読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めがね主婦の日常

漫画・本のおすすめ紹介と主婦の日常

【妊娠22週】検診で子宮頸管が短いと言われた

妊娠・出産

f:id:meganeshufu:20161116180437j:plain

 

めずらしく妊娠についてのブログを書こうかと思います。

というのも、今日病院に行ってきたからです。

本来なら、先週検診に行ったばかりなので、次回の検診は4週間後のはずでした。

しかし、前回の検診で子宮頸管が普通より短かったので、4週間も間をあけるのはちょっ心配…ということで、急遽1週間後に子宮頸管の検査のために病院を受診しました。

 

子宮頸管の長さと早産の危険性

子宮頸管とは、赤ちゃんが出産の際に通ってくる道のことです。

初産の場合、子宮頸管の長さは

妊娠初期~中期で40mm

32週以降で25~30mm

というのが平均的な長さらしく、これが短いと早産や切迫早産の危険性があるということです。病院にもよりますが、あまりにも短いと自宅安静や入院になることもあります。

 

私は22週の時点で31mmしかありませんでした。

説明を聞いてから、不安で不安で仕方がなかったです。

ネットで検索すると、一度短くなってしまった子宮頸管は伸びることはほとんどないと書いてあったので、これ以上短くしないようにしなければと思いました。

 

子宮頸管の長さを保つには安静にすること

今日、子宮頸管の検査のために病院に行ってきました。

長さは変わらず問題なかったので、正直ほっとしています。ただ、先生の話だと油断は禁物みたいです。

私は自宅安静でもなかったので、普通に家事をしていましたが、お腹が張ったらこまめに休憩するなり、無理をしすぎないことが大切です。

子宮頸管の長さを保つには、とにかく安静にするしかないみたいです。座っていても腹圧がかかるので、できれば座っているよりも、なるべく横になって寝ている姿勢の方がいいです。

あとは私は18週の時に病院で購入したトコちゃんベルトを毎日しっかりつけるようにしました。今までは、ベルトをつけずに家事をする日もあったのですが、やっぱり立ち仕事をする時は、ベルトをつけた方がいいです。

いつ短くなるかわからないので、今後も気をつけて生活していこうと思います。

 

妊娠6ヶ月目に突入してから感じた変化

ここ最近は、おなかもだいぶ重くなってきて靴下が履きづらくなってきたり、以前はかすかに感じるくらいだった胎動が少しずつ強くなってきて、元気に育ってるんだなーと実感する日々です。

お腹をたたくと、赤ちゃんもたたきかえしてくれるかなーと遊んでみたものの、うちの子はまだ反応してくれませんでした、今後に期待です。

食欲も増してきてます。特に甘いものが食べたくて食べたくて仕方ないです。

気をつけなきゃと思うけど、我慢しすぎもよくないと、結局チョコとか食べちゃいます。そのうち検査にひっかかりそうでこわいです…。

 

少しずつ出産準備を

今週末はマタニティ講座に夫と参加してみます。今からわくわくしております。

そして今までほとんど用意していなかったベビー用品を購入する予定です。

実家に住んでいる両親が遠くからわざわざベビー用品を選ぶためだけに来てくれます。もっと近くに住んでいたらいろいろ頼れたのに、遠いって不便ですよね。

 

出産も里帰りはしないと決めたので、産後は不安しかないです。近くに住んでいたら、産後すぐに家事を手伝ってもらったりもできるし、里帰りのほうが私は安心するので、精神的にもいいのだろうけど、あえて里帰り出産を選びませんでした。

初めて産まれる子供なので、夫に少しでも早く子育てに参加してもらって父親としての自覚をもってほしいと思ったのと、初めての育児でわからないことだらけだからこそ、夫と二人で協力していきたいのです。

でも、実際はそんなことを言ってられないくらい産後すぐの育児は壮絶みたいなので、今から覚悟しておきます。

 

マタニティ生活もあと半分をきり、お腹の中で赤ちゃんが元気に育ってくれることを祈るばかり。

寒くなってきたので、母は予防対策をしっかりして、風邪やインフルエンザに気をつけねばと思っております!