと、SnowManの目黒蓮さんに決まったということで、注目が集まっています。

ドラマ「silent(サイレント)」に原作はなく、脚本家・生方美久さんによるオリジナルドラマです。

大人の恋愛や内容の濃い作品が多く放送されている木曜10時枠での放送ということもあり、「面白そう!」という声も上がっています。

このページでは、

  • ドラマ「silent(サイレント)」に原作はあるのか
  • 脚本家は誰か
  • ドラマ「silent(サイレント)」のあらすじ・内容

をまとめました。

ドラマ「silent(サイレント)」に原作はある? 原作は漫画や小説、韓国ドラマ?

ドラマ「silent(サイレント)」に原作はありません。

完全オリジナルドラマでの放送です!

恋愛ドラマは小説から映像化になることも多く、原作があるのかなと思いましたが、どうやら原作なしのようです。

完全オリジナルドラマなので、ネタバレを気にせず最後まで楽しめるところがいいですよね。

ドラマ「silent(サイレント)」の脚本家は誰?

ドラマ「silent(サイレント)」の脚本を務めるのは、生方美久さんです。

生方美久さんは、若手脚本家が多く輩出されている「フジテレビヤングシナリオ大賞」で昨年受賞した脚本家さん。

連続ドラマの脚本を務めるのは初めてのようです。

生方美久さんの脚本作品を初めて見ることになるので、どんな作品になるのかとても楽しみです!

「silent(サイレント)」はどんなドラマ?あらすじ・内容

ドラマ「silent(サイレント)」は、本気で愛しあった男女が8年の歳月を越えて、もう一度出会いなおすラブストーリーです。

主人公の青羽紬(川口春奈)は、8年前一生をかけて愛したいと思える恋人と別れ、心に傷を負った女性。

そんな青羽紬ですが、新たな人生を進もうと必死に前を向いて生きていました。

青羽紬の大切な相手との出会いは、高校2年生の秋に遡ります。

朝礼で耳にしたことがある聞き馴染みのある男子生徒の声にひかれたのがきっかけ。

壇上で作文を読んでいた佐倉想(目黒蓮)に青羽紬は恋をしました。

2人は3年生になり同じクラスに。共通の友人を通じてだんだんと仲良くなり、恋人同士になりました。

共通の趣味である音楽をきっかけに中を深めていった2人。しかし高校を卒業後、佐倉想は突然姿を消してしまうのです。

そんな出来事から8年という月日が過ぎ、新たな自分の人生を歩み始めていた青羽紬。

ですがある日偶然、佐倉想を見かけたことがきっかけで8年前の気持ちを思い出してしまいます。

もう一度ちゃんと会って話がしたいと青羽紬は佐倉想を探し始めるのですが、佐倉想は徐々に耳が聞こえなくなってしまう「若年発症型両側性感音難聴」を患っていたことを知ります。

そして現在は、聴力をほとんど失っているという思いがけない事実を知るのです。

【おわりに】目黒蓮・川口春奈のドラマ「silent(サイレント)」の原作は漫画・韓国ドラマ?脚本家はだれ?まとめ

2022年10月6日(木)放送スタートのフジテレビ系「silemt(サイレント)」の原作・脚本家情報をまとめました。

  • ドラマ「silemt(サイレント)」に原作はない
  • 脚本家は生方美久さん(連続ドラマの脚本は初)

高校生から現在までの純愛がテーマの作品なので、感動すること間違いなしですね。

病気で聴力を失った彼と、音楽を通じて仲良くなった彼女との恋愛ということで、困難を乗り越えながらも絆を深めていくのではないでしょうか。

主演の2人が発表されただけでかなり話題になっていたので、予告動画の解禁なども待ち遠しいです。

ドラマ「silent(サイレント)」のキャスト相関図・出演者・登場人物についてはこちらの記事で詳しくまとめていますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

>>ドラマ「silent(サイレント)」のキャスト相関図・出演者・登場人物一覧

-2022年10月ドラマ