みにろぐ(MINI LOG)

漫画・本のおすすめ紹介と主婦の日常

みにろぐ

囲碁を知らなくても面白い!『ヒカルの碁』 ほったゆみ・小畑健 【漫画感想】

この記事をシェアする

完結済 全20巻(完全版)/全23巻(通常版)

『ヒカルの碁』 原作:ほったゆみ 画:小畑健

ヒカルの碁完全版 20 (愛蔵版コミックス)

1999年~2003年に週刊少年ジャンプにて連載されていた漫画。

アニメ化・小説化もされているので知ってる方は多いはず。

現在は完全版コミックが出ているようですね。

 

あらすじ

小学6年生の主人公・進藤ヒカルは、ある日、祖父の家の蔵で古い碁盤を見つける。

碁盤には平安時代の棋士・藤原佐為の霊が宿っていた。

その日を境に、佐為の霊に取り憑かれたヒカル。

天才棋士である佐為は囲碁に未練があった。

佐為の願いをかなえるべく、なかば強制的に囲碁を打ち始めたヒカルは、塔矢アキラという同年代の、のちにライバルとなる存在に出会う。

最初は嫌々ながら碁を打っていたヒカルが少しずつ上達し、成長していく物語。

 

おすすめポイント

囲碁漫画なのに囲碁がさっぱりわからなくても楽しめる

囲碁用語がよく出てくるけど、知らなくても十分楽しめます。

私は囲碁がさっぱりわからない状態で読みましたが、それでも面白いと思える漫画です。囲碁を理解しているとその何倍も面白いんだろうな。

描き方が上手いので、ルールがわからなくても雰囲気が伝わってくるんですよね。対局中の緊迫した感じとか、棋士の緊張感とか。

重苦しい一局・楽しみながら打っている一局など対局模様も様々ですが、どれもスピード感があり、テンポよく読めます。

対局中の棋士達の心理描写も見事です。

 

あとは登場人物達の成長過程も見どころ。

日常生活での人間関係だったり、ライバルに対する気持ちとかが結構リアル。

 

恋愛要素もないので万人受けすると思うし、大人も子供も楽しめると思います。

これぞまさに少年漫画という感じで全体的にすごく読みやすい。

 

なんといってもやっぱり絵がきれい

f:id:meganeshufu:20161213175236j:plain

(出典:ヒカルの碁 19巻)

小畑先生の漫画の魅力はなんといってもこれ。やっぱり絵から読む漫画を決める私にとってもこれは重要。

美男美女多いし、息を呑むくらい絵がきれい。

 

ライバルの塔矢アキラは髪型がおかっぱなのですが、なんだかかっこよくみえる。

おかっぱをこんなにおしゃれに描ける人を知りません(笑)

f:id:meganeshufu:20161213175434j:plain

(出典:ヒカルの碁 21巻)

 

終わり方について

たまに読み返しても、やっぱり一気読みしちゃうくらい面白いストーリーになってます。

それだけにファンとしては、終わり方だけが少し残念だなって思います。

なんだか中途半端な気が…。

 

まとめ

囲碁なんて全然興味ないけれど、読んでいると、碁って面白そうだなと思えてくるから不思議。

囲碁に興味をもつきっかけにもなるかも。

こんなにも真剣になれるものがあるっていいなって思える漫画です。