ペットボトルを燃えるゴミに入れるとバレる?入れたらどうなるの?

「ペットボトルを燃えるゴミに入れるとバレる?入れたらどうなるの?」のイメージ画像

ペットボトルは資源ごみとして出す自治体が多いですよね。

しかし「バレないから燃えるゴミに入れて捨ててる」「ペットボトルは燃えるから燃えるゴミで大丈夫」と言って燃えるゴミとして捨てる人も少なくありません。

この記事では

  • ペットボトルを燃えるゴミに入れるとバレるのか
  • ペットボトルを燃えるゴミに入れるとどうなるか
  • ペットボトルを燃えるゴミに入れたらなぜダメなのか

についてまとめました。

結論から言うと、ペットボトルを燃えるゴミに入れるとバレる可能性があり、バレると収集されないどころか罪に問われることもあります。

また、ペットボトルは環境を守り原料を枯渇させないためにも、燃えるゴミではなく資源ごみとして出すことを推奨されています。

ペットボトルの捨て方が気になる人はぜひ読んでみて下さいね。

ペットボトルを燃えるゴミに入れるとバレる?

「ごみを回収するゴミ収集車」のイメージ画像

ペットボトルを燃えるゴミに入れるとバレる可能性は高いです。

自治体によってはゴミ袋を中身が見えるように透明な袋を指定するところが多く、燃えるゴミにペットボトルが入ってれば一目瞭然で分かってしまいます。

また、ゴミ収集車の人はプロであるため、たとえ袋からペットボトルが見えていなくてもゴミの重さや大きさだけで見分けがつくそうです。

燃えるゴミにペットボトルを入れると高確率でバレるので、バレないからとルールを守らず捨てるのはやめましょう。

ペットボトルを燃えるゴミに入れるとどうなる?

「違法を取り締まる人」のイメージ画像

ペットボトルを燃えるゴミに入れると以下の4つのことが起こる可能性があります。

  • 収集されない
  • 動物が荒らし汚れる
  • 近所の評判
  • 違法の可能性

収集されない

燃えるゴミにペットボトルを入れてるのがバレると、収集されない可能性があります。

ペットボトルは資源ごみとして出すように定められている自治体がほとんどであり、燃えるゴミではありませんよね。

ペットボトルを燃えるゴミに入れてるのがバレた結果、回収されず残されて結局自治体の人がゴミを出した人を特定し注意されたということも…。

ゴミ収集車の人や自治体にも迷惑がかかるので、バレないからとペットボトルを燃えるゴミに入れるのはやめましょう。

動物が荒らし汚れる

ペットボトルを燃えるゴミに入れた結果、動物が荒らし汚れることが考えられます。

ペットボトルをルールを守らず燃えるゴミに入れてると、回収されずゴミ置き場に放置され続けてしまうことがあります。

そして回収されず残され続けた結果、カラスなどの動物たちがゴミを漁り、ゴミ置き場周辺が荒らされたゴミで散乱していたということも…。

ゴミが荒らされた地域は治安が悪く清潔感もない印象を持つため、あまり住みたいと思いませんよね。

ペットボトルを燃えるゴミに入れると回収されずに動物に荒らされることがあるので、回収されるようルールを守るようにしましょう。

近所の評判

ペットボトルを燃えるゴミに入れると近所の評判に影響します。

ペットボトルを資源ごみとして出すように自治体で定められているならば、燃えるゴミに入れるのは当然ルール違反ですよね。

そしてルールを守らない人というのは、個人情報が載ったハガキなどもそのまま捨てるような雑な人が多く、高確率で誰が捨てているか分かってしまうそうです。

ゴミを捨ててる人を特定された結果、あっという間に近所に噂が広まり周りから非常識な人という印象をもたれながら住み続けるようになることも…。

ゴミ捨てのルールを守らず近所から後ろ指さされて住みづらい思いをするくらいなら、ゴミの分別をしっかりと行うことをおすすめします。

違法の可能性

ペットボトルを燃えるゴミに入れてると、違法の可能性があるので注意が必要です。

廃棄物処理法によって各自治体でゴミの分別のルールが定められています。

中には、焼却炉の性能により燃えるゴミにペットボトルを入れて出すことが可能な自治体も少なからず存在します。

もし、ペットボトルを燃えるゴミに入れて捨てるのが違法である場合、5年以下の懲役または1000万円以下の罰金となる可能性も…。

ゴミの分別を軽視しすぎると罪に問われることがあるので、自治体のルールをしっかりと確認しておきましょう。

ペットボトルを燃えるゴミに入れたらなぜダメ?

「環境問題」のイメージ画像

ペットボトルを燃えるゴミに入れたらダメな理由は以下の3つです。

  • 原料を枯渇させないため
  • 環境問題を改善するため
  • 焼却炉の寿命を守るため

原料を枯渇させないため

ペットボトルを燃えるゴミに入れるとなぜダメなのか、原料を枯渇させないためです。

容器包装リサイクル法により、ペットボトルをリサイクルすることが推奨されています。

主にペットボトルは、衣類の繊維や食料品パウチなどの包装フィルム、飲料用のボトルなどに生まれ変わることが可能なのです。

限りある資源を大事に使うためにも、ペットボトルは燃えるゴミに入れず資源ごみとして出すようにしましょう。

環境問題を改善するため

ペットボトルは燃えるゴミに入れるとなぜダメなのかは環境問題を改善するためです。

ペットボトルは燃えるゴミとして捨てられると地球温暖化に拍車をかけると言われています。

ペットボトルの原料は主に石油です。

石油が原料のペットボトルを燃えるゴミとして捨ててしまうと、焼却炉の中で二酸化炭素が発生し地球温暖化の原因となり得ます

環境を守るためにも、ペットボトルを燃えるゴミに入れるのはやめましょう。

焼却炉の寿命を守るため

ペットボトルを燃えるゴミ入れるとなぜダメなのかは、焼却炉の寿命を守るためです。

焼却炉は燃えるゴミだけを燃やすことを想定して作られています。

しかしペットボトルなどが混ざると、焼却炉の温度が上がりすぎてしまうため寿命を縮める原因になりかねません。

ペットボトルを燃えるゴミとして出すと焼却炉の寿命を縮めることになるため、正しく分別して出すようにしましょう。

【おわりに】ペットボトルを燃えるゴミに入れるとバレる?入れたらどうなるの?まとめ

以上、ペットボトルの捨て方についての記事をまとめました。

ペットボトルを燃えるゴミに入れると高確率でバレることが分かりました。

ペットボトルを燃えるゴミに入れてバレたらどうなるかは以下の4つの通りです。

  • ゴミ収集車の人に回収されない
  • 回収されず残ったゴミが動物に荒らされ汚れる
  • 近所の人から非常識な人と思われて住みづらくなる
  • 違法の可能性がある

また、ペットボトルを燃えるゴミに入れたらなぜダメなのかは以下の3つの理由がありました。

  • ペットボトルをリサイクルすることで原料を枯渇させないため
  • ペットボトルを焼却炉に入れると二酸化炭素が発生し地球温暖化の原因となるため
  • ペットボトルを焼却炉に入れると焼却炉を傷めて寿命を縮めてしまうから

ペットボトルを燃えるゴミに入れたことのある人はぜひ参考にしてみて下さいね。

-生活