名探偵コナン・その他マンガのことを中心に色々書いている雑記ブログです

めがねっと

映画

『純黒の悪夢(ナイトメア)』が良い意味でコナン映画らしくない理由【ネタバレ感想】

更新日:

2016年公開の劇場版第20作目。

タイトルのとおり、黒ずくめの組織に深く関わるストーリーで、バーボンこと安室透が映画初登場

主題歌はB'zの「世界はあなたの色になる」 ゲスト声優として、女優の天海祐希さんが出演している。

キャッチコピーは、「黒に染まれ」「ダブルフェイスはここまでだ」「暴かれるダブルフェイス」「暴かれたダブルフェイス!宿命が導く、頂上決戦(バトルロイヤル)ミステリー!!」

 

 

『純黒の悪夢(ナイトメア)』のあらすじ・内容をサラッと解説

謎の女と深夜のカーチェイス

深夜の高速道路

警察庁に忍び込み、車で逃走中の女は

ノックはスタウト、アクアビット…

と、携帯メールを送信する。 その後を追うように、安室と赤井の車も猛スピードで高速道路を駆け抜ける。

 

いきなり始まる冒頭のカーチェイスが、今作の見どころのひとつ。 大迫力シーンで、見ている人をワクワクさせるコナン映画は最高ですね。目が離せません。

 

必死の追跡もむなしく、謎の女には逃げられてしまいます。  

 

記憶喪失?のお姉さんと東都水族館

カーチェイスのせいで大事故が起きた高速道路は、翌日のニュースに取り上げられるほどの騒ぎに(笑)

東都水族館に遊びにきたコナン達と阿笠博士は、ベンチに座っていたお姉さんと会う。

コナン:わぁ~!お姉さんの目、左右で色が違うんだね。

ベンチに座っていたオッドアイの(左右で目の色が違う)お姉さんと、カーチェイスを繰り広げた女は同一人物。でも、記憶を失っていた。

記憶を取り戻す手伝いをすることにした少年探偵団。 元太・光彦・歩美の3人は、お姉さんとダーツをして景品のマスコットをもらったりと、東都水族館で遊びながら記憶を取り戻そうとする。

 

そんななか、高所から落ちた元太を咄嗟に助ける、女の並外れた身体能力を目の当たりにしたコナンと灰原。 灰原の黒ずくめセンサーが発動。

灰原:あの右の目…いま思えば、まるで作り物のよう… そう、あなたが言う、黒ずくめの組織のNo.2!…ラム。

灰原は、女が組織の一員ではないかとコナンに話す。

話に夢中になっていたコナンと灰原は、女と少年探偵団の3人がいなくなっていたことに気づいた。

 

子どもたちがいなくなったことにも気づかず、無邪気に鳩と戯れる博士が可愛い(笑)

 

少年探偵団の3人と一緒に観覧車に乗った女は、

女:ノック…キール、バーボン…スタウト、アクアビット、リースリング

と、つぶやきながら頭を抱えて苦しみだした。  

 

ノックリスト

ジョディ:ノン・オフィシャル・カバー。…そう、ノックリストよ。
キャメル:警察庁がつかんでいる、世界中のスパイのリストだ。

女が警察庁から盗み出したのは、ノックリストの可能性が高いという事を聞かされたコナン。

 

ジン:疑わしきは罰する。それが俺のやり方だ。

一方、バーボンとキールはスパイだと疑われ、ジンたちに拘束される。 

情報元は、ラムの腹心で情報収集のスペシャリスト『キュラソー』 で、コナン達と行動を共にしていた謎の女の正体だった。

ジンに銃を向けられていた絶体絶命の状況からバーボンとキールを救ったのは、コナンとFBIの赤井秀一。

さらにコナンの機転により、2人のスパイ容疑もはれた。  

 

キュラソーと5つの色

ジン:例の機体を用意しろ。あれの性能を試すのに、いいチャンスだ。

ジンたちは警察のもとに保護されていたキュラソーの奪還にとりかかる。

 

赤井:言ったはずだぞ、安室くん。狩るべき相手を見誤るなと。

さらに、キュラソーを追って東都水族館へ向かった安室と赤井は観覧車の上で肉弾戦を繰り広げる。

そんな2人に、観覧車に爆弾が仕掛けられていることをコナンが伝え、戦いは中断。

安室:警察学校時代の友人に、色々教えられたんだよ。

爆弾解除に詳しい安室は、爆弾処理に取り掛かる。

 

一方、観覧車に乗っていたキュラソーは、スポットライトを見て記憶を取り戻す。

実はキュラソーの脳こそが記憶媒体。自身が持っていた、カラーフィルムと同じ5色の色合い・透明度を見たときに記憶が戻るようになっていた  

 

キュラソーと少年探偵団の友情

夜の観覧車

観覧車のゴンドラごとキュラソーを奪還しようとしていたジン達だが、キュラソーが裏切ったと思い、始末しようとする。

逃げたキュラソーは、途中で灰原と会う。

元太・歩美・光彦が、貸切のはずの観覧車に乗ってしまったことを聞いたキュラソーは、自らおとりになって攻撃を一か所に集める。

キュラソー:わたしは、どんな色にでもなれるキュラソー。前の自分より、今の自分の方が気分がいい。

 

ジン達の攻撃はエスカレートし、観覧車ごと全てを始末しようとしていた。

赤井:おちろ

安室・コナン・赤井の連携プレーが炸裂。 赤井が的確に狙撃し、とどめをさした事によって、ジン達は撤退。

しかし、最後の猛攻撃により観覧車が転がりだす。

 

観覧車を止めるために動き出すコナンと安室。そして赤井。

コナン:だめだ、止まらねぇ!

あきらめかけた瞬間、クレーン車を運転し、観覧車を止めようとするキュラソーが登場。

キュラソーのおかげで観覧車は止まったが、キュラソーはが乗っていたクレーン車は観覧車に押し潰されてしまった。

 

コナン:思い出だよ。…黒こげになっちまったけどな。

搬送されるキュラソーの遺体から落ちたのは、元太・光彦・歩美たちとの思い出が詰まったイルカのマスコットだった。  

 

エピローグ

コナン:もしかしたら、あいつらが変えたのかもしれねーな。最後の最後で…彼女の色を。

お姉さんがいなくなったと悲しむ、元太・歩美・光彦は、キュラソーが亡くなってしまったことを知らない。 ただ、命懸けでみんなを守ろうとするほど彼女を変えたのは、間違いなく少年探偵団の3人だった。  

 

予告

次回予告は、月夜のなか、紅葉が舞い、「しのぶれど…ちゅーわけか」という平次のひとこと。  

 

感想

ひとことで言うと、コナンらしくない映画

いつものラブコメや推理要素はほとんどなく、冒頭のカーチェイス、安室と赤井の肉弾戦、さらにラストと、大迫力のアクションシーンが見どころです。

ヒロインである蘭は、登場してはいたものの、新一との絡みはゼロ。 いつもの「らーーーーーん!」という叫びは聞けないまま終わります(笑)

新キャラ・キュラソーの他に、組織のNo.2 ラムなど、黒の組織がストーリーにがっつり絡んでくる映画は久々。

さらに絶大な人気を誇る安室と赤井が登場し、それだけでファンの期待値が高かった作品だと思う。

最初は冷酷なキュラソーが、少年探偵団とふれあう事で徐々に変わっていくという、とてもいい話なんだけど、まさかのバッドエンド。

ハッピーエンドが多いコナンからは想像もできないほど切ない結末で、見た後になんとも言えない気持ちになってしまう。

考えさせられる映画であると共に、コナン史上No.1のアクション映画なのは間違いない

 

 

 

-映画
-, , ,

Copyright© めがねっと , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.