読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めがね主婦の日常

漫画・本のおすすめ紹介と主婦の日常

2016年に面白すぎて一気読みしたマンガ15選【おすすめ漫画】

漫画

2016年に私がハマって一気読みしたおすすめ漫画

f:id:meganeshufu:20161124184029j:plain

2016年も残り約1ヶ月ですね。

という事で、私は今年もたくさん漫画を読んできましたが、その中でも面白かった漫画を厳選して紹介したいと思います。

ランキングはつけられなかったので、ランキング形式ではないです。

完結済・連載中に関係なく選びました。

(最終更新日 2016/12/18)

 

 

ハイキュー!! 古館春一

【連載中】1~24巻(2016年12月現在)

途中までキングダムが今年1番のヒットかなって思ってましたが、ここ1ヶ月くらいでハイキュー!!にどはまりして、結局私の中で今年1番はこれ。

有名だと思うので、あらすじは省略しますが、バレーボール漫画です。

ストーリーはもちろん面白いです!読んでいてハラハラ、ワクワクがとまりません。絵も好きだし、万人受けする漫画だと思うので幅広い世代の人におすすめできそう。

あと、この漫画の見どころは、名言と迫力のあるシーン

今、誰かに「おすすめの漫画ない?」って聞かれたら、私は真っ先にこれを紹介します。

『ハイキュー!!』の詳しい感想や見どころ(ネタバレなし)

『ハイキュー!!』の名シーン・印象に残ったシーンをまとめてみた(ネタバレ)

 

キングダム  原泰久

【連載中】1~44巻(2016年11月現在)

個人的に今年のヒット2つ目はこれ。ハイキュー!!とキングダムは桁違いに面白かった。

アメトークで話題になってたのは知ってたけど、どうしても絵があまり好きじゃなくて敬遠してました。

ざっくりいうと、大将軍を目指す少年と、後に始皇帝になる秦国の王の友情と活躍を描いた話。

三国志すら知らないくらい、中国の歴史に興味がない私ですが、この漫画は読み始めたら止まらないくらい面白い!

むしろ歴史とか戦争の話って正直苦手なんだけど、続きが気になって仕方ない!

主人公は死なないってわかってるのにハラハラする!主人公が活躍するってわかってるのになんか応援してしまう…くやしいくらい面白い!!

戦争の話だから残酷な描写もあるけど、歴史に興味をもつきっかけになると思います。読まなきゃ損するほどの漫画。

 

プラチナエンド 原作:大場つぐみ 作画:小畑健

【連載中】1~4巻(2016年11月現在)

天使に選ばれた人間は“天使の力”を使えるようになり、その選ばれた人間の中から、さらに“神”になる候補を選んでいく話。

優しい人間もいれば、相手を殺して自分が神になろうと考えるようなひどい人間も登場します。

相変わらず画力がすごくて圧倒されるし、特に天使の描写が神秘的です。

それに大場つぐみ先生と小畑健先生がタッグを組んだ漫画が面白くないわけないじゃないか!と言いたいくらい面白い。

 

炎炎ノ消防隊 大久保篤

【連載中】1~5巻(2016年11月現在)

今年ソウルイーターを一気読みして、その勢いで新連載のこの漫画も読んでみました。個人的にはこっちの方が好き。

消防隊が舞台で、特殊能力を持った消防隊員達が“人体発火”と呼ばれる現象の謎を解くために調査したり戦ったりする話。

作者である大久保篤先生の描くキャラクターって独特でとっても個性的。それが魅力でもあり、この作品も、個性のかたまりのようなキャラクターたちがたくさん登場します。

『炎炎ノ消防隊』の詳しい感想や見どころ(ネタバレなし)

 

ゴールデンカムイ 野田サトル

【連載中】1~9巻(2016年11月現在)

2016年にマンガ大賞受賞して話題になりましたね。

北海道が舞台の話という事でなんとなく気になって読みました。

主にアイヌの人と軍人と脱獄囚が出てきます。

主人公・杉元佐一がアイヌの少女・アシリパと、脱獄囚・白石と共に、脱獄囚達の体に刻まれた、“金塊のありかをしめす入れ墨”を頼りに金塊を探す話。

漫画の中でアイヌに関することが頻繁に出てくるが、ちゃんとわかりやすく解説してくれるので読みやすい。そしてギャグ多めで笑える。

『ゴールデンカムイ』の詳しい感想や見どころ(ネタバレなし)

 

東京喰種(トーキョーグール) 石田スイ

【完結済】全14巻

2017年夏に実写映画化も決まりましたね。

タイトルから、すごいグロイ漫画だと勝手に思っていました。

たしかにちょっとグロイけど、“喰種(グール)”っていう設定が斬新で面白い。独特の雰囲気がある絵もきれい。

人間の姿をしながら人の肉を食べる喰種(グール)という種族がいる東京が舞台で、主人公のカネキは、ある日、喰種の臓器を移植されて半喰種になってしまう。そんなカネキのその後の生き方を描いたダークファンタジー。

続編の『東京喰種:re』もおすすめ。続編はまだ連載中です。

 

亜人 桜井画門

【連載中】1~9巻(2016年11月現在)

こちらも2017年に実写映画化予定。

東京喰種にちょっと似た雰囲気あるかも。

死なない“亜人”という人種が登場する漫画。主人公である永井は事故に遭い、自分が亜人だと気付く。その日から研究対象として政府に追われる身となっってしまう話。

主人公が冷静で頭脳明晰。作中でたびたび、一歩先行く頭脳戦が繰り広げられているので、読んでいて「あ、そういう考えもあるな!気付かなかった!」と感心してしまう。

 

いぬやしき 奥浩哉

【連載中】1~7巻(2016年11月現在)

GANTZでおなじみの奥浩哉先生。

ある日、さえないおじいちゃんである犬屋敷と高校生の獅子神が、宇宙人によってメカに改造される。そんな2人の行動や心情を描くSF漫画。

残酷な描写がところどころにあるので苦手な方はやめた方がいいかも。

改造された2人は、空も飛べるし攻撃できるし病気も治せるし、正直なんでもあり。

その2人が能力を使ってどう生きていくのかが気になるところ。

 

D.Gray-man(ディーグレイマン) 星野桂

【連載中】1~25巻(2016年11月現在)

てっきり完結したと思って読み始めた作品で、絵が好みだったので手にとりました。

今年連載再開したので、続きが楽しみです。

悪の兵器である“AKUMA”とそれを作り出す“千年伯爵”に立ち向かう“エクソシスト”達の戦いの物語。

ジャンル的にはダークファンタジーですが、美男美女が多く、エクソシスト同士仲がいいので、仲間同士の掛け合いとかは見ててほっこりします。

 

僕だけがいない街 三部けい

【完結済】全8巻

2016年に映画化しましたね。

主人公である藤沼悟が“リバイバル”という能力をもっていて、この能力は自分の意思とは関係なく、原因が取り除かれるまで何度も過去の同じ場面にタイムスリップしてしまう。ある時、藤沼は小学生の頃にまでタイムスリップし、そこから未来を変えようと試行錯誤するミステリー・サスペンス。

犯人の正体が判明するまでは、犯人が気になって一気読み。そして後半はどういう展開になるのか気になって一気読み。

とにかく結末が気になって仕方なかった漫画です。

 

BIRDMEN(バードメン) 田辺イエロウ

【連載中】1~8巻(2016年11月現在)

前作の『結界師』もおすすめ。

主人公である烏丸英司は交通事故に遭い、瀕死の状態から生還したが、その日から“鳥男”になっていた。なぜ鳥男になったのか、鳥男とはなんなのか、鳥男に関する謎を解明していく漫画。

シリアスっぽいタイトルだけど、ギャグ多めで面白いです。特に主人公がインテリで根暗っぽいけど、つっこみが絶妙で思わず笑ってしまう。

『BIRDMEN』の詳しい感想や見どころ(ネタバレなし)

 

幽麗塔 乃木坂太郎

【完結済】全9巻

舞台は昭和時代で、時計塔に隠された秘密に迫ろうとする主人公・天野太一が、謎の美少年・沢村鉄雄と共に、事件に巻き込まれながら謎を解いていく物語。

この漫画はとにかく謎が次から次へと出てくるし、その謎の裏には色々な人物の感情が絡んでいて複雑です、でもそれがいい。

ミステリー要素に加え、ホラー要素もあるので、正直読むのが怖いんだけど、続きが気になって気になって仕方がないんです!読み出したら止まらない。

 

FAIRY TAIL(フェアリーテイル) 真島ヒロ

【連載中】1~58巻(2016年11月現在)

アニメはちょこちょこ見てたんだけど、漫画は今更読みました。

“妖精の尻尾(フェアリーテイル)”という魔導士ギルドに所属する、ナツやルーシィ、仲間の魔導士たちの物語。

たまに登場人物が多すぎて、誰がどのギルドに所属しているかわからなくなる場面もありましたが、話の内容は、笑いあり、涙あり、友情ありの壮大なファンタジーで面白いです。少年漫画の王道という感じ。

 

四月は君の嘘 新川直司

【完結済】全11巻

これも2016年に実写映画化しましたね。

天才ピアニスト・有馬公正がバイオリニスト・宮園かをりと出会って成長していく物語。

友達に恋してるんだけど、それが恋なのかわからないという、もどかしい場面もあり、青春っていいなと感じます。

演奏シーンでは、まるで音楽が聞こえてくるかのような描写が素晴らしいです。

最後に宮園かをりの秘密を知ったとき、きっと感動して泣きます!

『四月は君の嘘』の詳しい感想や見どころ(ネタバレなし)

 

Orange(オレンジ) 高野苺

【完結済】全5巻

LINEマンガで1~2巻無料になっていたときに読んで、続きが気になり最後まで読みました。

未来の自分から手紙が届いて、“後悔”している未来を変えようとする話。

SF青春ラブストーリーというだけあって、恋愛模様にはキュンとします。恋愛漫画だけに三角関係もあり、結局はどうなっちゃうの?と気になって一気に読んでしまいます。

最後はなんだか私が想像していたのと違って切ない終わり方でしたが、後悔しないように今を精一杯生きようと思える漫画。

『Orange(オレンジ)』の詳しい感想や見どころ(ネタバレなし)

 

まとめ

2016年、あと1ヶ月あるので、 その間に面白い漫画を見つけたら追記するかもしれません。

これ面白いよっていうおすすめの漫画あったら是非教えて下さい!

 

今回紹介した漫画の詳しい感想とかもそのうち記事にしていきたいと思っています。

これ以外にも紹介したい漫画はたくさんあるのですが、記事を書くのが遅いため、なかなかアップできていません。

1日1作品ですが、少しずつ紹介していきたいと思います。

目を通していただけると有難いです!