読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めがね主婦の日常

漫画・本のおすすめ紹介と主婦の日常

妊娠出産育児エッセイ本『れもん、うむもん!--そして、ママになる-ー』はるな檸檬

その他の本 その他の本-妊娠・育児本

妊娠中に読んだおすすめ本をご紹介します。

れもん、うむもん! ――そして、ママになる――

れもん、うむもん! ――そして、ママになる――

 

これ、うちの夫が知人からおすすめされたらしく、私も読んでみました。

漫画家である、はるな檸檬さんの妊娠出産育児の体験談です。

 

おすすめポイント

4コマ漫画風で非常に読みやすい

読むまで普通のエッセイ本かと思っていたのですが、実は漫画です。

私はつわり中に気を紛らわせようと読んでいたのですが、つわり中でもスラスラ読めるくらい読みやすいです。

オチもあるので面白く、知らないうちに集中して一気読みしてしまいました。

そして、絵がなんともブサかわいくて、読んでいるとだんだん愛着がわいてきます。

 

貴重な妊娠出産育児体験談を細かく描いている

妊婦さん・ママさんはきっと共感できます。

妊婦さんなら、だいたい自分と同じ時期の話を読んで、比較したりするのもいいと思いますし、ママさんな「こんな事あったあった!」と思わずうなずくところが必ずあると思います。

 

感想

私が印象に残ったのは出産後まもない授乳時の話。

とても苦労されたみたいで、参考になったし、自分自身も「出産したらこうなるのかな」という心構えができます。

産後うつになる方って結構多いと聞いたので、あらかじめこういう体験談を読んでいると、大変なのは自分だけじゃないと思えますし、勇気づけられますね。

育児についての悩みと、自分なりの改善方法とかも書いてあるので、自分とは違う形の改善方法もあるんだなと新しく発見する部分もあるかと思います。

妊娠・出産後に「思っていたのと違う」というふうにブルーにならない為にも、他のママさんの体験談は読んでおいて損はないです。

 

私はこの本を読み終えるまで、書店で売られている妊娠出産本って、病院でもらえるようなものと同じようなことしか書いていないものだと思っていました。

なので、わざわざ買わなくても、病院でもらったものを一通り読めばそれでいいかと決め付けていたのですが、この本を読んでそうではないと気付かされました。

妊娠出産本ってこんなに面白いものなのかと素直に思いました。

妊娠・出産って人それぞれで症状とか感じ方が全く違いますし、別の著者の本にはその人しか経験できなかった事が書いてあったりするので、奥が深いです。

本当に体験談は参考になります。

これを機に他の本ももっと読んでみようと思うきっかけになりました。