みにろぐ(MINI LOG)

漫画・本のおすすめ紹介と主婦の日常

みにろぐ

新川直司の『四月は君の嘘』に、きっとあなたも涙する!【漫画感想】

この記事をシェアする

四月は君の嘘

【完結済 全11巻】新川直司が描く『四月は君の嘘』を紹介します。

 

『四月は君の嘘』あらすじ

『僕にはモノトーンに見える 譜面の様に 鍵盤の様に』

かつて天才ピアニストと呼ばれた有馬公正。

母の死を境に、彼はピアノを弾かなくなった。

ある日、幼なじみの紹介でヴァイオリニスト宮園かをりと出会う。

彼女との出会いが公正に変化をもたらし、つまらない日常の様にモノトーンだった世界が次第に色づき始める。

感動必至の青春ラブストーリー。

 

『四月は君の嘘』の見どころ

躍動感あふれる演奏シーン

f:id:meganeshufu:20161106191454j:plain

(出展:四月は君の嘘 2巻)

なんと言ってもこの漫画の一番のポイントは演奏シーンです。

クラシックの演奏シーンといえばゆったりとしたイメージですが、この漫画はそうではありません。

時には駆け抜けるようなスピード感があり、時には弾むようなメロディを連想させます。

演奏者の表情・思考・過去の記憶と共に、観客達の息を呑む様な表情と雰囲気。

そして圧倒されるような迫力が、漫画を読んでいるこちらにまでひしひしと伝わってきます。

この演奏シーンの描写は見事としか言えません。

ONE PIECEの作者・尾田栄一郎先生もテレビ番組で言っていましたが、漫画が最も苦手とするジャンルである『音楽』を見事なまでに表現しています。

まるで頭の中でメロディが流れるようです。

演奏が終わって、観客が反応するまでの『間』の描写も見事で、会場さながらの緊張感を感じる瞬間です。

読みやすいコマ割りやセリフで、テンポ良く読むことができ、物語にぐいぐい引き込まれます。

とにかく音楽って、演奏者って、こんなにも素晴らしいものなのかと思わせてくれるでしょう。

 

登場人物達のせつない恋模様

f:id:meganeshufu:20161106191222j:plain

(出展:四月は君の嘘 1巻)

自分の好きな人は、友達のことが好き。

という、青春漫画によくある恋模様がこの漫画にもあります。

見ていて少しもどかしいような、それでいて応援したくなるような。

ところどころにコメディ要素もあり、読者をくすっと笑わせてくれるのも良いです。

忘れていた青春を思い出させてくれます。

この物語のキーポイントでもあります。

 

主人公の成長と葛藤

f:id:meganeshufu:20161106191403j:plain

(出展:四月は君の嘘 1巻)

かつて天才ピアニストと呼ばれていた有馬公正が宮園かをりと出会い、苦しみながらも再びピアノと向き合おうとします。

ピアノを弾いていくなかで、様々な困難に直面します。

たくさんの人に出会い支えられ、刺激をうけ、自分なりに考え、彼は再び演奏者としてやっていけるようになるのか。

読んでいくにつれ、少しずつ成長していく公正を、応援したくなります。

 

『四月は君の嘘』の感想

まず、新川直司先生の描く絵が好きです。

少年漫画なのに少女漫画のような雰囲気もあり、かといって思いっきり少女漫画っていう感じでもない絶妙なキャラクターに愛着がわきます。

タイトルの意味を考えながら読んでいたのですが、読み終わった時やっと理解し、それと同時に感動しました。そういう意味が込められていたのかと。

 

前半はピアノを弾けない公正が、悩みながらもまたピアノと向き合っていく姿を見守るように読み、後半は登場人物たちの恋模様と最終的な結末が気になり、一気読みしました。

きれいな演奏シーンがところどころにあるので、普段漫画を読むのが遅い私でも、すらすら読むことができ、セリフだけでは伝わらないような登場人物たちの思いも表情や雰囲気から感じとることができます。

読み始めると一気に引き込まれ、時間を忘れさせてくれるような作品です。

 

まとめ

四月は君の嘘をご紹介しました。新川直司先生の作品だと、月刊少年マガジン連載中の『さよなら私のクラマー』や、完結済(全2巻)の『さよならフットボール』もおすすめです。