大病院占拠の原作は漫画・小説・韓国ドラマ?脚本家は誰?

2022年11月25日

2023年1月から放送予定の日本テレビ系列の新土曜ドラマ「大病院占拠」。

主演を櫻井翔(さくらいしょう)さんが務めることが発表され、そのビジュアルが今までのイメージと違うことで話題になっています。

ドラマ「大病院占拠」に原作はなく、脚本家・福田哲平さんのオリジナルストーリーとなります。

櫻井翔さんの主演ドラマは、2021年4月期のドラマ「ネメシス」以来となるので、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

このページでは

  • ドラマ「大病院占拠」に原作はあるのか
  • ドラマ「大病院占拠」の脚本家は誰か
  • 「大病院占拠」はどんなドラマなのか

についてまとめました。

ドラマ「大病院占拠」に原作はある?原作は漫画や小説、韓国ドラマ?

ドラマ「大病院占拠」に原作はありません。オリジナルストーリーとなります

「大病院占拠」というインパクトのあるタイトルから、原作は漫画や小説かなとか韓国ドラマのリメイクかなとも思いましたが違うようです。

原作はなく、完全オリジナル作品となるので、ネタバレを気にすることなく毎回楽しみに見ることができそうですね。

ドラマ「大病院占拠」の脚本家は誰?

ドラマ「大病院占拠」の脚本を担当するのは、脚本家の福田哲平さんです

福田哲平さんが脚本を担当した作品

  • インハンド (2019年 TBS)
  • レッドアイズ 監視捜査班(2021年 日本テレビ)
  • らせんの迷宮~DNA科学捜査~(2021年 テレビ東京)
  • パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~(2022年 日本テレビ)

どれもテーマの違うサスペンスで、続きが気になると思い、楽しみながら見ていました。

ドラマ「大病院占拠」ではどんなサスペンスが描かれるのか、とても楽しみです。

ちなみに、制作陣はドラマ「ボイス 110緊急指令室」を担当したチームとのこと。

プロデューサー・尾上貴洋さんは、「犯罪サスペンス」と「医療サスペンス」が融合したものを作りたいと企画したそうです。

目が離せない展開になること間違いなしですね!

「大病院占拠」はどんなドラマ?あらすじ・内容

ドラマ「大病院占拠」は、武装した犯人たちが病院に籠城し、凄腕の捜査官と病院関係者たちが立ち向かう、ノンストップサスペンスです

舞台は、神奈川県の総合病院・界星堂病院という日本が誇る大病院です。

そこに突如、鬼の面をかぶった犯人集団・百鬼夜行が現れ、占拠されてしまいます。

緊張感に包まれた命の現場に、偶然居合わせた1人の捜査官・武蔵三郎(櫻井翔)が立ち向かうことになります。

武蔵は、圧倒的な推理力を持ち、場合によってはルールを破ってでも真実にたどり着こうとする行動力のある刑事です。

1年前に起こったある出来事のせいで休職中ですが、正義感が強く、間違ったことには目上の人間でも噛みつくほどの熱血漢。

妻と愛娘とは別居していますが、家族は愛してやまない一面もあります。

大病院が占拠され、医師や職員たちが人質となってしまい、その中には武蔵の妻の姿もあります。

なぜ犯人たちは鬼の面をかぶっているのでしょうか、そして犯人たちの目的は何なのでしょうか。

息詰まる頭脳戦・体力戦の中で、少しずつ犯人たちの占拠の目的が明らかになっていきます。

予想を次々と裏切る展開の連続で、その先に衝撃の真実が待ち受けているのです。

まとめ

今回は、2023年1月放送スタートの新土曜ドラマ「大病院占拠」に原作・脚本家情報やあらすじについてまとめました。

  • ドラマ「大病院占拠」に原作はない
  • 脚本家はサスペンスが得意な福田哲平さん
  • 制作チームはドラマ「ボイス 110緊急指令室」も担当していた

主演の櫻井翔さんは、今までで一番男臭く体当たりなキャラクターを演じるとあって、アクションシーンに備えてトレーニングにも励んでいるようです。

これから続々と豪華キャスト陣も発表になるでしょうし、楽しみにしていきたいと思います。

-ドラマ
-