めがね主婦の日常

漫画・本のおすすめ紹介と主婦の日常

MENU

キングコング西野の絵本のニュースから考える、世の中の『無料』なもの

最近キングコング西野さんが話題になっていますね。

『えんとつ町のプペル』という絵本をWEB上で無料公開したのがきっかけで炎上しているようです。

 

spotlight-media.jp

 

無料公開されていた『えんとつ町のプペル』を実際に読んでみました。

読んでいて不覚にもうるっとしてしまいました。想像以上にクオリティの高い絵本で話題になるのも頷けます。

 

絵本の無料公開というよりは、彼のキャラのせいで炎上しているような気がしますが、正直私はこの件にそこまで興味はないです。

でも、ビジネスとしては話題になり成功だと思うし、絵本を読みたいと思っていた子ども達が読めるようになったので良い事だとは思います。

 

世の中の色々な『無料』

f:id:meganeshufu:20170125193431j:plain

よく考えれば、無料にする物の価値が高いか低いかという事が違うだけで、こういうビジネスは世の中にあふれています。いくつか例にあげて考えをまとめてみました。 

 

電子書籍の無料化

最近よくある、漫画の“1話無料”とか“1巻無料”というサービス。これは個人的にすごく良いと思います。最初のハードルが低くなったのでとても手に取りやすくなりました。

この試し読みを利用することによって、今まで読まれる機会を逃していた漫画にもスポットライトが当たるようになった気がします。

 

わかりやすく説明すると、

気になっていた漫画の場合は、「無料になっているから読んでみよう」と思って試し読み→「やっぱり面白いじゃん、続き読みたいから買って読もう」っていう流れができます。

 

別に興味がなかった漫画でも、「無料だし、ついでにちょっと読んでみるか」という軽い気持ちで試し読み→「意外と面白いじゃん」と興味を持つきっかけとなります。

 

ただ、全てが面白いわけもなく、試し読みをした結果、「残念ながら自分には合わないな」と思う作品もあります。

もしも試し読みというサービスがなく、コミックの1巻を買って読んでいたとしても、結局は合わなくて読むのをやめてしまい、購入したコミックは古本屋に流れることになります。

その方がコミック1冊分の利益は作者に届くけれど、そんな小さな利益を得たがために、古本屋にたくさん並んだ自分の漫画を見ると悲しくなると思います。

それならば、利益は出ないかもしれないけれど、試し読みというサービスでよりたくさんの読者に読んでもらった方が幸せなんじゃないかなと。さらにそれで利益が出れば自分の漫画が読者に認められたという証拠になり、自信に繋がります。

結局は、作者の感じ方にもよるので、一概にこうとは言えませんが、個人的にはそう思います。

 

子どもと大人では単行本一冊の重みが違う

試し読みサービスは私たち大人よりも、小学生・中学生の方がメリットを感じると思います。

大人になった今では、単行本一冊を買うことは普通ですが、小学生・中学生はそうではありません。

ここからは自分の体験談です。

私が小学生・中学生の頃は、本を一冊買うのも簡単な事ではありませんでした。こつこつ貯めたお小遣いを握りしめて買いに行ったり、お年玉をもらった際に、「一個だけ好きなもの買っていいよ」と親から許可が出た時くらいしか買えないものでした。

ひとつの漫画を買い揃えるというのがすごく大変でした、金銭的に。

だから漫画選びに失敗なんて許されませんでした。買って後悔という事を絶対にしたくありませんでした。

試し読みによって、漫画選びのハードルが低くなるというのはとても良いことだと思います。読者は選択肢が一気に広がるし、まだまだ駆け出しの漫画家さんにとっては、自分の作品を見てもらうチャンスが圧倒的に増えたわけです。

 

絵本を無料公開するメリット

絵本は、購入するのは大人だけど、読むのは子ども達です。

親としては、せっかく買うなら子どもの気に入る絵本とか、実際に読んでみて良いなって思った絵本を買ってあげたいですよね。

本屋で立ち読みしてみて、良かったから買うっていう親も多いそうですね。

どの絵本が気に入るなんて読んでみなければわからないし、そういうのを考えると無料公開は、読み手・作り手の両者にメリットがあると感じました。

 

たくさんの人に読んでもらうことによって、作り手側はこの絵本だけでなく、次回作も必然的に注目されますよね。

作品を作っている人にとっては、自分の作品を見てもらう機会が多ければ多いほどチャンスが巡ってくるものだと思います。

私はクリエイターではないので、この手法が「自分の作品が安売りされている」って感じる人もいるかもしれないけれど、でも自分の作品に絶対の自信があるならばそうは思わないはず。

 

小説の一部無料化には賛成できない 

漫画の試し読みについては賛成だが、小説の冒頭試し読みにはいまいち共感できません。

私が小説を選ぶ基準は、評判の良い作品だったり、自分の好きな作家さんの作品だったりするので、選ぶ際にあまり冒険をしません。だからかもしれませんが、試し読みをしたところで購入には結びつきません。

そもそも長い小説の冒頭部分を呼んだところで、その一部分だけでは作品自体が面白いかどうか私には判断できません。

しいて言うなら文章の癖がわかるくらいだし、読みやすい文章で書かれていたとしても内容的には後半で失速する作品かもしれません。

その逆で、癖があって読みづらい文章だけど、もしかしたらすごく面白い内容の作品もあるかもしれません。

小説は全体を通してみないと良さがわからないと私は思います。

 

書籍以外の無料サービス

身近なものだと

・音楽の視聴

・スーパーの試食

・化粧品などの試供品

・映画やテレビ番組などの予告

・洋服の試着

など、パッと思いつくのはこれくらいですが、それでもたくさんありますね。

 

音楽は、その歌手の熱狂的なファンでない限り、一度曲を聞いてから購入・もしくはダウンロードすると思います。

私もドラマや映画・CMで使われていたり、音楽番組で聴いてから、「あ、この曲いいな」と購入する事が多いです。

 

あと、個人的にありがたのは化粧品の試供品。

私は肌が弱いので化粧品によっては肌荒れします。なので、“試す”という工程が必須です。評判が良いからと買ってみて、合わなくて使わなかった化粧品は山のようにあります。

特に嬉しいのが基礎化粧品。これは今まで合っていたものが、年齢とともにいきなり合わなくなったりします。

昔、美容部員のお姉さんに「自分では合うと思っていても実はもっと合う化粧水とかあるから、こればっかりはたくさん試して肌の状態を比較するしか方法がないんだよね」って言われたことがあります。

たくさん試せるなら試したい!だけど、化粧水とか美容液って高い物だとかるく5000円超えているんですよね。それをお試しだけの為に買うには勇気がいるんです。

無料でなくても、少し安い値段でミニボトルみたいなのが販売されていたら絶対にまずそちらを買います。たとえ無料でなくても、お試しが欲しい人は欲しいんです。

って考えるとお試しサービスって色々なジャンルのものにあったら消費者としては便利だなと思います。

 

まとめ

こんなに無料であふれている世の中だから、わざわざ無料化しなくても、手に入ってしまうものはたくさんあります。

特にネットの世界では、無料試し読みをしていない本の内容が事細かに書いてあるサイトがあるし、わざわざCDを買わなくてもYouTubeで聞ける曲もあります。

 

ネットの世界にないのは、視覚・聴覚以外で感じる情報です。味覚・嗅覚・触覚でしか感じられないものや、それを体験してどう思ったかという個人の感想は実際に体験してみないとわかりません。だからこそ、これに関してはレビューという有益な情報が存在します。

そう考えると、ネットでほぼ全ての情報が無料で得られてしまうのだから、便利な世の中ですね。

 

ただ思った事を思ったままに書いていたら、すごく長くなってしまいました。

ここまで読んでいただきありがとうございました。