読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めがね主婦の日常

漫画・本のおすすめ紹介と主婦の日常

『ファイアパンチ』は想像以上に予測不能のダークファンタジーだった【漫画感想】

漫画 漫画-感想

少年ジャンプ+ 連載中

『ファイアパンチ』 藤本タツキ

ファイアパンチ 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ジャンプ+で連載して話題になっていた漫画です。

表紙を見ただけでは、どんなストーリーなのか想像もつかないですよね。

気になっていて、やっと読めたのでその感想を少しネタバレしながら紹介します。

 

あらすじ

生まれながらに奇跡を使える人間を“祝福者”と呼んだ。

世界は“氷の魔女”と呼ばれる祝福者によって雪と飢餓と狂気に襲われた。

f:id:meganeshufu:20170119170445j:plain

(出典:ファイアパンチ 1巻)

主人公・アグニとその妹・ルナは肉体再生能力をもつ“祝福者”。 自らの肉を村人に分け与えることで飢えをしのいで暮らしていた。

 

ある日、村にべヘムドルグ王国の兵士達が食料などを奪いに来た。

ベヘムドルグでは、若い労働力は奴隷として使い、氷の魔女を倒すという目標を掲げていた。

兵士達のリーダー・ドマは、村の家々から人肉が見つかったという報告を受け、気味悪がった。「こいつらは人じゃない」と。

そして“祝福者”であるドマは、アグニに、自分の炎は焼け朽ちるまで消えないとだけ伝え、村を焼き尽くした。

村は灰になったが、再生の能力をもつアグニは死ねなかった。激しい痛みに襲われながらも同時に肉体の再生が始まるのでそれを繰り返していた。

しかし、再生を拒否すれば死ぬことができると気付いた。

あまりの痛みに死を望んだ瞬間、妹のルナを見つけた。ルナは再生能力がアグニより遅い為、死ぬ間際であった。

 

f:id:meganeshufu:20170119171519j:plain

(出典:ファイアパンチ 1巻)

ルナに「生きて」と言われ、その一言がきっかけでアグニは生きることを決意。

8年間、炎に焼かれる痛みに耐え、ドマへの復讐を誓った。

 

おすすめポイント

想像以上の暗さのダークファンタジー

f:id:meganeshufu:20170119164500j:plain

(出典:ファイアパンチ 1巻)

ただのバトルファンタジーかと思ったら、結構暗めの話でした。シリアスでギャグもほぼ無いので、楽しく読みたい人にはおすすめしない漫画。

主人公がヒーローっていう感じのキャラでもないし、これといったヒロインもいない。

はっきり言ってしまうと全然ジャンプっぽくない。青年誌で連載していそうな雰囲気の漫画です。

登場人物も、理想ばかり掲げているわけではなく妙に現実的で、ストーリー展開も結構衝撃的なものが多い。

それでいて、ちょっと残酷なので、スカッとするようなところがない。

週刊少年ジャンプで連載しているようなヒーロー漫画だと、敵を倒してスカッっとするシーンとかあるけど、この漫画では、敵を倒してもなんだかスッキリしない。

読んだ後、ちょっと後味が悪い漫画かも。

でもそういう部分も含めて、ウェブコミックを楽しむ層に受けた要因かもしれない。

世界観も独特で、残酷な描写もあるので苦手な方は注意が必要。

完全に大人向け漫画という印象。

 

登場人物が普通じゃない、ぶっとんでいる

f:id:meganeshufu:20170119164621j:plain

(出典:ファイアパンチ 1巻)

ジャンプっぽくないと感じる要因はここが一番かな。

とにかく登場人物が普通じゃない人ばっかり。

まず、主人公は肉体再生の“祝福者”であり、全身を消えない炎に包まれている。他にも様々な能力を持った“祝福者”が出てくる。

“祝福者”は普通の人間より長生きで、何百年とか生きていたりするから、クールというか…なんだか考え方が冷めてる。あきらめてる部分もあるのかな。

みんな奇想天外で何考えてるかさっぱりわからないから、展開も読めない。次にどんな行動をするのかが全くの未知。

この漫画だと、普通の登場人物が普通すぎてすごく地味に見える。

 

まとめ

個人的に後味の悪いのは好きではないのですが…どうしても続きが気になってついつい読んでしまう漫画。

とにかく全体的に暗めだが、少年漫画の王道を裏切る奇想天外なストーリーなので、王道ストーリーに飽きた方にはおすすめかも。今後どういう展開にもっていくのか気になる。

最近はジャンプ+で連載し、コミック化というのが増えてきましたね。

この『ファイアパンチ』も、2016年に連載が始まったばかりで、話もそんなに進んでいないので、今からでも読み始めやすいです。