だって望まれない番ですからネタバレ漫画!原作小説はなろうで読める?

漫画・だって望まれない番ですからネタバレ、最終回の結末予想、原作小説はなろうで読めるのかをまとめた記事です。

コミックシーモアで先行配信している漫画「だって望まれない番ですから」。

このページでは、漫画「だって望まれない番ですから」最新話までのネタバレ・最終回の結末予想をまとめました。原作小説は小説家になろうで連載しているのかも調べてまとめています。

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

コミックシーモアで無料試し読みする

今なら1話無料!
会員登録なしですぐ読める
~7/30まで

漫画「だって望まれない番ですから」 ネタバレ全話

「だって望まれない番ですから」ネタバレを全話分まとめていきます。

だって望まれない番ですから ネタバレ1話

主人公のアデリエーヌ・リュシーは、ある日、竜族のドラグランド第三王子のもとへ嫁ぐことになりました。

この世界では、空に島が浮いており、その島には竜族が住むと言われています。

しかし、竜族の島での生活は、おとぎ話のようにキラキラしたものではありませんでした。

人間のアデリエーヌは、竜族に嫁いだだけで毎日嫌味を言われる日々を過ごしていたのです。

寿命が長い竜族が番いを迎える場合、「番迎えの儀(つがいむかえのぎ)」というものを行います。

その「番迎えの儀」のときはなるべく体調を万全にしておいた方がいいとのこと。

もともと体が弱かったアデリエーヌの体調にあわせて「番迎えの儀」を延期していたのです。

その件について侍女たちは、アデリエーヌへの不満をもらしていました。

朝食の席についたアデリエーヌ。

同じ食卓には第三王子も座っており、アデリエーヌは世間話をしますが冷たくあしらわれてしまいます。

夜、庭を散歩しないかと誘おうとするも、第三王子は露骨に嫌な顔をし、ため息までつく始末。

その夜、来ないだろうと思いつつも第三王子を待つアデリエーヌ。

そんななか侍女に、「アデリエーヌの祖国から届いた」と飴を渡されます。

後日、アデリエーヌが休んでいると紅蓮の騎士団のルチア・ボルボスとクレッシド・バルベールがやってきます。

お茶を入れてと言われ、アデリエーヌは中庭に連れてこられたのです。

3人で楽しくお茶をしていたところ、第一王子と第三王子がやってきます。

ルチアとクレッシドは席を外し、アデリエーヌと第一王子、第三王子の3人でお茶をすることに。

第一王子に、興味があることはないかと聞かれたアデリエーヌは、空魚と答えます。

第三王子に言われ、席を立つアデリエーヌでしたが、よろけて倒れてしまいます。

アデリエーヌの近くにいた第三王子でしたが…。

>>コミックシーモアで「だって望まれない番ですから」を無料試し読みする

だって望まれない番ですから ネタバレ2話

第三王子の行いについて、第一王子から直々に謝罪を受けるアデリエーヌ。

第一王子は、アデリエーヌがないがしろにされていることも理解していました。

時は過ぎ、ある日アデリエーヌのもとにルチアがやってきます。

わざと寒い場所で待つように侍女長から言われていたアデリエーヌ。

ルチアが侍女長にキレていると、ラディア・ルドニーがやってきます。

ラディア・ルドニーはもともと第三王子の婚約者候補だった人物です。

挑発した口調で話しかけてくるラディアに対して、ルチアも挑発した口調で返します。

しばらくすると、騒ぎを聞きつけて第三王子がやってきました。

仲裁に入るも、ラディアとルチアの怒りはおさまりません。

しかし、アデリエーヌはあることを目撃し、悲しくなってしまうのです…。

その後、第三王子と一緒に食卓についたアデリエーヌ。

アデリエーヌは思い切って、自分の気持ちを打ち明けます。

  • 第三王子が最低限の関わりさえ持とうとしないこと
  • アデリエーヌという名前すら呼ぼうとしないこと

などです。

必死に訴えるアデリエーヌでしたが、第三王子は態度を変えようとしませんでした。

夜、のどがかわいて部屋の外にでたアデリエーヌは、第一王子と第三王子が口論しているところを目撃してしまい…。

>>コミックシーモアで「だって望まれない番ですから」を無料試し読みする

だって望まれない番ですから ネタバレ3話

(第3話は、おそらく回想か過去の記憶が描かれています。)

アデリエーヌと第三王子は海にいました。

仲睦まじそうに会話をしたり、食事を楽しんだり。

でもたまにしか会えないようで、別れ際のアデリエーヌはとても寂しい表情をしています。

第三王子は、アデリエーヌに自分の名前を明かしていないようです。

そして、アデリエーヌの婚約者は第三王子ではなく、アッシュ。

アデリエーヌの態度を見ていると第三王子に好意を抱いているように見えますが、第三王子はアデリエーヌの幸せを願っています。

>>コミックシーモアで「だって望まれない番ですから」を無料試し読みする

だって望まれない番ですから ネタバレ4話

アデリエーヌが目覚めると、すぐそばには第一王子がいました。

2日前に倒れて依頼、目を覚まさなかったとのこと。

ベッドのすぐ横にはアデリエーヌの好きなイラリアの花が飾られていましたが、第一王子は「こんな花」と吐き捨てるように言いました。

第一王子が優しい言葉をかけてくれても、第三王子の言葉が耳から離れません。

今後一生つらい世界で生きていかなければいけない、と考えると地獄のようでした。

後日、アデリエーヌは、第三王子の許可なく外出ができなくなったことを聞かされます。

ほぼ監禁に近い状態になり反発するアデリエーヌでしたが、そんな意見は届くはずもありません。

そんななか、クレッシドがアデリエーヌの部屋にやってきます。

部屋から出られなくなったことを必死に訴えるアデリエーヌでしたが、クレッシドにとっては「そんなこと」と言えるほどささいなことのようでした。

そんなクレッシドの言葉が許せず、冷たくあしらうアデリエーヌ。

次の春、アデリエーヌの体調はだいぶ悪くなっていました。

侍女が部屋にお茶を運んできます。

アデリエーヌに話しかけてくれる侍女も、今ではひとりしかいません。

以前クレッシドに冷たくあたって以降、クレッシドに手紙を書いても未開封で戻ってきてしまい、ルチアに手紙を書いても返事は帰ってこなかったのです。

先ほど侍女が持ってきたお茶を飲んでから、アデリエーヌの体調は急に悪くなります。

呼吸ができず、ついには口から血を吐き…。

意識を失ったところで、アデリエーヌは全然違う場所で意識を取り戻します。

意識を取り戻したアデリエーヌの前にいたのは、配達人のラレンでした。

ラレンは、竜族の第三王子が番いを探しているという話をします。

そして今まさにアデリエーヌのところに届いたのが、第三王子の番い候補50人に送られた手紙のうちの1通です。

先ほど見た光景を思い出したアデリエーヌは、それが死の招待状だとわかっていました。

この手紙に従って行動すれば、さっきまで見ていた光景のように自分は殺されてしまうと感じ…。

>>コミックシーモアで「だって望まれない番ですから」を無料試し読みする

だって望まれない番ですから ネタバレ5話

バルデガッサ王国の街・ガルダイル。

グレブリュール地区でパン屋を営んでいたアデリエーヌ・ファーレは、お金と食料だけ持って逃げ出そうとしていました。

このまま自宅にいれば、捕まってしまうと感じたのです。

第三王子からの招待状は暖炉の火の中に投げ込んだはずなのに、全く燃えていませんでした。

外に出ると、門のところに長い行列ができていました。

なんでも街の外に出るには、魔法盤の登録が必要になったとのこと。

これも招待状が届いたことが原因でした。

途方に暮れたアデリエーヌが歩いていると、お店の常連レヴィに会います。

レヴィに冬いちご採りと、乗合馬車の様子を見てもらうことにしました。

続いてアデリエーヌが向かったのはガーグというチーズ屋さんのところです。

世間話をしていると、先ほどのレヴィが戻ってきました。

レヴィから乗合馬車が登録制になっていたことを聞いたアデリエーヌ。

また明日、会う約束をしてその日は別れました。

壁を登って脱出できないか考えていたアデリエーヌ。

しかしそこで、ある男性に声をかけられ…。

>>コミックシーモアで「だって望まれない番ですから」を無料試し読みする

だって望まれない番ですから ネタバレ6話

カーリーという女性から、人族から竜族へ番いに行ったのは5人だという話しを聞いたアデリエーヌ。

今までの経緯を知れば、逃げる糸口になるかもしれないと思い、図書館で調べることに。

しかしそこで、昨日会った貴族の男性とまた遭遇します。

貴族の男性は、竜のことが知りたいならルールディスト図書館に行ったらいいと教えてくれました。

その後、貴族の男性に家まで送ってもらったアデリエーヌ。

店の前ではゼファという男性が待っていました。

ゼファは、貴族の男性の姿を見て、またライバルが増えたのだと嫉妬したのです。

アデリエーヌに好意を抱いてるゼファは、結婚しようと毎日のように気持ちを伝えていました。

ゼファはアデリエーヌにあることを伝えに来ていました。

竜族の番い候補を辞退するものがいれば報復をすると警告があったそうです。

ゼファはその警告があったことを伝えに来ていました。

場面は変わり、竜族が住むドルグランドの王族墓地では第一王子が…。

>>コミックシーモアで「だって望まれない番ですから」を無料試し読みする

漫画「だって望まれない番ですから」 今後の展開予想・最終回の結末予想

最終回はアデリエーヌと第三王子が幸せに暮らすハッピーエンドになると予想します。

それまでに、

  • 第三王子が冷たい態度をとっている理由
  • アデリエーヌと第三王子の過去
  • 第一王子が何を企んでいるのか
  • 第一王子や第三王子は、なぜ名前を取り上げられたのか
  • アデリエーヌと第三王子が和解し、距離が縮まる様子

などが描かれると思います。

漫画「だって望まれない番ですから」 原作小説は小説家になろうで連載してる?

「だって望まれない番ですから」の原作小説は小説家になろうで連載しています

原作は一ノ瀬七喜さん著の同名小説です。

>>だって望まれない番ですから|小説家になろう連載ページ(R18)

まだ連載中なので完結はしていません。

【おわりに】だって望まれない番ですからネタバレ漫画!原作小説はなろうで読める?まとめ

漫画「だって望まれない番ですから」第1巻~最新話までのネタバレ・最終回の結末予想をまとめました。

前世の記憶を思い出したり、何度も転生していたりと、不思議なお話しです。

おそらくアデリエーヌと第三王子はハッピーエンドで終わると思いますが、それまでに色々と伏線回収されていくでしょう。

漫画「だって望まれない番ですから」の原作小説は小説家になろうで連載しています。

ただ、完結しておらずネタバレを先に知ることができません。

今後も漫画「だって望まれない番ですから」の最新話がでるたびにネタバレを追記していきます。

>>漫画「だって望まれない番ですから」をお得に読む方法をまとめた記事はこちら

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

コミックシーモアで無料試し読みする

今なら1話無料!
会員登録なしですぐ読める
~7/30まで

-電子書籍・マンガ