初恋の悪魔のキャスト相関図一覧!ドラマ出演者の過去作品も紹介

2022年6月29日

2022年7月16日(土)から日本テレビでスタートする新土曜ドラマ「初恋の悪魔」。

林遣都さんと仲野太賀さんがダブル主演を務め、脚本を坂元裕二さんが担当することが最初に発表されてから、続々キャスト情報が解禁されています。

公式のYouTube動画でヒントを出してくれたり、インスタグラムでもこまめに情報を発信してくれていますね。

そこでこのページでは、坂元裕二ワールドの「初恋の悪魔」の世界をより楽しめるように発表されたキャスト相関図についてまとめました。

キャスト(出演者)の関係を知っておくだけでドラマをより楽しめると思います。

ドラマ「初恋の悪魔」のキャスト(出演者)相関図一覧

鹿浜鈴之介(しかはま すずのすけ) 林遣都

境川署刑事課所属で現在停職処分中。

元県警捜査一課の刑事でした。

勉強はできるのにひどく要領が悪く、人付き合いが苦手なためか大きな家に1人で住んでいます。

シャーロックホームズに憧れ、ミステリー小説を引きこもって読み漁るという少年時代を過ごし、気が付けば古今東西の凶悪犯罪オタクとなっていました。

最初は探偵になりたかったのですが、現実の探偵は小説の中とは違い、浮気調査ばかりと聞いて刑事になる事にします。

しかし、刑事になったものの、鈴之助がやりたかった推理をするような仕事はなく実際に起こる事件には興味を持てませんでした。

「僕は凶悪犯罪に出会いたくて刑事になったのに」とやる気を失っています。

「もしかして僕が憧れたのは刑事ではなく犯罪者ではないか」頭の中にはそんな危ない考えまでよぎりはじめていました。

林遣都さんの主な出演作品

  • 2007年 バッテリー(東宝) 主演
  • 2011年 荒川アンダーザブリッジ(MBS) 主演
  • 2015年 ~HIGH&LOWシリーズ(日本テレビ)
  • 2018年 おっさんずラブ(テレビ朝日)
  • 2019年 スカーレット(NHK)
  • 2022年 愛しい嘘~優しい闇~(テレビ朝日)

映画、テレビドラマで主演から脇役まで幅広い役柄をこなされるので抜粋するのも難しいくらいです。

見た目通りの好青年役が多いかと思えば「HIGH&LOW」のように好青年とは真逆の暴力的な集団のトップを演じたりもしています。

社会現象になった「おっさんずラブ」では揺れ動く繊細な感情を見事に表現しました。

今年放送された「愛しい嘘」では一人二役で犯罪者とその犯罪者を脅す男を演じ分け、「犯罪者だけど…」と見ている人達が感情移入し、幸せになってほしいといった声まであがりました。

この「初恋の悪魔」で演じるのは少し変わった堅物的な鈴之助です。

林さんならきっとその偏屈なところも愛おしく見えるような鈴之助を演じて下さるのではないでしょうか。

馬淵悠日(まぶち はるひ) 仲野太賀

境川署総務課の職員。

署内の警察官が気持ちよく仕事が出来るようにサポートするのが仕事で、この時期は暑中見舞いのハガキの作成と送付に追われています。

捜査とは無縁の部署なので同僚は刑事への憧れを口にしたり、現状に満足している悠日を馬鹿にしたり。

悠日(はるひ)本人は自分の身の丈に合った仕事をやる方がいいし、馬鹿にするよりされる方がいいと思っています。

自分に期待せず、人間関係でストレスを抱えたくないという考えから、いつもへらへら笑って人との間に壁を作っています。

そんな悠日ですが実は刑事だった優秀な兄を亡くしており、それが今の彼を作ったのかもしれません。

鈴之助が家宅捜索の情報をリークしているという噂があり

厄介なことからは距離をおいてきたのに「お前なら相手も油断するはずだ」と署長の命令で鈴之助に近づきます。

仲野太賀さんの主な出演作品

  • 2007年 バッテリー(東宝)
  • 2016年 ゆとりですがなにか(日本テレビ)
  • 2020年 この恋あたためますか(TBS)
  • 2021年 コントが始まる(日本テレビ)
  • 2021年 #家族募集します(TBS)

仲野さんはすでに名バイプレーヤーの印象が高く、出演作品の数も多かったので近年のものを選びました。

ちなみに2007年の「バッテリー」は、今回一緒に主演をやる林遣都さんとの共演作品で林さんがピッチャー役、仲野さんがキャッチャー役を演じました。

お二人の共演はその時以来で、その間も絶えず交流があったそうで仲野さんは「こうやって並んで主演をやらせてもらえる時がきたのは光栄です」と語っています。

「ゆとりですがなにか」では名だたる俳優の中で確かな存在感を示し、「この恋あたためますか」では、こんなにこの人かっこよかったのかという発見もありました。

「#家族募集します」では、しっかりと主演を支えながらも安心して見ていられる演技力で、私たち視聴者もつられて涙が出る事もありました。

着実に確かな実力をつけてきた証拠が今回の「初恋の悪魔」でのダブル主演に繋がっていますよね。

「初恋の悪魔」で演じる悠日はへらへらとして身の丈にあった仕事があればいいという人物ですが、そうなった背景などが気になります。

15年ぶりの共演で成長した林さんとの2人のキャッチボールが楽しみです。

摘木星砂(つみき せすな) 松岡茉優

境川署生活安全課で万引きなどを担当する刑事。

以前は県警捜査一課に所属し、凶悪事件にも臆することなく携わっていました。

常にスカジャンスタイルの星砂(せすな)はぶっきらぼうな男勝りな性格です。

そのせいか言葉遣いも悪く、思ったことをすぐに口にしてしまいます。

しかし、それは本当の彼女の姿ではなく謎を秘めています。

松岡茉優さんの主な出演作品

  • 2013年 あまちゃん(NHK)
  • 2017年 ウチの夫は仕事ができない(日本テレビ)
  • 2018年 蜜蜂と遠雷(東宝) 主演
  • 2019年 万引き家族(ギャガ)
  • 2020年 おカネの切れ目が恋のはじまり(TBS) 主演

子役の頃から活躍されていましたが一躍注目を浴びたのは間違いなく「あまちゃん」への出演でしょう。

それからは主演や脇役、重要な役柄を演じられてきたと思います。

「ウチの夫は仕事ができない」では、若い奥さんでありながらしっかりと夫をさりげなくサポートする献身的な姿勢が印象に残りました。

「蜜蜂と遠雷」では見事に天才ピアニスト役を演じ切り、翌年出演した「万引き家族」ではカンヌ国際映画祭でパルム・ドール(最高)賞を獲得しています。

近年では「おカネの切れ目が恋のはじまり」で想像もしない出来事にあいながらも見事に主演をつとめあげ、ドラマの最後の松岡さんの笑顔は素晴らしい表情でした。

今回の「初恋の悪魔」で松岡さんは、空気が読めない男勝りな女性を演じます。

今までにあまり見たことない雰囲気と星砂の抱える謎をどのように演じてくれるのか楽しみです。

小鳥琉夏(ことり るか) 柄本佑

境川署会計課の職員。

驚くほど細かい性格なので刑事たちの精算にももちろん厳しく、色々と融通のきかない堅物です。

空想することが好きで持論をみんなに説くところがあり署内でも煙たがられています。

そんな自分の話をいつも真剣に聞いて親身になってくれる渚(佐久間由衣)にいつしか好意を抱くようになっていました。

柄本佑さんの主な出演作品

  • 2008年 カメレオン
  • 2015年 あさが来た(NHK)
  • 2019年 アルキメデスの大戦
  • 2020年 知らなくていいコト(日本テレビ)
  • 2022年 ドクターホワイト

柄本さんは脇をしっかり固めてくれているという印象が強く、その役柄も年々主演に近づいている気がします。

もちろん、柄本さん自身も主演はされていますが、近年のテレビドラマではかなり強い印象を残しているのではないでしょうか。

「あさが来た」ではもう1人の主人公とも言える宮崎あおいさんの旦那役を演じ、白蛇さんブームがありました。

「アルキメデスの大戦」では主演の菅田将暉さんといいバディで撮影中も2人でいる時間が長かったそうです。

そして「知らなくていいコト」では主演の吉高由里子さんの元カレのカメラマンを演じ、2人のキスシーンは当時話題になったのを今でも覚えています。

「初恋の悪魔」では「堅物で融通がきかないけれど、自分の空想を話してしまう」という不思議な面も持つ琉夏を魅力的に演じてくれることでしょう。

雪松鳴人(ゆきまつなるひと) 伊藤英明

境川警察署の署長。

一見、署員たちと分け隔てなく交流しており誰とでも打ち解けているように見えます。

しかし、その裏で鈴之助(林遣都)が情報をリークしているという噂から、なぜか悠日(仲野太賀)に鈴之助の監視をなかば強制的に命じます。

物語が進むにつれて雪松の隠された過去が明らかになり、大きな事件のカギを握る重要な人物となるようです。

伊藤英明さんの主な出演作品

  • 2002年 天体観測(関西テレビ/フジテレビ)主演
  • 2004年 海猿シリーズ(フジテレビ)主演:映画・ドラマ合わせて計5作品
  • 2012年 悪の教典(東宝)主演
  • 2016年 僕のヤバイ妻(関西テレビ/フジテレビ)主演
  • 2017年 22年目の告白ー私が殺人犯ですー(ワーナー・ブラザース映画)主演
  • 2022年 TOKYO VICE(WOWOW)

伊藤英明さんと言えば「海猿シリーズ」を思い出す方が多いのではないでしょうか。

あの迫力と、役者さんが本気でぶつかっているのが画面越しでもわかるスケールの大きさは強く印象に残ります。

書き出すのが大変なくらい数多くの作品に出演されており、長年に渡って主演作品が多いことも素晴らしいですね。

最近は主演以外でも活躍されるようになったのかもしれません。

「天体観測」は王道の恋愛もの、「悪の教典」は生徒たちを次々と殺していくという恐ろしい教師役。

「僕のヤバイ妻」は韓国でもリメイクされ、当時は妻役の木村佳乃さんとの命をかけるかのような騙しあいはネットでも話題になりました。

「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」は「初恋の悪魔」と同じ警察官役ですが、ダブル主演の藤原竜也さんを追いかけていく姿などから今回とはかなり違う警察官役ですね。

アクションシーンも身体が大きいのでかっこよくて様になります。

一番最近の出演作となる「TOKYO VICE」ですが、こちらは同じ警察でも警視庁保安課の刑事でした。

日米合作作品だけあって、伊藤さんも流ちょうな英語を披露されており、「TOKYO VICE」のように日本にいても海外に挑戦することは出来ると思うと仰っていました。

これから日本以外での活躍も見られるかもしれません。

「初恋の悪魔」では、40代後半なので「無理せず素になって見つめ直そう」と思い短髪にされたそうです。

そんな等身大の自然な姿のお芝居が楽しみですね。

森園真澄(もりぞのますみ) 安田顕

鹿浜(林遣都)邸の隣人。

外では非常に礼儀正しく過ごしていますが、家の中では奇怪な行動をとり怪しい雰囲気の人物です。

そのため、鈴之助はいつか事件を起こすのではないかという好奇心から密かに森園を監視しています。

自称、小説家らしいですが…謎が多い人物です。

安田顕さんの主な出演作品

  • 2011年 チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸(関西テレビ/フジテレビ)
  • 2014年 チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮(関西テレビ/フジテレビ)
  • 2015年 下町ロケット(TBS)
  • 2018年 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(KADOKAWA)主演
  • 2019年 なつぞら(NHK)
  • 2022年 未来への10カウント(テレビ朝日)

名バイプレーヤーから主演もできる俳優さんですね。

「チーム・バチスタ」シリーズで口が悪く言動が挑発的なため、敵を作りやすい人物でも放射線科医として信念のある行動を常に取り続けていたので、出演回数より印象に残っています。

そして「下町ロケット」でその存在は満を持して全国区になったと言っていいでしょう。

頭をかきむしりながら阿部寛さん演じる社長の要求に応える姿は風物詩になりました。

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」では主演を務めました。

この作品は元々がヤフー知恵袋への投稿から始まったという面白い始まりです。

家に帰ると必ず妻が死んだふりをしていて、そのバリエーションの多さ、そしてそれにあまり触れない旦那役の安田顕さん。

イメージにぴったりでした。

「なつぞら」では菓子屋の店主を演じ、たまに出てくるだけでも印象に残る方だなぁとしみじみ思いました。

この間まで放送していた「未来への10カウント」では、木村拓哉さん演じる桐沢と満島ひかりさん演じる折原との仲をさりげなくそっと背中を押すナイスバイプレイヤーで、安田顕さんの存在が色んな人達を結びつけていたなぁと感じました。

今回の「初恋の悪魔」では一言で言うと得体のしれない人。

登場人物の中で謎を持ってない人はいないくらいですが、安田顕さん演じる森園は変わり者のようなので、はまり役になるような予感がします。

小洗杏月(こあらいあずき) 田中裕子

現在は古くて小さな病院の開業医ですが、以前は警察署で監察医の仕事をしていました。

星砂(松岡茉優)とはその頃からの知り合いのようで、色々と彼女のことを気にかけているようです。

そして星砂たちが行う捜査に医学的な見解からアドバイスをくれ、その的確さが推理の役に立っています。

田中裕子さんの主な出演作品

  • 2010年 Mother(日本テレビ)
  • 2013年 Woman(日本テレビ)
  • 2018年 anone(日本テレビ)
  • 2019年 なつぞら(NHK)
  • 2020年 太陽の子(NHK)ドラマ・映画版

田中裕子さんは言わずと知れた名女優さんです。

最近では主人公の祖母役などで温かく包み込んでくれる優しい人の印象が強いです。

出演作は数えきれませんが、「初恋の悪魔」と同じ脚本家の坂元裕二さんの作品にはほぼ毎回出演されているのではないでしょうか。

日本テレビと坂元裕二さんのコンビには欠かせない存在のようです。

「Mother」「Woman」ともに主人公を捨てた母親役を演じており、捨てた理由はそれぞれ違いますが、親子の絆を取り戻そうとしていく姿に胸が張り裂けそうになりました。

星砂のことをきにかけるようですが、まさか血縁関係があるといった展開もあるかもしれませんね。

坂元裕二さんの作品ではありませんが「太陽の子」はNHKで放送され、その後劇場公開されました。

田中裕子さんは主人公の柳楽優弥さんと三浦春馬さんの母親役で息子たちのそれぞれの生き方を尊重しそっと見守っていました。

三浦春馬さんが再び出征に行く際は、真っ白なおむすびを持たせてあげたシーンは胸が熱くなりました。

なぜか現実と少し重ね合わせてしまったのかもしれませんね…。

「初恋の悪魔」での田中裕子さんも少し離れた所から見守っている感じなので、星砂たちにどんな影響を与えていくのか楽しみです。

服部渚(はっとりなぎさ) 佐久間由衣

境川署刑事課の新人刑事。

事件に真摯に取り組み、真面目で一生懸命です。
しかし、刑事課は古い考えのままで改善や変化を嫌うので捜査方針に口を出したり新たな情報を進言する渚は、のけものにされています。

「事件を解決できればいい」と考えている渚。

そのため、先輩刑事の口木に手柄を取られたり雑務を押し付けられても、腐らずに真面目にこなす前向きな性格です。

佐久間由衣さんの主な出演作品

  • 2017年 ひよっこ(NHK)
  • 2018年 シグナル 長期未解決事件捜査班(関西テレビ/フジテレビ)
  • 2021年 彼女はキレイだった(関西テレビ/フジテレビ)
  • 2021年 最愛(TBS)

「ひよっこ」で有村架純さんの幼なじみ役を演じて、佐久間由衣さんの存在を知った人も多いと思います。

今泉祐樹さんも混ざった幼なじみ3人の仲がいい雰囲気はこちらにも伝わってきました。

スタイルを活かした展開が面白かったです。

「シグナル」では過去の事件の被害者役。

北村一輝さんに想いを寄せる女の子で、彼女が連続事件に巻き込まれることは物語を通しても欠かせない大切な展開でした。

元気ハツラツとした素敵な笑顔の印象を私たちに残して、悲惨な事件に巻き込まれる役を見事に演じられています。

「彼女はキレイだった」は主人公の親友で身代わりを引き受ける役でした。

佐久間由衣さんは手足が長く背も高くてスタイル抜群です。

その外見も活かせた役柄だったと思います。

「最愛」では今回と同じく新人刑事の役でした。

その時はボーイッシュであまりファッションなどは気にしないタイプだったので、今回はどんなタイプの刑事さんか楽しみです。

「最愛」の時も勘のいいタイプで、そうなると今回の刑事役と似ている部分があるかもしれませんね。

口木知基(くちきともき) 味方良介

境川署刑事課の刑事で渚(佐久間由衣)の先輩。

刑事課の古きよきものに波風を立てず、捜査方針には従い従順な態度を取っています。

渚とは正反対の立ち位置ですが、手柄を奪うこともしばしば。

渚が気にしていないので問題にはなっていないようです。

味方良介さんの主な出演作品

  • 2020年 教場(フジテレビ)
  • 2020年 妖怪シェアハウス(テレビ朝日)
  • 2022年 恋なんて、本気でやってどうするの?(関西テレビ/フジテレビ)
  • 2022年 俺の可愛いはもうすぐ消費期!?(テレビ朝日)
  • 2022年 元彼の遺言状(フジテレビ)
  • 2022年 悪女(わる) 働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?

味方良介さんは元々ミュージカル俳優として活躍されていました。

「教場」がテレビドラマ初出演で、あの人はだれ?と話題になりましたね。

その後も「妖怪シェアハウス」では主人公を見守る宮司さんを演じていました。

教場とは印象がだいぶ違ったので最初は気付かなかった記憶があります。

そしてこの春、合計4作品にレギュラー出演ではなくても出演されているのは凄いことですよね。

「恋なんて、本気でやってどうするの?」では西野七瀬さんの夫役でしたが、仕事とゲームにしか関心がない妻は放置という最低な役柄でした。

かなりドラマによって印象が変わるのでこちらも一目で気付くのは難しかったと思います。

「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」では、自分の悪事を隠すためにヒロインの芳根京子さんが開発データを他社に渡していたと噂を流すというこちらも嫌な役柄です。

「元彼の遺言状」では殺人の容疑をかけられた、実家はお金持ちのホスト役。

弁護の依頼をしますが結局はトリックを見破られてしまいました。

「悪女(わる) 働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?」では、彼女をスパイにするというこちらもなかなか性悪な社員役です。

今回の「初恋の悪魔」も、後輩の手柄を横取りするという情報からまた嫌な人の役かなとも思いますが、味方良介さんがそれだけ印象に残りやすく魅力的だからだと感じました。

演技力は舞台で培われていますし、これからの活躍が楽しみな役者さんですね。

尾白詠子(おじろえいこ) 瀬戸カトリーヌ

境川署刑事課課長。

検察への体面などを気にしすぎるため、事件を自分たちの都合のいいように捜査方針へあてはめようとするところがあるみたいです。

瀬戸カトリーヌさんの主な出演作品

  • 2006年 芋たこなんきん(NHK)
  • 2013年 清須会議
  • 2017年 DESTINY 鎌倉物語

「芋たこなんきん」は現在NHKBSプレミアムで再放送されています。

登場人物がとにかく芸達者という印象を受けます。

関西弁も皆さんお上手でやり取りのテンポも素晴らしく、クスっと笑ってしまうことが結構あります。

瀬戸カトリーヌさんも神戸で幼少期を過ごされていたのであの世界に溶け込んでいます。

役者の仕事が少なかったときに三谷幸喜さんから声を掛けられた瀬戸さん。

それ以来、三谷さん作・演出の演劇に出演する機会があるそうで「清須会議」などはその典型的な作品と言えるでしょう。

あまりお芝居をされている印象はなかったのですが、舞台などを主にされているようです。

女性の刑事課長なのでどんな風に演じて下さるのか楽しみですね。

野上千尋(のがみちひろ) 萩原みのり

鈴之助(林遣都)の隣家、森園(安田顕)家に出入りしている女性。

森園との関係や素性などは謎に包まれています。

萩原みのりさんの主な出演作品

  • 2015年 表参道高校合唱部!(TBS)
  • 2021年 花束みたいな恋をした(東京テアトル/リトルモア)
  • 2021年 RISKY(MBSほか)主演
  • 2021年 そして、バトンは渡された(ワーナー・ブラザーズ映画)
  • 2022年 ケイ×ヤクーあぶない相棒ー(読売テレビ/日本テレビ)

萩原みのりさんは現在25歳ですが15歳ぐらいから芸能活動をされており、沢山の作品にも出演されています。

「表参道高校合唱部!」は芳根京子さん、森川葵さん、志尊淳さんなど今では有名な方たちがまだほぼ無名の頃で、当時は次世代を担う人材の宝庫と言われた作品でした。

萩原みのりさんも同じ合唱部員の役で出演されています。

「花束みたいな恋をした」ではラストに菅田将暉さんの現在の恋人役を演じています。

脚本は今回の「初恋の悪魔」と同じ坂元裕二さんです。

「RISKY」では復讐を果たす主人公を演じました。

復讐相手の前での態度と、幼なじみの前での態度の違いなど萩原みのりさんの演技力の高さを感じさせられます。

「そして、バトンは渡された」では主人公の友人で、最初は嫌っていたけれど親しくなっていく役柄を演じていました。

最近では「ケイ×ヤクーあぶない相棒ー」でヒロイン的存在を魅力的に演じました。

萩原みのりさんは10代の頃から確かな演技力が高く評価されていたそうです。

彼女の知名度がまだそんなに高くないのは、「演技が上手いがゆえに脇役にとけこんでしまっているから」という声もあるくらい。

今後注目の女優さんではないでしょうか。

出口玲雄(でぐちれお) 西山潤

境川署刑事課の刑事で、忠誠心が強くてまじめな性格です。

西山潤さんの主な出演作品

  • 2008年 20世紀少年3部作(東宝)
  • 2019年 いだてん~東京オリンピック噺~(NHK)
  • 2021年 ドラゴン桜 第2シリーズ(TBS)
  • 2022年 卒業タイムリミット(NHK)

西山潤さんは「20世紀少年3部作」で唐沢寿明さん演じるケンヂの幼少期を演じていました。唐沢寿明さんと同じような力強い眼差しが印象的でしたね。

「いだてん〜東京オリンピック噺〜」では物語が盛り上がる競泳パートでメダルを獲得する水泳選手を演じました。

「ドラゴン桜 第2シリーズ」で、丸坊主になったヤンキー2人組と言えば記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

そのヤンキーの1人が西山潤さんです。

「卒業タイムリミット」は謎を一緒に解いていく4人組の1人で、サッカー部でスポーツ万能な生徒を演じました。

今までさわやかな役柄が多い西山潤さん。

今回もさわやかな刑事なのか、それとも一風変わった刑事なのか注目したいと思います。

【おわりに】初恋の悪魔のキャスト相関図一覧!ドラマ出演者の過去作品も紹介まとめ

キャスト情報が続々と解禁されている「初恋の悪魔」。

メインキャストが4人で恋に発展すると聞いて、勝手に男性2人・女性2人だと思い込んでいたのですが、まさかの女性1人でした。

キャスト発表の時点から予想の上をいっています。

本来なら接点のないちょっと変わった4人がこれからどんな推理をして真実にたどり着くのか。

初恋の悪魔には原作がないので、どんな風に4人の関係性が変化していくのかぜひドラマをチェックしましょう。

-ドラマ