めがね主婦の日常

漫画・本のおすすめ紹介と主婦の日常

MENU

【出産準備品リスト】私が実際に購入したベビー用品と、実際に買っておいて良かったと思う物をまとめました

赤ちゃん

初めてのマタニティライフもあっという間で、ついに妊娠9ヶ月に突入しました。

ベビー用品を買わなくてはと思いつつも先送りにしていた私。

病院からも、そろそろベビー用品や入院の準備をしてくださいと指示が出たので、色々と買い揃えました。

何が必要なのか調べながらリストを作って、少なめに買ったつもりですが、必要な物が多すぎて、ちょっと買いすぎたかなという感じがします。

 

でも、いざ出産してから「あれ買っておけばよかった!」なんて後悔するよりは、準備万端の方が安心します。心配性なので、あれもこれも買ってしまいそうになる気持ちを抑えるのが大変でした。

それにしてもベビー用品店の、購買意欲を高める戦略はすごいですね。子どもの為って思うと、親もついついお金を使ってしまいますからね。

 

それでは購入したものをまとめてみたので、紹介していきます。産後、使ってみた感想とか体験談を追記していきたいなと思っています。

 

買ったもの

衣服・洗濯用品など

短肌着、長肌着 2~3着

 

 

子供用ハンガー

これは洗濯の度に毎回使っています。

当たり前ですが、普通のハンガーだと大きすぎて子供用の服がかけづらいです。

あった方が絶対便利だし楽。

 

・2wayオール 3~4着

・帽子 1枚

・ガーゼ 10枚

・ベビー用の洗濯洗剤

・ウタマロせっけん

 

退院用のベビー服・おくるみ

たまたまcombiのカタログを見ていて、これの色違いがすごく可愛かったので退院時用に購入しました。

 

おむつ用品

紙おむつ(新生児サイズ)

すぐにサイズが小さくなってしまう為、あまり買いだめしない方がいいと聞いていたので、とりあえず1パックしか購入しませんでした。

なくなったらその都度、買い足していましたが、産後1ヶ月間で8パック使ったので、もう少しストックしておいても良かったかなと。

1ヶ月過ぎてからもしばらくは新生児サイズで十分でした。

 

おしりふき

肌に合う合わないがあるみたいなので、2種類買ってみました。

追記:うちの娘は、産後2週間くらいでおむつかぶれになってしまい、それからおしりふきは使っていません。

おむつかぶれになってからは、おしりふきではなく、ベビーコットンを使っています。

これをぬるま湯でぬらして、おしりを優しく拭いています。

あとベビーコットンと共に重宝しているのが、おしりシャワー。

うんちの時は、これにぬるま湯を入れて、先に軽く洗い流します。

このおしりシャワーとベビーコットンを使うようになってから、おむつかぶれはだいぶ良くなりました。

 

・おむつ袋(BOS)

 

授乳・ミルク用品

哺乳瓶(ガラス 160ml)

哺乳瓶は、もう1つくらいあった方がミルクあげる時に楽かなとも思ったのですが、ガラスとプラスチックどちらがいいのかわからないし、そもそも母乳が出ればミルクも必要ないよなーって考えて、とりあえずこれしか買いませんでした。

 

追記:出産後、うちの娘は産院で使っていた哺乳瓶の乳首に慣れてしまったせいか、事前に購入していたこの哺乳瓶を全力で拒否して一切飲みませんでした。

退院の日、急遽、産院で使っていた哺乳瓶を買い足しました。

ちなみに産院で使っていた哺乳瓶はこちら。

あえて少し吸いづらいつくりになっているので、母乳を吸うための力が身につくそうです。最初は母乳がなかなか出ないのでミルクを飲ませているけど、徐々に母乳に移行したいママにおすすめという事でした。

 

粉ミルク300g 1缶

思うように母乳が出なかったので、念のため購入しておいて良かったです。

結局、1缶では足りなくてさらに買い足しました。

 

ポット

これは買っておいて良かったです。

ミルクを作るときに、保温できるポットがあるのとないのとでは大変さが全く違ってくると思います。

そんなにミルクを飲ませる予定ではなかったのですが、母乳がなかなか出なくて飲まさざるを得なくなってしまったので、とても重宝しています。

この『とく子さん』は保温の温度も選択できるので、便利です。

 

・哺乳瓶ブラシ

・哺乳瓶用洗剤

 

哺乳瓶消毒ケース

 

ケアクリーム

最初は切れるっていう人が多かったので念のため購入しました。産後に慌てて夫に買いに行ってもらうのもかわいそうなので。
追記:産後は慣れない授乳で乳首が痛くなったので、買っておいて良かったです。

入院中~現在も使っています。これを塗ってサランラップでパックすれば、だいぶ痛みが和らぎます。

今では必需品。

 

お風呂・ケア用品

・ベビーバス

・ベビーソープ

・ベビーミルク

・ベビー用めん棒

・くし・ブラシ

・鼻吸い器

 

フード付きバスタオル 2枚

普通のバスタオルだと、頭を覆う部分がなくて赤ちゃんが寒そうだなと思ったので、フード付きのバスタオルにしました。

頭が冷えないところが良い。 これ使い出すと普通のバスタオルが使いにくく感じます。

我が家の風呂上りは、もっぱらフード付きバスタオル。

 

沐浴用ガーゼ

3枚しか購入していなかったので洗濯が間に合わず、追加で購入しました。4~5枚あってもいいかもしれません。

 

赤ちゃん用つめ切り

うちの娘は産まれた時から、つめが長かったので買っておいて正解でした。

 

ベビーパウダー

 

病院から渡された入院準備リストの中に入っていたので購入しましたが、正直なくても良かったです。

入院中はもちろん退院してからも使っていません。

 

寝具

布団セット

可愛かったのでcombi miniの布団を購入。種類もたくさんあって迷いました。

 

おくるみ

おくるみで包んであげると赤ちゃんが安心して眠りやすくなるという話を聞いたので買いました。

おくるみで調べたところエイデン アンド アネイが有名だったので、そこのおくるみを購入。柄もたくさん可愛いのがあって迷いました。モスリンコットンという赤ちゃんの肌に優しい素材を使用している為、肌触りもいい感じです。

 

産後買ったもの

抱っこひも

 

チャイルドシート

車移動が主なので必須でした。

産後しばらくは外出の機会もなさそうなので、1ヶ月健診までに購入しようと思っていましたが、その前に病院に行かなければならなくなったので、慌てて購入しました。

店舗よりネットの方が安かったので、ネットで購入しましたが、下調べとして実際に店舗で実物を見てから購入した方がいいです。

我が家は、回転式のものにしました。

回転式は、なんといっても乗り降りの際の負担が少なくスムーズです。

デメリットとしては、チャイルドシート本体の重量が重いことですかね。

 

ハイローチェア

バウンサーとハイローチェアのどちらを購入しようか悩みましたが、室内のいろいろな場所に移動できるという点で、ハイローチェアを選びました。

バウンサーは赤ちゃんによって好き嫌いがあるという話を聞いていたので、実際に店舗で乗せてみて、喜ぶようなら購入を検討しようかなとも思っています。

 

おむつ替えシート

私は使い捨てのものを使用しています。

外出先のトイレのおむつ替え台に直に置くのが少し気になったので、そんな時にこれを敷きます。

旅行などの長距離移動の時も、これがあれば車の中でおむつ交換が出来ますし、出掛ける時は必ず持ち歩いています。

 

赤ちゃん用ピンセット

ちょっと汚い話ですが、うちの娘は鼻くそがたまりやすく、生後2週間くらいからちょっと息苦しそうに鼻呼吸していました。

それが気になりネットで調べると、綿棒よりもピンセットでとる方がいいとの事だったので慌てて購入。

最初は少し使いづらいかもしれませんが慣れるとそうでもないです。

赤ちゃんが寝ている間に、そーっと鼻くそをとるのがベストです。大きいのが取れたときは少し快感です(笑)

これを使ってから鼻詰まりが解消されました。

 

これから買う予定のもの

おむつ用ゴミ箱

まだ産まれて間もなく、おむつのにおいもそんなに臭くないので、まだ購入していません。

ただ、においが気になる夏までには購入します。

 

・スタイ

・靴下

 

買うかどうか悩んでいるもの

・ベビーカー

車移動が主なので今のところは必要なさそう。小さいうちは抱っこひもを使う予定なので、成長して抱っこひもが厳しくなってきたら購入を検討しようかと思っています。

 

検討して購入しないことにしたもの

・ベビーベッド

2人目だったら必要って声が多いのですが1人目はいらないかなと。

 

・沐浴剤

初心者は沐浴剤があれば慣れない沐浴が少し簡単になるとお店で聞き、購入する予定だったのですが、経験者の話を聞いてやめました。1ヶ月くらいしか使わないし、沐浴剤だけだと汚れがしっかり落ちない為、結局はベビーソープを使うことになったそうで、それならいらないかなと思いました。

 

・搾乳器

産後すぐは乳首が痛かったり、赤ちゃんがおっぱいをうまく吸えなくて拒否したりする事があったので、搾乳した母乳を哺乳瓶に入れて飲ませる事がありました。

私の場合は手で搾っていましたし、搾乳する回数も数回だったので、わざわざ搾乳器を買わなくてもいいかなと感じました。

 

おわりに

備忘録として、購入したものをまとめてみました。

自分の入院準備の為に購入したものは、また別にまとめたいと思います。