みにろぐ(MINI LOG)

漫画・本のおすすめ紹介と主婦の日常

みにろぐ

【お土産におすすめ】北海道民が選ぶ人気お菓子15選。おつまみからスイーツまで

この記事をシェアする

みにろぐ(MINI LOG)

私は生まれも育ちも北海道です。

そんな生粋の北海道民が、『北海道といえばコレ!』というおいしい定番お菓子を紹介します。これをお土産にすれば、美味しいし間違いなしです!

 

北海道のお菓子

ルタオ

 

代表的な商品:ドゥーブルフロマージュ

小樽市の観光スポットにもなっているルタオ。有名なお菓子屋さんで、北海道でチーズケーキと言えばここです。くちどけの良さと、上品な甘さが人気の秘密。

他にもチョコレートやケーキなどの洋菓子を中心に幅広い種類のお菓子を 製造・販売しています。

 

ちなみに、オンラインショップでは、ケーキも通販で買えちゃいます。その時のレビュー記事がこちら

関連記事【LeTAO(ルタオ)】クリスマス限定のアイスケーキ『エクラドノエル』を食べてみた

 

六花亭(ろっかてい)

 

代表的な商品:マルセイバターサンド

ホワイトチョコレートとレーズンを混ぜたクリームをクッキー生地で挟んだお菓子。

似たようなお菓子がコンビニにありましたが、六花亭のマルセイバターサンドを一度食べると、コンビニのが食べられなくなります!いや、ほんとに。

マルセイバターサンドは、私自身も大好きで何度もリピートして購入しています。

レーズンが入っているので、好みは分かれるかもしれないですが、間違いなく美味しい一品です。

 

他のおすすめは、『サクサクカプチーノ霜だたみ

食べるカプチーノというキャッチコピーのとおり、カプチーノの風味が口いっぱいに広がります。くわえて、クリームをサンドしているパイ生地がサックサクで、癖になる食感です。

 

六花亭は大好きなお菓子屋さんのひとつ。

道東・帯広を中心に札幌近郊や旭川、富良野、釧路、函館にと北海道内に幅広く店舗があるくらい有名なお菓子屋さん。

 

公式サイトはこちら。

 

ROYCE'(ロイズ)

 

代表的な商品:生チョコレート

ポテトチップチョコレートなんかも有名

甘じょっぱいお菓子が流行った時に、こちらも売り出されましたが、ロングセラーとなる人気ぶり。

実際に食べてみると、ポテトチップスが厚めなので食べごたえがあり、かかっているチョコはさすがロイズと言わんばかりにおいしくて、手がとまらなくなります。

甘すぎないのがちょうどいい

 

柳月

 

代表的な商品:三方六(さんぽうろく)

三方六というバームクーヘンが有名。

大人数で食べられるサイズの他に、“小割”というひとくちサイズのものも展開しています。

他には新商品の『どらクリム1世

お餅とレーズン入りのバタークリームを、ふわふわもちもちのショコラパンケーキで挟んだお菓子です。

 

私が好きなのは『COCOこの実』というココナッツオイルを練り込んだフィナンシェと、『月ふわり』というチーズクリームとこしあんをもちもちの生地で包んだお菓子。

もし興味があれば、食べてみてください。

 

十勝を中心に展開していった柳月ですが、今ではほぼ全道各地に店舗があるほど有名です

道外だと、新東京(成田)国際空港免税店で柳月の商品を取り扱っているみたいです。(2017年7月現在)

 

石屋製菓

 

代表的な商品:白い恋人

“北海道といえば白い恋人”というくらい有名ですね。もう有名になりすぎて、北海道じゃなくても買えてしまうんですよね。

 

私が好きなのは『美冬』。「美冬という名のミルフィーユ~♪」というCMで北海道では、わりと有名です。

美冬は、チョコレートをサックサクのパイ生地で挟み、さらにチョコでコーティングしています。味も、ホワイトチョコレート、ブラックチョコレート、ミルクチョコレートの定番の3種類の他に、抹茶チョコレートも発売されています。

 

あとは、『TSUMUGI (つむぎ)』というバームクーヘンもメジャーですね。白い恋人にちなんだ、白いバウムというものがあります。

北海道札幌市には『白い恋人パーク』もあるので、観光に来た際は立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

 

北菓楼(きたかろう)

 

代表的な商品:はまなすの恋

私は、『はまなすの恋』よりも、『北海道開拓おかき』が好きです。

はまなすの恋』は、チョコレートやホワイトチョコレートをクッキー生地で挟んだお菓子です。

北海道開拓おかき』は、8種類の味があります。(2017年7月現在)

  • 増毛甘エビ味
  • 枝幸帆立味
  • えりも昆布味
  • 松前いか味
  • 標津秋鮭味
  • 白糠柳だこ味
  • 白老 虎杖浜たらこ味
  • 野付北海シマエビ味(期間限定)

産地として有名な北海道の地名が入ってますね。道内のコンビニやスーパーで売っているのを見かけます。おつまみとして最適の一品です。

私は、松前いか味が好きです。

 

北菓楼は北海道砂川市に本店があります。

 

菓か舎(かかしゃ)

 

代表的な商品:札幌タイムズスクエア

札幌すすきのの、ど真ん中に店舗をかまえているので、札幌に住んでいたら知らない人はいないのではないでしょうか?

『札幌タイムズスクエア』はテレビCMも流れていました。最近見かけないかな?

札幌タイムズスクエアは、クリームを包んだパンケーキのようなお菓子で、6種類の味があります。(2017年7月現在)

  • プレーン味(カスタードクリーム)
  • アズキ味(カスタードクリームとあんこ)
  • ストロベリー味(イチゴクリームとカスタードクリーム)
  • チョコストロベリー味(イチゴクリームとチョコクリーム)
  • ピーチ味(ピーチの果肉入りクリーム)
  • アップル味(アップルの果肉入りクリーム)

札幌タイムズスクエアは、私も大好きでたまに買って食べます。

札幌市円山動物園に双子のホッキョクグマが誕生したことを記念して作られた、『しろくまタイムズスクエア』というものもあります。

味はカスタードクリームと、カスタードクリーム&あんこの2種類入り。パッケージがかわいいので子どもは喜ぶかと。

 

店舗は札幌市内のみですが、道内一部のイオンや空港で商品を取り扱っているようです。

公式サイトはこちらから。

 

壺屋

 

代表的な商品:き花

今回紹介するお菓子の中で、壺屋のき花が個人的に一番好きです。たぶん、何十回も食べてます(笑)

き花は、ホワイトチョコをアーモンドクッキーで挟んだだけのシンプルなお菓子。アーモンドクッキーのザクザクとした食感が、噛みごたえがあって癖になります。

中のホワイトチョコも美味しいけど、クッキー単体で食べても十分美味しいので、看板商品の名にふさわしい一品です。

他には、いちごクリームやショコラクリームをサンドしたものもあります。

 

あんこが好きなら『壺まん』や『壺もなか』がロングセラー商品なのでおすすめです。

 

お店は、旭川を中心に札幌などの道央や道北に展開しています。

 

きのとや

 

http://www.kinotoya.com/shop/

 

代表的な商品:焼きたてチーズタルト

チーズケーキ好きなら一度は食べておきたいスイーツ。

温めても冷やしてもおいしいし、ちょっと凍らせて冷凍のままアイスのように食べることもでき、3通りの楽しみ方があります。

写真を見るとわかると思いますが、チーズムースが濃厚ふわふわで、とろけます。さらにアクセントとしてタルト生地のザクッとした歯ごたえ…たまりませんね。

 

北海道ミルククッキー 札幌農学校』も有名です。

バター・牛乳・小麦粉、すべて北海道産のものを使って作っています。それ以外は、特に変わったところはないプレーンクッキーですね。まあ、おいしいんですけどね。

商品名から、北海道土産だとすぐわかるので、その点も人気なのかもしれないですね。

 

主に 札幌を中心に店舗をかまえているお菓子屋さん。

 

花畑牧場

 

代表的な商品:生キャラメル

生キャラメルは、とても濃厚で、口に入れると溶けるような柔らかさ。

甘党の私が、「結構甘いな」と感じるほど甘めな仕上がりになっていて、一粒で満足できるほどのスイーツ。食べ過ぎるとくどくなるので注意してくださいね。

 

生キャラメルポップコーン』も販売しています。道内だとコンビニで売っているところもあります。

個人的には生キャラメルよりも、生キャラメルポップコーンの方がおいしかったです。

キャラメルの甘さと適度なしょっぱさが絶妙でした。

例えると、映画館のキャラメルポップコーンをすごーく濃厚にした感じです。キャラメルもたっぷりかかっていますよ。

 

 

カルビー ポテトファーム

 

代表的な商品:じゃがポックル

北海道産のじゃがいもとオホーツクの塩をふんだんにつかっています。

サクサク食感で、口に入れるとじゃがいもの風味が広がり、おつまみとしておすすめしたい一品。

カルビーが販売元なので、美味しくないわけがないですよね。空港などでも見かける安定の人気お菓子です。

 

The・Sun 蔵人(ザ・さんくろうど)

 

代表的な商品:蔵生(くらなま)

チョコやホワイトチョコを包み込んだ生サブレです。ほどよいしっとり感で不思議な食感です。普通のサブレもおいしいけど、生サブレも食べるとハマりますよ。

 

店舗は旭川市にしかないですが、旭川市以外で買えないというわけではないです。ただ、あまり見かけないので取り扱っているところが少ないのかもしれないですね。

 

morimoto

 

代表的な商品:ハスカップジュエリー

30年以上前から売れ続けている超ロングセラー商品。北海道に住んでいたら一度は口にしたことがあるくらい、浸透しています。

ハスカップジャムとバタークリームが挟まっていて、チョコがコーティングされています。まろやかだけど少し甘酸っぱい口当たりです。さらに、クッキーサンドが食感にアクセントをあたえます。

 

morimotoは、千歳を発祥とし、札幌近郊や旭川、滝川、苫小牧、室蘭などの道央を中心に店舗を展開しています。店舗で販売しているケーキも美味しくておすすめです。

 

HORI

とうきびチョコ

 

代表的な商品:とうきびチョコ

北海道だとスーパーのお菓子売り場でもよく見かける、とうきびチョコ。小さい頃からのなじみのお菓子です。

とうきびをホワイトチョコでコーティングしたもので、ひとくち食べると、ほのかな甘さが広がります。

これも北海道っぽさがあるので、北海道土産の定番だと思います。空港や駅の売店でもよく見かけますしね。

夕張メロンピュアゼリーも有名。でも、ゼリー食べるなら夕張メロンの方が何倍もおいしいかな。

 

北海道砂川市発祥のお菓子。

 

わかさいも本舗

 

代表的な商品:わかさいも

CMをたまに見かける、わかさいも。私自身は小さい頃に食べ過ぎてあまり好きではないんですが…。

『わかさいも』という商品名なのに、原材料に芋を使っていません。中に入っている餡の主原料は洞爺湖周辺でとれた大福豆。

わかさいもを半分に割ったときの見た目は、さつまいもを半分に割った姿をイメージして作ったそうです。

 

個人的にはわかさいもより、こっちの『チョコじゃがっキー』の方が好きですね。

じゃがいもにバターをたっぷり加えて作ったクッキーで、チョコがかかっていない『じゃがっキー』は、甘いものが苦手な方にもおすすめです。

 

 

まとめ

有名なお菓子屋さんは、全国各地で催事を行っていることが多いです。気になるものがあれば、チェックしてみるのもいいかもしれません。

 

北海道旅行のホテル予約なら『トリバゴ』がおすすめ

じゃらんnet や楽天トラベルなどネットでの宿泊予約サービスがありますが、サイトによって値段が全然違います。

そんな時は『トリバゴ』を使って、一括でホテルの宿泊料金を比較しましょう。最安値が簡単に見つかります

とにかく安いお部屋を探したい方におすすめのホテル比較サイトです。

 

おすすめポイント

  • 最安値が簡単に見つかる
  • いろいろなサイトのホテル宿泊価格が一括で見られるので比較しやすい
  • 口コミやレビューなどの評価もあり

 

私自身も利用していますが、かなり使いやすいです。口コミなどもかなり充実しています。

ホテルのお部屋の最安値を見つけたら、最安値で提供している宿泊サイトで詳細を見られるのも便利。