みにろぐ(MINI LOG)

漫画・本のおすすめ紹介と主婦の日常

みにろぐ

感動あり!笑いあり!王道の青春バレー漫画『ハイキュー!!』古舘春一 【感想】

この記事をシェアする

週間少年ジャンプ連載中

『ハイキュー!!』 古舘春一

ハイキュー!! 24 (ジャンプコミックス)

あらすじ

小さな巨人になりたい

小学校時代に見た小さな巨人に憧れてバレーを始めた日向翔陽。

中学最初で最後の公式戦で日向は影山飛雄と出会う。

惨敗した対戦相手、影山にリベンジを誓い、日向は、かつて小さな巨人がいた烏野高校に進学。

そしてバレー部に入部。そこには中学時代に会った影山の姿が。

驚異的な運動能力の日向と正確なトスをあげる天才セッター影山。

いま烏野に名コンビが誕生。

そして物語は始まる。

 

ハイキュー!!の魅力

名言・名シーンが多い

f:id:meganeshufu:20161106183925j:plain

(出典:ハイキュー!! 1巻)

名言・名シーンと呼べるものが多く、ぐっときます。

一生懸命バレーに取り組むからこそ、喜怒哀楽の感情があらわになり、それが見事に表現されています。

読んでいて、一緒に喜んだり、思わず泣ける場面もあり感情移入してしまいます。

とくに主人公の日向は感情表現が豊かで色々な表情を見せてくれています。

 

試合中の迫力&成長していく姿

f:id:meganeshufu:20161106184136j:plain

(出典:ハイキュー!! 1巻)

試合中の迫力がすごいです。

描写も見事ですが、見開き2ページを使ったシーンなど、スピード感が見事に表現されていて、まるで試合を見ているかのような臨場感があり、手に汗にぎる場面もあります。

それでいて試合中に少しずつ成長していく場面もあるので、ただ試合の流れを楽しむだけでなく、「どう打開策を見つけるのだろう」とか「次は誰が活躍するのだろう」とか考えながら読むのも楽しいです。

 

キャラが個性的で魅力

主人公である日向翔陽がとにかく表情豊かで真っ直ぐで、癒し系キャラのようです。

普段はほんわかしてますが、バレーの事となると負けず嫌いで、どんな状況でもあきらめず、負けた悔しさをバネにして、必ずやりとげる芯の強さを持ち合わせています。

まだまだテクニックは未熟ですが、一試合一試合確実に成長していき、あまりの一生懸命さに、知らず知らずのうちについつい日向を応援してしまいます。

一方、もう一人の主人公、天才と呼ばれる影山は、昔はストイックで自分しか信じない独裁者のような存在でしたが、日向と会い、たくさんの仲間と共に練習していくうちに徐々にまわりを信頼し心を開くようになっていきます。一見ツンツンしていますが絶対に嫌いにはなれません。

同じ烏野のチームメイトや他校のバレー部、キャラ一人一人に個性があり、とても魅力的です。キャラ同士の掛け合いも見ていて面白いです。

 

感想

話題になっていてちょっと読んでみたいなとは思っていたけど、バレーに詳しくなくてなんとなく避けていた漫画。

いまさら読んでみましたが面白すぎて、「なぜもっと早く読まなかったのか」と後悔するほどでした。確実にハマります!

この漫画を読んでいると、実際に部活をやっていて感じるような、仲間の大切さ、人を信じることの大切さ、あきらめないことの大切さなどが要所要所に盛り込まれていて、青春時代の教科書のようです。

まさに大切なものはこの漫画から教われます。

話のテンポがよくて笑えるところも多々あり、読者をあきさせません。

チームメイトもそれぞれ個性がばらばらなのに、それがうまくチームとしてまとまっていて違和感を感じません。

バレーを好きな方はもちろんの事、ルールもよくわからない私でも十分のめりこめる作品で、大人から子供まで幅広く楽しめると思います。