「石子と羽男」ドラマの脚本家・演出家は誰?

2022年7月15日

「石子と羽男」ドラマの脚本家・演出家は誰?

2022年7月から放送が始まっているTBS金曜ドラマ「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」。

主演が有村架純さんと中村倫也さん、そしてTBSの金曜ドラマ枠ということで放送前から注目が集まっていました。

あとは気になるのが、ドラマの根幹となるストーリーを作る脚本家が誰なのかということですね。

このページでは、ドラマ「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」の脚本家・演出家は誰なのかをまとめました。

脚本家は、「魔王」や「信長協奏曲」などの人気作を手掛けた西田征史さん

そして実は、演出家として携わっている塚原あゆ子さんと山本剛義さんもすごい方なのです!

\石子と羽男の見逃し配信ならParavi/

Paravi 公式サイトはこちら

ドラマ「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」の脚本家は誰?

ドラマ「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」の脚本家は西田征史さんです

漫画や小説などの原作はなく、完全オリジナルドラマになっています。

西田征史さんは、元ホリプロの芸人さん。

芸人さんならではの面白い発想で、人々に愛される作品を多く出している脚本家さんです。

そんな西田征史さんはどんな作品の脚本を務めてきたのか気になりますよね。

過去の作品をまとめてみました。

西田征史さん過去作品一覧

タイトル公開日ジャンル
死ぬかと思った2007年ドラマ
魔王2008年ドラマ
怪物くん2010年ドラマ
とと姉ちゃん2016年前期連続テレビ小説
必殺仕事人20202020年ドラマ
怪物くん2011年映画
アフロ田中2012年映画
妖怪人間ベム2012年映画
信長協奏曲2016年映画

シリアスな作品から時代物、コメディどんなジャンルも得意としている脚本家さんだということがわかりますね。

特に魔王は、ドキドキハラハラの展開に毎週待ちきれないほどはまってしまう作品でした。

ジャンルは全く違うと思いますが、弁護士ならではの展開にハラハラドキドキするのではないかと楽しみにしています。

ドラマ「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」の演出家は誰?

ドラマ「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」の演出家は、塚原あゆ子さんと山本剛義さんです。

過去に手掛けた作品を見てもらうと、すごい方々だということがわかります。

塚原あゆ子さんの過去作品

  • アンナチュラル(2018年)
  • グランメゾン東京(2019年)
  • MIU404(2020年)
  • 最愛(2021年)

山本剛義さんの過去作品

  • コウノドリ2(2017年)
  • オー!マイ・ボス!(2021年)
  • 最愛(2021年)
  • 妻、小学生になる。(2022年)

塚原あゆ子さんは、TBSで大ヒットしたドラマを多く手掛けています。

上記で紹介した作品はほんの一部なので、他の作品もあわせるとものすごいヒット作品を次から次へと生み出している方です。

山本剛義さんの過去作品は記憶に新しいものが多いです。

感動もの、考察もの、ラブコメと幅広い作品に携わっている印象を受けます。

塚原あゆ子さんと山本剛義さんの2人はどちらも、大ヒットドラマ「最愛」に演出家として参加されていました。

加えて、「最愛」や「MIU404」に携わっていたプロデューサーの新井順子さんも、今作の「石子と羽男」に参加されています。

最愛チームが手掛けるドラマということで、これは期待できると思います!

【おわりに】ドラマ「石子と羽男」ドラマの脚本家・演出家は誰?

TBS金曜ドラマ「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」の脚本家・演出家についてまとめました。

  • 脚本家は、西田征史さん
  • 演出家は、塚原あゆ子さんと山本剛義さん

過去作品を見ると、脚本家・演出家・プロデューサーの方々はすごい方なので、始まる前から期待値が上がりますね!

どういう感じで話が進んでいくのか楽しみです。

ドラマ「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」第1話~最新話までのネタバレはこちらの記事で詳しくまとめていますので、あわせて読んでみてくださいね。

>>石子と羽男の原作は漫画?ネタバレと最終回ラストの結末予想

\石子と羽男が見放題/

Paravi(パラビ)

Paravi」では、ドラマ「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」の見逃し配信を行っています

石子と羽男は1話完結型ですが、第1話から見るとより楽しめます。

ぜひこの機会にParaviを利用してみてくださいね。

Paraviで石子と羽男を見る

-石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー