「競争の番人」ドラマの脚本家は誰?

2022年7月11日

2022年7月~放送が始まったドラマ「競争の番人」。

原作は、前クールの「元彼の遺言状」と同じく新川帆立さんです。

原作の面白さが保証されているとなると、気になるのが脚本家ではないでしょうか。

このページでは、ドラマ「競争の番人」の脚本家は誰なのかをまとめました。

ドラマ「競争の番人」の脚本家は誰?

ドラマ「競争の番人」の脚本家は4名います。

  • 丑尾健太郎
  • 神田 優
  • 穴吹 一朗
  • 蓼内 健太

各脚本家さんの過去作品をまとめました。

丑尾健太郎さんの過去作品

  • 下町ロケット(2018年)
  • ノーサイド・ゲーム(2019年)
  • 半沢直樹(2020年)
  • 愛しい嘘~優しい闇~(2022年)

神田 優さんの過去作品

  • 下町ロケット(2018年)
  • ラジエーションハウス(2019年)
  • ラジエーションハウスⅡ(2021年)
  • 愛しい嘘~優しい闇~(2022年)

穴吹 一朗さんの過去作品

  • 軍師官兵衛 ※第2話以降(2014年)
  • 親バカ青春白書(2020年)

蓼内 健太さんの過去作品

  • アンサング・シンデレラ(2020年)

丑尾健太郎さんはTBSの人気ドラマを多く手掛けている脚本家さんです。

神田 優さんさんはTBS、フジテレビ、テレビ朝日など幅広いテレビ局のドラマ脚本に携わっています。

穴吹 一朗さん、蓼内 健太さんに関してはまだ脚本家として携わった作品が多くないものの、有名作品に参加されています。

【おわりに】ドラマ「競争の番人」の脚本家は誰なのかまとめ

ドラマ「競争の番人」の脚本家をまとめました。

脚本家は以下4名の方です。

  • 丑尾健太郎
  • 神田 優
  • 穴吹 一朗
  • 蓼内 健太

人気ドラマを数多く手掛けられている方もいますので、「競争の番人」も期待できるのではないでしょうか。

既に放送が始まっていますが、個人的には面白いと思ったので引き続き見ていきたいと思っています。

-ドラマ