ポイントカードの捨て方・処分方法と捨てる基準を解説!退会しないで捨てるのは問題ないのか?

ポイントカードの捨て方のアイキャッチ

お店に行くともらえるポイントカード、お財布に入らないくらい枚数が増えてきて困っていませんか?

しかし、どのように処分してよいのか迷いますよね。

プラスチックのポイントカードの捨て方や、捨てる前に退会するべきなのか、色々と疑問に思う方もいるでしょう。

この記事では、

  • ポイントカードの捨て方(種類別の処分方法)
  • ポイントカードを捨てる場合は退会手続きをするべきか?
  • ポイントカードを捨てる基準

について詳しく解説していきます。

ポイントカード捨て方・処分方法

ポイントカードを捨てるイメージ画像

まずポイントカードは大きく分けて3つのパターンがあります。

  • 紙のポイントカード
  • プラスチックのポイントカード
  • ポイントカードからアプリに切り替えた

それぞれ処分方法が異なりますので、詳しく解説していきましょう。

紙のポイントカードは破って捨てる

紙のポイントカードは破って捨てましょう。

なぜ、破るのかというと名前や個人情報が記入されている場合があるからです。

また、紙のポイントカードは燃えるゴミとなります。

なので、個人情報がわからないくらいに破ったらそのままゴミ箱に捨てても大丈夫です。

プラスチックのポイントカードはハサミで小さく切って捨てる

プラスチックのポイントカードは、ハサミで小さく切ってから捨てましょう。

小さく切る理由は、個人情報を読み取ろうと再現されるのを防止するためです。

悪用されないようにシュレッダーにかけても良いですし、2回に分けて捨てるのもおすすめとなります。

ポイントカードをスマホアプリに切り替えた場合、ポイントカードを捨てていいのか?

電子化が進んで、カードではなくアプリに切り替わっているお店も多いですよね。

断捨離として捨てても良いですが、保管しておくことをおすすめします。

店舗によってアプリに対応していないケースがあったり、アプリを読み込む機械にトラブルがあった時に困ってしまうことがあるからです。

アプリに切り替えたら、カードの方は使えなくるという場合は捨てても大丈夫でしょう。

ポイントカードを退会しないで捨てるのは問題ない?

退会手続きのイメージ画像

退会しないで捨てることは、全く問題ないとは言い切れません。

なぜなら、会社によって個人情報の管理方法が異なるからです。

しかし、多くの方がポイントカードを捨てる時に退会などの処理をせず捨てていると思います。

退会処理をせず処分しても、何か大きなトラブルが起きたというニュースを聞いたことがありません。

ですが、不安な方は退会手続きを行なってからポイントカードを捨てるのがおすすめです。

クレジット機能が付いている場合は、悪用されないためにも退会は必ずしてください。

ポイントカードを捨てる際は残りのポイント数を確認してポイントを全部使ってから処分するのがおすすめ

ポイントを貯めているイメージ画像

ポイントカードを捨てる前に、一度ポイント数を確認しましょう。

思っていたよりポイントがたくさん貯まっていた、という場合もあるからです。

不要なポイントカードといっても、せっかく貯めたポイントを使わずに捨ててしまうのはとてももったいないですよね。

そうならないためにも、捨てる際は残りのポイント数を確認して全部使ってから処分しましょう。

ポイントカードを捨てる基準

判断・基準のイメージ画像

ポイントカードを捨てたいけど、どれを捨てて良いか迷っていませんか?

ポイントカードを捨てる基準をご紹介するので、是非参考にしてみてください。

お店が閉店した時

お店が閉店してしまうと、必然的にポイントカードも使えなくなりますので捨てても良いでしょう。

お店に行かなくなった・行けなくなった時(引っ越し等)

引っ越しなどの理由でお店に行かなくなったり、距離的にも行けなくなった場合もポイントカードの必要性がなくなりますので捨てても大丈夫です。

有効期限が切れてしまった時

有効期限が切れてしまうと、持っているポイントカードは使えなくなりますので捨てても良いです。

また、期限が切れて新しいカードを作った場合も期限切れのポイントカードの方は使えなくなりますので捨てましょう。

お店に行く回数が少なくて有効期限内にポイントが貯まらない(利用頻度が少ない)

ポイントカードを作ったが、有効期限内にそこまでお店を利用しないという場合も捨てて大丈夫です。

利用頻度が少ないとポイントも貯まらず、お財布を圧迫するだけのカードになりますので捨てる基準の一つになるでしょう。

ポイントを貯めてもメリットがないと分かった時

お得だからとポイントカードを作ったが、メリットがないと分かった時も捨てて大丈夫です。

例えば、ポイントを交換する時に希望の商品がないなど自分にとってメリットがない場合は持っていても仕方ありません

まとめ

ポイントカードの捨て方、捨てる基準についてまとめました。

参考になりましたでしょうか。

  • 紙やプラスチックのカードは個人情報を見られないように切って捨てる
  • アプリに切り替えたカードは保管がおすすめ
  • 個人情報が心配な方は退会手続きがおすすめ
  • 捨てる前にポイント数を確認する
  • ポイントカードを捨てる基準5つ

この記事を参考に、ポイントカードを減らしてお財布をすっきりさせましょう。

-生活