noicomi鬼の花嫁のネタバレ5巻!激怒した玲夜が鬼の炎で瑶太を焼く

漫画「noicomi鬼の花嫁」は、和風シンデレラストーリーの設定が醍醐味の人気少女漫画です。

家族から虐げられ続けてきた不幸な少女・柚子が、鬼の花嫁となることで幸せへの一歩を踏み出す、というお話になっています。

本作では鬼や狐といった“あやかし”と呼ばれる存在が、日本経済の中枢を担っている現代が舞台です。

第5巻は、柚子の家族たちが、鬼の“あやかし”である玲夜から制裁を受けるワンシーンを見ることができます。

この記事では、漫画「noicomi鬼の花嫁」第5巻のネタバレを紹介します。

漫画「noicomi鬼の花嫁」 5巻のあらすじ・内容ネタバレ

祖父母との養子縁組を果たすため、玲夜と共に再び実家へと戻ってきた柚子。

しかし、柚子はそこで尚も家族から謂れのない責任転嫁をされてしまう展開に陥ります。

祖父母は柚子のことを庇ってくれますが、傲慢で意地っ張りな柚子の両親は、自分たちの意見を曲げようとはしませんでした。

それどころか妹の花梨は、自分が狐の“あやかし”の花嫁であり、この家を支えている存在なのだから、柚子よりも自分が優先されて当然だといった趣旨の主張をしてきます。

花梨にとって柚子は姉でありながら奴隷のような存在でした。

そして柚子の両親にも、花梨のねじ曲がった考えが当たり前の事の様に認識されていたのです。

あまりにも傲慢すぎる花梨と、彼女の我儘を許容してしまう贔屓がすぎる両親に、ついに玲夜が口を挟みます。

玲夜が“あやかし”のトップに立つ鬼の一族であることを知らない花梨は、自分が狐の花嫁であることを全面的にアピールしながら、玲夜のことを貶してきました。

慌てたのは傍に居た狐の“あやかし”である弧月 瑶太(こげつ ようた)です。

狐の一族は“あやかし”の世界ではそれなりに地位の高い一族ではありましたが、全あやかしのトップに立つ鬼の一族の玲夜に比べれば、権力の差は天と地ほども差があります。

焦った瑶太は急いで取り繕おうとしますが、その行為さえも玲夜の逆鱗に触れてしまいました。

瑶太は、鬼の炎によってその身を焼かれてしまう事態に陥ります。

漫画「noicomi鬼の花嫁」 5巻のネタバレ感想

柚子には無償の愛を惜しみなく与えようとする玲夜ですが、反対に、柚子以外の人間には冷酷すぎる対応をとります。

漫画「noicomi鬼の花嫁」は強者が自分だけを特別視するシチュエーションが好きな読者にとっては、ツボにはまるシーンが非常に多いです。

第5巻では、これまで高慢な態度を取り続けていた弧月 瑶太が、鬼のあやかしである玲夜の姿を見たとたんに、急に焦りだす滑稽な姿を見ることができます。

さすがの瑶太も自分より位の高い“あやかし”が相手では下手に出るしかないようで、急に敬語になったり花梨の失言を咎めたりと、焦っている様子が伺えました。

一方では、“あやかし”界隈についてあまり詳しくないのか、花梨は玲夜の姿を見ても一切態度を改めようとはせず、むしろ玲夜に対して失言を連発します。

それを見た瑶太の焦りっぷりも見物でしたが、一番衝撃的だったのは玲夜の逆鱗に触れてしまった瑶太が鬼の能力によって全身を焼かれてしまうシーンでした。

花梨は倒れる瑶太を見下ろしますが、その表情からは「心配」「悲しみ」といった感情は読み取れません。

むしろ花梨の表情から読み取れたのは、自分の婚約者がぞんざいな扱いをされたことに対する「悔しさ」「怒り」といった感情でした。

第5巻は妹の花梨の根性の悪さがひときわ目立つ巻となっています。

まとめ

漫画「noicomi鬼の花嫁」第5巻のネタバレを紹介しました。

第5巻の見どころは、傲慢な花梨と瑶太が玲夜の登場によって返り討ちに遭うシーンです。

しかし、実際に制裁が加えられたのはまだ瑶太だけなので、花梨への制裁については第6巻に期待したいところではあります。

漫画「noicomi鬼の花嫁」は柚子が虐げられ続けるもどかしさを感じる一方で、悪役たちが返り討ちに遭うシーンもしっかり盛り込まれている爽快な少女漫画です。

また、シンデレラストーリー風のシチュエーションが読みたい人にとってはぴったりの作品なので、ぜひ漫画を購入して美麗イラスト付きで作品を楽しんでみてください。

-電子書籍サイト
-