雨の日は室内でも日焼け止めを塗った方がいい?SPFとおすすめの紫外線対策を紹介

雨の日は室内でも日焼け止めを塗った方がいい?SPFとおすすめの紫外線対策を紹介

夏の晴れた日には、もちろん日焼け止めをして紫外線対策をしますが、雨の日は日焼け止めが必要なのか疑問に思う方もいると思います。

特に雨の日の室内だと、薄暗いし紫外線の影響を受けなさそうですよね。

結論を言うと、雨でも紫外線の量はゼロではないため、日焼け止めを塗った方が良いです。

雨の日の室内も同様に紫外線の量がゼロではないので、心配な方は日焼け止め(もしくは日焼け止め効果のある化粧下地)を塗ることをおすすめします

このページでは

  • 雨の日でも日焼け止めが必要な理由
  • 雨の日の日焼け止めのSPFはどのくらいがいいのか?
  • 雨の日におすすめの日焼け止め

などをまとめました。

結論から言うと、雨の日でも日焼け止めは必要です。

雨の日でも日焼けする?雨でも日焼け止め・紫外線対策が必要な理由

雨の日のイメージ画像

雨の日でも紫外線が降り注いでいるため、日焼け止めは必要です

ただ、雨の日は日焼けをするというよりも、紫外線によって肌にダメージを与えることになる意味合いが強いと思われます。

日焼けは簡単に言えば「太陽によるやけど」で、紫外線で皮膚が刺激を受けて肌がダメージ・ストレスを負っている状態です。

快晴の日を紫外線量100%だとすると、曇りの日は約60%で、雨の日は約30%と言われています。

太陽が出ていない雨の日でも紫外線の量はゼロではないということです。

ですので、紫外線から肌を守るために、雨の日も日焼け止めをする必要があります

雨の日の日焼け止めSPFはどのくらいのものを選べばいい?

日焼け止めのイメージ画像

雨の日は、晴れている日と比べて、紫外線は比較的少ないと言われています。

そのため、強力な日焼け止めをする必要はなく、「SPF30」で「PA++」くらいで十分です。

また、晴れた日でも、日常の家事や買い物、散歩程度であればSPF10~40程度でも効果が期待できると言われています。

ちなみに「SPF」と「PA」の意味はコチラです。

Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)の略で、紫外線によって起こる急性の炎症(サンバーン)の防止効果の程度を表しています。

サンバーンは主にUVB(中波長紫外線)によって起こることから、UVBの防止効果を表しているといえます。

数字で表し、値が大きいほど、防止効果が高くなります。最高値は50です。

明らかにSPF51を超える製品はSPF50+と表示されます。

引用:Kanebo

Protection grade of UVA(プロテクショングレイドオブUVA)の略で、UVA(長波長紫外線)防止効果の程度を意味します。

防止効果の程度は+、++、+++、++++の4種類で表し、+が多いほどその防止効果は高くなります。

引用:Kanebo

「SPF」と「PA」の意味を理解した上で、日焼け止めを選びたいですね。

雨の日は室内にいても日焼け止めを塗った方がいい?

雨の日室内のイメージ画像

雨の日の室内でも、日焼け止めは塗っておいた方が良いです。

その理由は、紫外線は窓ガラスを通り抜けて入ってきてしまうからです。

「外に出なければ日焼け止めは塗らなくても大丈夫」「雨だし、出かけないから日焼け止めは塗らないでおこう」と思っていませんか?

肌を紫外線から守るためにも、雨の日の室内でも日焼け対策をしておいた方がいいと言えます。

紫外線にはUVA・UVB・UVCがあり、窓ガラスを通ってくるので室内でも注意

紫外線にはUVA・UVB・UVCがあり、UVAは窓ガラスを通り抜けやすいので室内にいる場合でも注意が必要です。

そもそもUVA・UVB・UVCの違いは以下のとおり。

  • UVA …UVBの20倍以上、地上に届いている。肌の奥まで届くのでシミやしわの発生と関連性が深い
  • UVB …オゾン層にさえぎられるため、全紫外線の10%ほどしか届かない。長時間浴びると肌が赤くなる
  • UVC …オゾン層にさえぎられるため地上には届かない

上記のように一番怖いのはUVAです。

UVBは直射日光に当たらないなどの対策である程度防ぐことはできるので、室内にいればそんなに脅威ではありません。

しかし、UVAは窓ガラスカーテンでもある程度通り抜けるので、室内にいても紫外線を浴びている可能性が高いです。

加えて、UVAを浴びても肌が赤くなるなどすぐに見た目の変化が現れません。

見た目に変化がないからと言って油断していると、知らず知らずの間にUVAを浴びていて、肌に悪影響を及ぼしていることも考えられます。

そのため、心配な方は室内でも日焼け止めを塗る・もしくは日焼け止め効果のある化粧下地を塗っておくことをおすすめします。

雨の日におすすめの日焼け止め10選

雨の日の日焼け止めのイメージ画像

雨の日にオススメの日焼け止め10選を、カテゴリに分けてご紹介します。

SPF50前後 晴れの日兼用使用可

商品名耐水性SPF/PA
ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンスSPF50+/PA++++
ALLIE(アリィー)クロノビューティ ジェルUVSPF50+/PA++++
ニベアサン プロテクトウォータージェルSPF50/PA+++

SPF30前後 雨の日にオススメ(日常生活でも使用可)

商品名耐水性SPF/PA
サーフレモネード ボディスプレーファンデーションSPF30
MODERE(モデーア) サンスクリーンSPF30/PA+++
テニファー リキッドミルクUVSPF30/PA++

SPF30前後 雨の日も子どもにも使える

商品名耐水性SPF/PA
アロベビー ウォータープルーフ UV ミルクSPF30/PA+++
ニベアサン プロテクトウォータージェル こども用 SPF28/PA++
ダリヤ ヒヨコート 日やけ止めミルクジェル ポンプタイプ SPF35/PA+++
UVライトベールSPF23/PA++

SPF50前後 晴れの日兼用使用可

ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス 85g

スーパーウォータープルーフタイプで、汗や水にかなり強い日焼け止めですが、せっけんで落とせるのがポイントです。

SPFは高いので、晴れの日にも使うことができます。

ALLIE(アリィー)クロノビューティ ジェルUV EX

ウォータープルーフ(耐水)とフリクションプルーフ(摩擦に耐える)で、「汗や水、こすれに強い」日焼け止めです。

ジェルタイプなのでべたつきが少ないです。

また、SPFは高いので晴れた日にも使うことができます。

ニベアサン プロテクトウォータージェル ポンプ140g

ポンプタイプで、化粧水感覚で塗れる日焼け止めです。

せっけんで落とせて化粧下地にも使えます。

SPFは高いので、晴れた日に使用しても紫外線から肌を守ってくれます。

ただ、ウォータープルーフではない点は注意が必要です。

SPF30前後 雨の日にオススメ(日常生活でも使用可)

サーフレモネード ボディスプレーファンデーションSPF30 ウォータープルーフ 100g

スプレー・ミストタイプの日焼け止めです。

全身用ですが、日焼け止め兼ファンデーションなので、これ1本で時短メイクになります。

SPF30で、ウォータープルーフなので雨の日に最適です。

MODERE(モデーア) サンスクリーン 125g

SPF30のクリームタイプの日焼け止めです。

ウォータープルーフで、汗や水に強いのが特徴です。

テニファー リキッドミルクUV 45mL

乳液タイプで化粧下地にも使用できる、乾燥肌の方向けの日焼け止めです。

ウォータープルーフなので汗や水に強いですが、通常のクレンジングで落とせます。

SPF30前後 雨の日も子どもにも使える

アロベビー ウォータープルーフ UV ミルク 60g

ウォータープルーフなので汗や水に強く、オーガニックなので新生児から使える日焼け止めです。

SPF30/PA+++なので、紫外線から赤ちゃんの肌を守りつつ、肌への負担は少ないです。

ニベアサン プロテクトウォータージェル こども用 120g

3番目にご紹介した「ニベアサン プロテクトウォータージェル」の子ども用です。

デリケートな赤ちゃんの肌にも使えて、せっけんで落とすことができます。

ウォータープルーフではないので注意が必要です。

ダリヤ ヒヨコート 日やけ止めミルクジェル ポンプタイプ 100g

ミルクジェルタイプの日焼け止めです。

せっけんで簡単に落とすことができ、子どもの肌にも安心して使えます。

ただし、ウォータープルーフではないので注意です。

UVライトベール

親子で安心して使える日焼け止めです。

ウォータープルーフではない点、落とすときは低刺激洗浄剤を使う点に注意が必要です。

雨の日に日焼け止めが濡れて落ちた場合の対処法は?

雨の日対処法は傘のイメージ画像

雨の日に日焼け止めが濡れて落ちた場合、以下のような対処法があります。

  1. 日焼け止めを塗りなおす
  2. 紫外線をカットできる傘や帽子で対応

1:日焼け止めを塗りなおす

雨の日でなくても、暑さによる汗で日焼け止めが落ちてしまうことがあります。

やはり一番は面倒くさがらずにこまめに塗りなおすのが良いです。

汗や水をハンカチなどで拭き取ったあと、もう一度日焼け止めを塗りましょう。

何度も塗りなおすのが面倒という方は、ウォータープルーフタイプの日焼け止めを使うというのも手です。

ウォータープルーフタイプの日焼け止めであれば多少の水には強いため、簡単には落ちません。

2:紫外線をカットできる傘や帽子で対応

紫外線をカット(UVカット)する傘や帽子があれば、それで対応することもできます。

傘は、晴雨兼用のもののほとんどにUVカット機能があります。

急な雨に対応できるので、晴雨兼用UVカットの傘を持っておくのも便利です。

ただし、傘や帽子で100%防げるわけではありませんので、傘や帽子を使う場合も日焼け止めを併用することをおすすめします。

雨の日に日焼け止めを忘れた場合の対処法は?

日焼け止めを忘れたのイメージ画像

雨の日に日焼け止めを忘れた場合の対処法は、以下のとおりです。

  1. (持っていれば)紫外線カットできる傘をさす
  2. 日焼けした後のスキンケアで対応

1:(持っていれば)紫外線カットできる傘をさす

持っているなら、UVカット(紫外線カット)の傘をさすことが一番良いと思います。

晴雨兼用の傘のほとんどにUVカット機能がついているので、折り畳みなどで1本、常に持ち歩くのも良いかもしれません。

2:日焼けした後のスキンケアで対応

雨の日でも、肌は目に見えない紫外線にさらされて、ダメージを負っています。

そこで、早い段階での肌へのアフターケアが大切です。

ケアの順番は以下のとおり。

  1. しっかり肌を冷やす
  2. たっぷりと保湿する
  3. 美白ケアのアイテムを使う

日焼けしたあと、紫外線でダメージを負ったあとに大切なのは「冷やすこと」と「保湿すること」です。

焼かないことが1番ではありますが、「しまった!」というときにはアフターケアで肌を守りましょう。

【おわりに】雨の日は屋外・室内でも日焼け止めを塗った方がいい?SPFとおすすめの紫外線対策を紹介まとめ

雨の日でも日焼け止めが必要な理由をまとめました。

雨の日は太陽の光で肌が焼ける可能性は減りますが、日焼け止めをぬらないと紫外線で肌へのダメージを受けます。

そのため、雨の日でも日焼け止めを塗った方が良いです。

日焼け止めが落ちてしまった場合は、こまめに塗りなおすことが一番ですが、どうしても難しい場合はUVカットできる傘や帽子で対応しましょう。

雨の日だからと言って油断せず、大切な肌を守っていきましょう。

-生活