石子と羽男の原作は漫画・小説?脚本家は誰?

2022年7月8日(金)10時放送スタートのTBS系「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」。

大人気俳優の中村倫也さんと有村架純さんがタッグを組むこともあり、放送前から楽しみ!という声が上がっています。

TBSといえば大人気ドラマが多く放送されているので、ドラマの内容も気になるところなのではないでしょうか。

このページでは、

  • ドラマ「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」に原作はあるのか?
  • 脚本家は誰なのか?

などをまとめました。

ドラマ「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」に原作はある?原作は漫画や小説?

「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」には原作となる漫画や小説は一切なく、完全オリジナルドラマです。

完全オリジナルドラマということでネタバレを気にせず楽しめるドラマになっています。

弁護士が主人公のヒューマンドラマということで、どんな内容になっているのか放送前からドキドキワクワクですね。

内容も日常のトラブルいわゆる町弁のお話のようで、わかりやすく面白いストーリーになるのでは?と期待しています。

ドラマ「石子と羽男ーそんなコトで訴えますー」の脚本家は誰?

ドラマ「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」の脚本家は西田征史さんです

西田征史さんは、元ホリプロの芸人さん。

芸人さんならではの面白い発想で、人々に愛される作品を多く出している脚本家さんです。

そんな西田征史さんはどんな作品の脚本を務めてきたのか気になりますよね。

過去の作品をまとめてみました。

西田征史さん過去作品一覧

タイトル公開日ジャンル
死ぬかと思った2007年ドラマ
魔王2008年ドラマ
怪物くん2010年ドラマ
とと姉ちゃん2016年前期連続テレビ小説
必殺仕事人20202020年ドラマ
怪物くん2011年映画
アフロ田中2012年映画
妖怪人間ベム2012年映画
信長協奏曲2016年映画

シリアスな作品から時代物、コメディどんなジャンルも得意としている脚本家さんだということがわかりますね。

特に魔王は、ドキドキハラハラの展開に毎週待ちきれないほどはまってしまう作品でした。

ジャンルは全く違うと思いますが、弁護士ならではの展開にハラハラドキドキするのではないかと楽しみにしています。

「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」はどんなドラマ?あらすじ・内容

「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」は、世の中で起こる些細なトラブルにも、弁護士の存在で快適に暮らせることがあるという日常を描いたヒューマンドラマ。

日常のトラブルに挑むのは、東大卒で頭はいいが司法試験に4回も落ち続けている崖っぷちパラリーガルの石田硝子(いしだしょうこ)と、高卒だが司法試験に1発で合格した弁護士の羽根岡佳男(はねおかよしお)。

生きてきた道が正反対だけどどこか似ている2人が、日常で起こる様々なトラブルに挑んでいきます。

そして、トラブルに挑んでいく中で自身のコンプレックスにも向き合い人として成長していく物語です。

石田硝子は、真面目で一度決めたことはコツコツとこなす勤勉さがありますが、頭は石のように固いと言われ「石子」と呼ばれています

東大を首席で卒業したにも関わらず、司法試験とは相性が悪く落ち続けています。

「弁護士になれてないのではなく、ならないんです!」と周囲には話しているが司法試験に落ちるのが怖く試験に挑めないコンプレックスが。

一方、羽根岡佳男は見たものを写真で切り取ったかのように記憶することが出来る「フォトグラフィックメモリー」の持ち主

司法試験にも1発で合格をしている一見出来る弁護士です。

そんな羽男のコンプレックスは対応能力のなさ。

突発的なことが起こると思考が停止してしまいパニックになってしまいます。

そんな人間味あふれる2人がパラリーガルと弁護士として問題解決に挑んでいくお話です。

「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」では、中村倫也さんと有村架純さん以外にも個性的なキャストが脇を固めています。

ゲスト出演される方もいるので、「潮法律事務所」とどう絡んでいくのか毎話楽しみですね。

【おわりに】石子と羽男の原作は漫画・小説?脚本家は誰なのかまとめ

2022年7月8日(金)10時から放送スタート「石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー」は、

  • 原作なしのオリジナルドラマ
  • 脚本家は西田征史さん

です。

夏の暑い時期で、仕事や勉強が嫌だなと思ってしまう季節に私も頑張ろうと思えるような内容になりそうですね。

石子と羽男のキャラクターも面白いこと間違いなしだと思いますので、放送まで楽しみに待っていましょう!

-ドラマ