みにろぐ(MINI LOG)

漫画・本のおすすめ紹介と主婦の日常

みにろぐ

『業火の向日葵』のネタバレ感想。キッドの不可解な行動の意味とは!?

この記事をシェアする

2015年公開の映画『名探偵コナン 業火の向日葵』

この作品は、劇場版19作目となる作品です。キャッチコピーは「オマエに解けるか?この芸術が…

主題歌はポルノグラフィティの『オー!リバル』で、ゲスト声優は、榮倉奈々さんと知英さん。

ネタバレ有りの感想になりますので、ご注意下さい。

 

 

『名探偵コナン 業火の向日葵』のあらすじ

空襲で焼失したと思われていた『ひまわり』がオークションに出品され、鈴木次郎吉が3億ドルで落札。次郎吉は、ゴッホの7枚の『ひまわり』を集め、“日本に憧れたひまわり展”を開催すると宣言。

『ひまわり』を日本に輸送中、飛行機が爆発する。そしてそこには怪盗キッドの姿が…いつもと違うキッドの不可解な行動をコナンは不審に思う。

無事に『ひまわり』を日本に輸送したが、キッドから新たな予告状が届く。キッドの不可解な行動の理由は何なのか?

ゴッホの『ひまわり』をめぐる、シリーズ初となるアートミステリー。

 

『名探偵コナン 業火の向日葵』の感想

怪盗キッドが大活躍!

キッドファンにはたまらないくらい、怪盗キッドが大活躍します。

序盤では、なんだかいつもと様子が違う悪役を演じるキッドの姿に不安を覚えますが、最後の最後でその行動の謎が明らかになります。(その理由は、この記事の下の方で詳しく書いています。)

序盤のひまわり輸送中の飛行機のシーンでは、マントを着けずに空中を飛ぶキッドに驚きましたが。

『業火の向日葵』は、コナンよりもキッドを全面に出している感じがしますし、最初から最後までおいしいところはキッドがもっていきます。

新一に変装したキッドに蘭が抱きついたり、崩れ行くレイクロック美術館から蘭を助けたのもキッドで、いいところはほぼ持っていかれています。

 

シリーズ初のアートミステリー



率直な感想を述べると、ミステリーとしてはいまいちでした。

まず犯人。コナン映画では、“ゲスト声優が演じる人物=犯人または重要人物”なのですが、『業火の向日葵』でも、ゲスト声優の榮倉奈々演じる、絵画鑑定士・宮台なつみが犯人だったので意外性はゼロでした。

さらにセリフが棒読みだったので、見ていてすごく気になりました…こういうところがゲスト声優を起用する残念なところでもあります。

今回は、コナンによる推理ショーもないです。一応、推理は披露しますが、コナンが新一の声で無線を介して推理を述べるだけ。

犯人の動機も、絵画を愛する人にとっては共感できるものかもしれませんが、一般人には賛同し難いものだと思います。

その動機というのが、「ゴッホのひまわりを愛しているから、偽物と一緒に展示されるくらいなら、いっそ処分してしまおう」というもの。しかも、犯人が偽物だと言っているひまわりは、鑑定結果から本物とされているので、完全に犯人の勝手な思い込みです。

人を殺したわけではないが、そんな理由から飛行機を爆破したり、レイクロック美術館を燃やしたりするのか…と少しあきれてしまう。伏線やミスリードなども特になく、さらには途中で裏切り者と言われた東 幸二は、事件とは関係ないという結末。(祖父はひまわりと関係していたが)

ミステリーを楽しみにしていたファンには物足りないかなといった印象を受けました。

 

7人のサムライ

業火の向日葵には、ひまわりを護衛・運搬するスタッフとして、7人のサムライが登場する。

この7人は、個々がそれぞれもっと活躍するものだと思って見ていたのだが、チャーリー警部、宮台なつみ、東幸二、小五郎以外は特にこれといった見せ場もないまま終わってしまう。 影がうすく、インパクトがない脇役でした。

7人のサムライは、「この中の誰かが犯人なんだろう」と観客に思わせる為の登場人物なのでしょうが、薄っぺらいキャラを何人も登場させるくらいなら、もう少し人数を絞り込んで、ひとりひとりのキャラを立てて欲しかったなと思います。

逆にチャーリー警部は、不自然なくらい目立っていたので、ミスリードとして使いたかったのかな?

チャーリー警部に関しては、東都プラザホテルで銃を所持するシーンがありましたし、レイクロック美術館では単独行動で発電所に向かうなど、所々に怪しい雰囲気を醸し出すシーンがありました。

キッドに向けて銃を発砲した事に対して、「でも、それを使うつもりなら忘れないでよ。簡単に奪っていい命なんて、この世にひとつもないんだから。」とコナンに諭されたせいか、最後にはキッドを見逃す優しい一言を残し、嫌な人から良い人への変化を見せてくれました。

チャーリー警部のキャラは立っていましたが、なぜチャーリーだけこんなにピックアップされているの?という疑問も残りました。

 

鈴木財閥の底知れない財力

『業火の向日葵』で、怪盗キッドと同じくらい目立っていたのが鈴木財閥の凄さ。

まず、鈴木次郎吉は躊躇なしにひまわりを3億ドルで落札してしまうし、「日本に憧れたひまわり展」の会場となるのが、鈴木財閥が所有する鍾乳洞を改良して作ったレイクロック美術館

鍾乳洞を所有している事にも驚きだが、このレイクロック美術館の防犯システムが物凄い

地上8階建てという高さを利用した水力による自家発電で、エレベーターや防犯システムは止まる事がないし、防犯システムが作動すると、展示しているひまわりは自動で防火・防水ケースに入れられる。さらに緊急時に、ひまわりを地上まで運び出す為の脱出シューターなるものも完備されている。

こんな造りの建物を実際に作ると、どのくらいの費用がかかるのか見当もつかない。鈴木財閥の圧倒的な財力を見せつけられる作品となっている。

 

コナンと怪盗キッドの掛け合いも見どころ


(画像:https://prcm.jp

本来であれば、怪盗と探偵は敵同士のはずですが、『業火の向日葵』では協力し合います。それは、二人の目的が一致しているからでもあるのですが、「実はコナンとキッド、仲良しなんじゃないか?」なんて思ってしまうほど、微笑ましいやり取りが交わされています。

脱出シーンでは、「まじかよ…ちゃんと脱出したんだろうな、探偵!」と、コナンの安否を心配するキッドの姿が伺え、意外といいコンビなのではないでしょうか。

 

クライマックスの脱出劇

もはやコナン映画の定番となったアクションシーン。

コナン(新一)の「らーーーん!」という叫びは『業火の向日葵』でも健在。ただ、蘭の、「しんいちーーー!」はなく、「コナンくーーーん!」になっていました。

今回は燃え盛るレイクロック美術館からの脱出となります。二枚目のひまわりにストッパーが引っ掛かっていて、それをキッドが解除しようとします。そこへコナンが駆けつけ、さらにコナンを追って蘭も。

この蘭の空手のシーンが毎度の事ながら常識はずれの馬鹿力です。

力を貸してと頼むコナンと新一(キッド)に対して、「そんなの無理よ!」と言っちゃう蘭ですが…
「うん、やってみる!ハァーーーセイヤァ!」と叫びながら、正拳と蹴りで軽々と壁を破壊(笑)

まぁ、過去には電柱とか破壊したこともありましたからね、それに比べれば壁なんて朝飯前か…(笑)

あと、蘭と言えば…レイクロック美術館から脱出して目を覚ました時、キッドと新一を見間違えましたが、いくら似ているからって、白い衣装で帽子もマントも着けているキッドと見間違えるかな?と疑問に思ってしまいました。

今作は珍しく脱出に苦戦するコナン。絶対絶命のピンチかなと思う場面もありました。

子供の体を利用して、ひまわりの脱出シューターから外に出ようと試みるのですが、その途中で芦屋のひまわりを発見。
花火ボールを使って、芦屋のひまわりと共に外に出るのですが、力尽きて水中に沈みかけます。

蘭や小五郎・少年探偵団・怪盗キッドに見守られる中、サッカーボールとともに浮いてくるのですが、みんなに心配されているシーンはウルッとしてしまいそうでした。

芦屋のひまわりは、コナンが脱出用シューターを使わなければ水の中に置き去りにされたままだったわけですよね。運が良いのか勘が良いのか…さすが探偵。

 

最後に明かされる、キッドが犯人を妨害した理由


(画像:https://prcm.jp

最後の怪盗キッドとチャーリー警部の会話で、キッドが犯人を妨害した理由が明らかになります

しかし、ここまで種明かしを引っ張ってしまった為、ずーっと「キッドは何がしたいの?」と思ったまま、ストーリーを見る事になります。

この業火の向日葵では、途中で、ウメノという老婦人が登場します。損保ジャパン日本興亜美術館で展示している『ひまわり』を毎日見ているというその女性。
勘の良い人は、想像でどう繋がっていくかわかったかもしれませんが、この女性の存在が伏線となります。

キッドは、「ある女性に芦屋のひまわりを見せてあげたい。」と、ある人から頼まれたのです。

昔、空襲で燃え盛る炎の中、密かに恋心を抱いていた大工にひまわりを託され、彼が死んでいくのを目の当たりにした女性。そして、その一部始終を見ていた使用人の男は、初恋の彼女を火の海から救い出した。

この話に登場する女性というのが、ウメノという老婦人。 そして、使用人の男というのが、怪盗キッドの手助けをしている老執事・寺井 黄之助(じいこうのすけ)だった。

つまりは、怪盗キッドは寺井の頼みで、ひまわりを処分しようとする犯人の行動を妨害したわけです。

 

灰原の切ない恋心

損保ジャパン日本興亜美術館で『ひまわり』の絵を見ていた時に、ウメノという老婦人が、灰原の心情を察するシーンがありました。

ウメノの言葉に、「忠告ありがとう。悔いが残らないようにするわ。」と答える灰原。後半にはコナンの安否を気遣う灰原の姿もありました。

このシーンを見て思いますが、やっぱり灰原ってコナンの事、好きだよね? ただ、コナン(新一)には蘭という存在が居て、それを知りながらも普通に接している姿はとても切ないですね。

それにしても、モテるけどそういう事に関しては、迷探偵なコナン(新一)ですね。

 

可哀想な阿笠博士

最後のシーンで、そういえば『日本に憧れたひまわり展』に阿笠博士が来ていなかった事に気付きました。チケット当選してあんなに喜んでいたのに…

ところで阿笠博士の背中のキッドカードは誰が貼ったのだろうか。

 

次回予告

お酒のボトルの背景と共に、「キール、バーボン、まさかな…」というジンの声。

 

まとめ

アートミステリーということもあり、(フランス・アルルの事件は除き)人が死なない数少ない映画

全体的にコナンよりもキッドの印象が強く、さらに最後のシーンでキッドの株が急上昇する作品でした。ミステリーよりもアクションが楽しめる作品だと思うので、DVDやブルーレイで見ると映画館のような迫力がなく、少し物足りないかもしれません。